やまもとのグレーゾーン

札幌の絵描き山本雄基のきまぐれ雑感と日常。

薄紫の絵を完成させるため、最後のヤスリをかけた後に玄関の外でニススプレーをかける。

小さい作品なので、外にひょいっと持っていき、水平に置いてシューっとガンガンスプレーをかける。
乾いてない表面をデリケートに気遣いニスが垂れないように水平を保ちながら部屋に運ぶ。

ツヤを帯びた表面の効果で、絵の透明感が増し、色の発色をぐんと良くして、一気にフレッシュな印象になる。半日乾燥させればツヤも安定し、やっと完成!!至福なひととき。

壁にかけてムフフ。

ムフ…
…横にはまだスプレー待ちのこないだの黄色い絵が。

小さい絵は外でシューできるからいいのだけど、中型以上になると、スプレーかけた後に水平を保ったまま玄関を通れないので同じ作業をアトリエ内でやらなければならない。

その場合、大量にシューするから臭いがすさまじく、ニス成分が家に充満して空間が白濁するのでしばらく家にいれなくなる。
窓を開けすぎると冬だと寒すぎて乾かないし、冬以外だとすぐに虫が入ってきて絵の表面にダイブしやがるのでウカツに換気もできん。

できるだけ生活部屋に影響がでないように、アトリエの出口はすべてゴミ袋を裂いて作った、ニス成分防止フィルターで覆う必要がある。それでも臭いはとても防ぎきれない。

さらにニス成分が床にそのまま堆積しちゃうと後でペッタペタになるので、アトリエに新聞紙を敷き詰めないとならぬ。

め、めんどくさー!!

そんなわけでなかなか黄色い絵にスプレーをかける覚悟が湧かない。こういう時、展覧会とかコンペの締め切りって背中を後押ししてくれるので有効なんだよな…。

ちなみに、やや昔はヤスリを2000番までかけて、研磨のみでツヤを出していた。
しかしアクリル絵具は質感の特徴として乾いても若干ペタつきが残るので、絵具むき出しだと保存がしにくい。それにホコリも付きやすいので半年くらいでツヤが半減する。

そういう理由でなんとか満足いく素材として見つかったのが絵画の仕上げ専用ニススプレー。ニスもペタつきが無いわけじゃないけど、それでも表面はずいぶん扱いやすくなるのだ。

にしてもねぇー、またも健康被害系…まあとにかく困ったヤツなのだ。


仕事後、大学の実験芸術研究室の追いコンの3次会に乱入!
東京でいろいろ展覧会を見てきた笠見がなぜか来ているというので、テンションを上げる。

正式名称・笠見康大君は大学時代の同じ絵画専攻のいっこ下の後輩で、僕の身近な一番のライバル絵描きだ。
5年前に一緒にニューヨークに行って以来、腐れ縁のようにあーだこーだ話しながらお互いに制作を続けている。

彼は真面目にいろいろ本を読んだり持論を展開したり、アートや絵画のことをものすごく考え、ハッキリ主張を持っているので僕は笠見の話を聞くのが好きである。

趣味思考のタイプはお互い結構違うのだけど、真っ直ぐに絵画に向き合ってる数少ない男として、こっちも緊張感をもてるのだ。

昨日も実験芸術の後輩に熱く表現の話を語り、僕も後輩と一緒になってウンウンおもしろく聞きつつも、こういう時はいつも内心「会話で持論を展開して、場を制する能力がうらやましいぜバカヤローっ!」とか思ってるのだ。

僕はボキャブラリーの少なさと瞬発力の無さで会話では笠見にはかなわず、まさにこのブログのような、まとまらない長文で、かつ、すぐ調子に乗ってハシャぐ割には人見知りという悲惨な状況でセルフカタストロフィになりつつも、共感したり反論したり、おちょくって怒られたり、ああタイヘン。

