やまもとのグレーゾーン

札幌の絵描き山本雄基のきまぐれ雑感と日常。

気に入ってるのに、いつまでたっても覚えられない特定の単語がある。
覚えられないので、使いたい時にでてこない。
いい加減困るのでここにメモしておく。

・「アウトロー」(思い出そうとすると、「アナーキー」になっちゃう) 
・「五丈原」(好きなラーメン屋の名前。) 

 共通のパターンがあるわけでもないのに、
どうしてもこの2つの単語だけ記憶に定着しないんだろう。謎だ。

僕はニワカではあるが、スピルバーグのファンで、任天堂のファンなのだ。
なので、先週4月20日金曜日って、レディプレイヤー1の公開初日かつ、ニンテンドーラボの発売日という、そんなこと滅多にねえよという、夢のような日だったのだ。

映画は前日すでに席予約済み、ラボはひと月前から予約済みで万全の準備しつつもまあ落ち着かない。
もちろん、事前にペンタゴンペーパーズも見たんだけど、あっ、これは大丈夫だと思った。メディアによる反権威態度の美しい姿、大衆への意識、社交と仕事の葛藤、女性の立ち位置、、今ドンピシャでこれを出してくるセンス。スピさんが同じ年に地味系と派手系の2本を公開する年は両方良いって決まってるんだ。もう確信をもって劇場へ向かうだけ。

‪そんなレディプレイヤー1、IMAX3Dで鑑賞。‬
‪主人公は劇中でいかに純正オタクか試され続け、敵側のオタクからも敬意を払われるという、オタク賛美の映画じゃないか。観客は観客でパロディオマージュをいくつ発見できるかのオタク度を試され続ける。‬

‪といっても僕はやはりオタク度も超ニワカなので、たぶん分かるのは1割くらいだけ。それでもゴールデンアイのオッドジョップのチョップ縛り話、宇宙戦争のトライポッドのセルフパロディ発見でもう満足っつーか、ああこんな僕にも、そこついてくれるんだ的な、祭りへの参加権利を与えてくれたような気持ちにさせてくる包容力だ。ガチ勢はどれだけアガるんだこれ。‬

‪『A.I』作ったんだからこれくらいやっても誰にも文句は言わせねえぜ!て思ってそうなキューブリックの素晴らしいオマージュを始め、超巨匠ならではのネタの実現スケールに、スピさん独特の映像リズム美節で全体が包まれて最高の熱量。シーンで語る、テンポや光の演出、カメラの動き方の独特さ、これがもうバッチリ決まってるじゃないですか。。。全編にわたってそれを満喫できれば、設定のユルさなんて気にならないどころか突っ込む喜びですわ。‬
‪70歳超えでこの無邪気さと、VR世界の描写センス(オアシス世界はもちろん、現実世界でのプレイヤーの描き方がスピさんらしくてよかった)。タンタンとBFGはこの作品のための助走に思えてきた笑‬
‪一方で悪い企業vs青年達、ボーイミーツガール、みたいな展開と、美味い飯が食えるのはリアルだけ、というフレーズ、げえ!と思わせるエグ味も減って、70代らしさも感じる。しかしそこに巧みにフィットさせてくる、ブリッジオブスパイ以降スピさんぞっこんのマークライランス演じる想像主ハリデーの存在よ。あの寂しさと嬉しさが同居した表情で、優しくボソボソ声全開のラストコメントが、スピさん本人だけでなくて、一瞬、故任天堂岩田社長にまで重なって見えて、思わず気が遠くなってしまった。泣いたら負けよ。‬

そうこの泣かせのシークエンス、
それまでの激しい展開から一転、静かでノスタルジーに溢れる茜色の光が奥に見える部屋を全面に押し出して、そこで重要人物たった2人だけにして、優しい言葉のやりとりが展開されるとか、これ、この最後に出してくる定番のスピさん節に多くの人が騙されれるんだ笑(というか、わかりやすいんだかわかりにくいんだかわからん、スピさん的な核心部分だと思う)。ここで音楽がジョン・ウィリアムズだったら負けてたかもですわ。
「あなたは誰?」という質問の抽象性よな。

‪カメラの大きな前後移動が多いし、VRゴーグルとのシンクロ感