大阪でやってる、絵画の庭にも行ってきたとのことで、熱く語られうらやましい限り。

さて次はどんな作品をぶつけてくるのか楽しみ。

小さい作品の1つ、やっと最終層をクリアした。あとは平ら&スプレーだ。(未だ黄色い作品のスプレー加工は保留のまま)

薄い紫の作品。自分的には割と使うのが難しいと感じてる色だけど、弱点克服も含めてなんとか形になったぞ。なぜかわからんが、いつもより少ーし有機的に仕上がったような。


今月のブルーナ特集の美術手帖の後ろのほうにちっちゃーく自分の作品が載ってたー 某友人がこのことを教えてくれたのだけど、こんな小さな記事のところまで熟読してるのか。

なんと、夢の力を痛感した。
おそらくほんの短い時間の夢。
小5の時に死んじゃった大好きだったじいちゃんが出てきた。
設定は、1日だけ生き返ってきてるというドラゴンボール9巻な状況。
じいちゃんは こないだ会ったいとことその息子とくっつきながらソファに座ってくつろいでいた。
僕は小5に戻っていて その光景を見ながら 目の前にいるじいちゃんがうれしいのと、ひ孫に会えてるのがうれしいのと、明日またいなくなっちゃう寂しさに襲われ、思わず泣きながら、話すより何よりまず抱っこされたいと思っていた笑

じいちゃんとコミュニケーションを取ろうとした瞬間に目が覚めて、あら!?泣いてる!!しかも寝ぼけて現実でも小5の気持ちのままだ。もう夢でも現実でもどっちでもいいから、あの空間にもう一回戻ろうと急いで二度寝したが、ダメだった。

皆さん夢で泣いたことあるんだろうか 僕は初めてだ、驚いた。
あの光景は、誰にも邪魔されない幸せそのもの空間で、そんな良い光景を作れることに衝撃を受けた。

こういうのって100%自分の意識や記憶が作り出したイメージなのか、それとも自分の外のスピリチュアルな何かが働いたのか?
わからないけど、とにかく幸せな瞬間を頭の中で生み出せたんだなー。
どうやらユートピアは人の頭の中には存在してるようだ。精神世界、恐るべし。

なるほど、そしてこのような正体のわからない見えないものの魅力は、きっと過剰になると毒気もまた強力なんだろうなともふと考えた。
何事もバランスが大事だ。

今回はじいちゃんがフワリと何かの拍子に会いに来てくれて、頭の中に遊びにきたんだと思うことにした。いや、間違いないな。

しかしじいちゃんは、偉大だったなー 。ものづくりさせたら、きっと美術を勉強してその道で生きようとしてる今の自分より圧倒的に実力が上だ。
二階建ての車庫兼物置小屋を大昔に自分で作っちゃったりして、今もその小屋は存在してるのだ。


帰ってきてお腹が減り、うちにある材料で作れるものが、唯一お好み焼だったので、嫌々作ってみたら なんともクソマズいお好み焼が誕生した!

料理が嫌いだ。まず包丁が苦手だ。それに食材を切るのも嫌だし、なんか色々な量を調節するのも面倒だ。洗い物も増える。
大学時代の先輩や後輩は男でもわりと料理とか好きな人が多くて、なんかちょっと疎外感!

料理に限らず、皆さん部屋もキレイで非常に魅力的なレイアウト、作家の部屋…て感じ。

比べて自分は汚い。こだわりのない、物だけやたら増殖し続ける部屋。

果たしてこんなことで良いのかといつも思いながらも改善する気もない。

絵画制作をそれなりに丁寧に面倒くさいことなのにやり続けていられるのは このような生活から考えると奇跡に近い。

要は生活することにあまり興味が無いらしい。ダメだ!!

時計台ギャラリーでサッポロ未来展を見る。

後輩で日本画を描くハルちゃんこと久山さんが出展してる。ハルちゃんの作品は、フンワリしてるので、こってり風なこの展覧会で良いのか!?と思ったり。

道外で活発に活動してるような若い世代メンバーと、団体公募展的な作風のメンバーがごちゃ混ぜな感じで、見慣れない作風が並んでたのはおもしろかったけど、なんか、こういうグループとしての見せ方は、若干もったいない気がした。


旅でバイトをたっぷり休みすぎたので、今日からしばらく連勤だ。うーむ旅の間は制作もしてないので、一日中たっぷり作りたくてもどかしい。

あらしかしバイト上がりに山本先生から電話!いよいよ毎週会ってるな。電車で30分の篠路地区まで呼ばれて、後輩の笠見と金吉と四人で飲む。去年十勝旅行をしたメンバーだ。
結局終電までゲラゲラ笑う。

帰り道はキセルのハワイアンとスピッツの流れ星をエンドレスリピート気味。センチメンタルな感じが冬の終わりにゃ心地が良いなあ。

あら!キセルとスピッツといえば、はっぴいえんどのトリビュートアルバムで飛びきり良い演奏をしてたじゃないかーそういえば。どちらも自分の曲のように演奏しててグッとくる。

帰ってきてそのままその辺りの曲を流しながらなんとか小一時間筆を動かす。3日描かないだけで、丸を描くのが若干ヘタになるので参ってしまう。


3日目、朝から豪華な朝食を頂き檜風呂を満喫。のち、皆さんと菅さんの作品が大量に保管されている倉庫美術館ツアーへ。
大きなインスタレーション数作品と、壁の小作品が100点くらいズラリと並ぶ。素材のフェチ感覚と、作業痕跡と物質の構成や関係に没頭してる感じが伝わる。

これらの作品群を眺めながら大黒屋公募で選ばれた今までの作品群を頭に浮かべると、なんとなく、選ばれた理由がわかる気がした。

すっかり満喫し、皆さんにお礼。新幹線で再び東京へ向かう。強風にヤられたのか、目眩と頭痛でフラフラになりながらうたた寝しつつ、上野到着。なんと暖かい!マフラーとかアホのようだ。VOCA展を見る。

札幌で会って以来、大野智史君の作品ファンなので彼の作品を見るのが目的。デカい!!
ポートレイトの作品、目眩状態の自分をさらにグラグラにしてくる。
う〜んしかし、展覧会全体としては正直ちょっと違和感!

長谷川等伯も見たかったけど、混んでそうで時間が無いので泣く泣く断念…

上野駅のホームで大学の後輩坂本っちゃんと山本さんに偶然遭遇!目がテンになって幽霊を見てるような眼差しの坂本っちゃん。一瞬だったが会話できて良かった、なんとか絵も描いてるみたいだ。

そこから川崎まで向かい、岡本太郎美術館に太郎賞を見に行く。
後輩で現在登り竜の東方悠平君が入選してます。彼の展示はちょっと可哀想な収まり方だったけど、それでも十分に可笑しいインパクトで1人で笑ってしまった。
勢いのあるエネルギーな作品が多くて刺激的。コンペや作品の中身やアートの文脈について色々考えた。

太郎美術館は大学2年生の時以来約8年ぶり。赤い入り口が懐かしくて感動した。岡本太郎については個人的に思い入れが強く、常設展で昔を思いだしながら熱くなったので、後で改めて書こう。

東京に戻り時間ギリギリで2121designsightのクリストとジャンヌクロードで締めようと思い走ったら、なんと火曜閉館ショック!北海道大学でのレクチャーにも行けなかったし今年は縁がない…。

あっという間に時間切れ、エア・ドゥで札幌に戻る。寒い!!雪が懐かしい!
そして気温差に完全ノックアウト、次の日風邪をひいた。


2日目は東京から栃木県那須塩原市まで電車に揺られ二時間半。さらにそこから送迎タクシーで山の間にある板室という温泉街へ。

大黒屋は清流と山のすぐ横にあり、非常に良い雰囲気!社員さん1人1人が挨拶してくれたりで親和的。菅さんの作品が通路にもたくさん。本当に良いところです。

コンペの入選作品は、サイズ制限もあったので小ぶりだけどもハイクオリティで作りこんだ「モノつくり」な作品が多くおもしろかった。1人の作家さんの作品をまとめてみたい。

受賞式では社長と熱いお話を交わし、審査員の皆さんともお話できた。う〜ん、とにかく、これからまた地道に制作して、来年のここの個展でまた勝負。

作家の皆さんは自分も含めて審査員さんに作品ファイルを見せたくて全体的にソワソワしながらも互いにトーク。

ほぼ皆さん学校を卒業して数年経ちながら踏ん張って作品制作を粘り強く続けてる方ばかり、アラサーのフリーターが多くて興奮した。

ご飯もとても美味しくて大満足。温泉なので風呂に入ったら出展作家さんはいるわ 天野さんは入ってくるわ小山さんも入ってくるわで、こんないきなり裸のお付き合いができるコンペはなかなかないのでは!?
82歳の大黒屋常連さんの方ともお話。ここの魅力を語ってくれた。心地よさそうでなんだかいいなあ。

話の流れでさらにその後天野さんの部屋に行き、スリーさんチームと戸田さんチームと飲む。
天野さんの関西ノリに大ウケしながらローカルトークやら美術トークやらに花が咲き、関西チームのトーク力になんとか対抗するため僕は秘伝の下ネタで太刀打ちする(太刀打ちできてたのか!?)

良い夜だったなー


さて 大黒屋の受賞式のため、関東に出向いた。

しかし、年を取るほど飛行機がイヤになってきたなぁ。あの滑走路にでてからグォォっと一気にスピードをあげるとこが特にイヤだ。
自分じゃどうすることもできない圧倒的スピードがかかっている実感が一番ある瞬間だから。飛んで水平飛行してしまえばスピードの実感がなくなっちゃうのがまた恐ろしいのだけど。

着いてまずGEISAI14を見に行った。出展しようかギリギリまで考えて止めたので、実際どんなもんかを見なきゃということで。

ビッグサイトは期待通りコスプレの人たちやキャラの袋をもつ若者がいて、これぞクレイジー東京だと興奮しつつ、それと比べるとゲーサイの会場は割りと閑散としていた…さすがアアト界だ!

ゲーサイは、もっとたくさん作品を見てみたい実力派から、謎の中年さんの暴走表現など様々。あの1人1人が出展料を払ってるのかと考えると、ふーむ不思議だなあ。しかしファイルとか名刺とか置いてるけどインパクトなきゃ容易に素通りされそうで、なかなか難しそうだなと感じた。

その後国立新美術館でアーティストファイル2010を見る。非常に安定感のある内容でおもしろかったー桑久保徹さんの作品、ホンモノ初めて見た。ホンモノ良いなあ。日本人ぽくない空気があった。

O JUNさん、なんか最近東京いくと必ずOさんの展示を見てる気がする!今回のは、展示室に入ると 津波のように絵が押し寄せてくる感じ。あの天井の高い部屋を存分に利用しており、またしても新たな異質の衝撃をくれたのだった。

続いて同行していたYと共にkockaというハイ・アナログな映像チームを組んでるゴンちゃんこと金子さんのカード展を見に丸ビルへ。

ずっと切り絵の作品を作っている。アートな文脈とは違うし非常にかわいらしいモノなので本来僕のようなウサンクサン者は門外漢なんだが、このゴンちゃんの作品、完成度があまりに高いしイメージの作りが丁寧でかわいい。ので素直に驚いてしまう。額に入ってた作品が良かった。

以前見たゴンちゃんの切り絵アニメーションがまたすさまじくて NHKとかイケるよ!て騒いでたら マジでその後デジスタで賞とってた!

その後後輩達となぜかYの兄と飲み、そのまま兄部屋に泊めてもらった。



このページのトップヘ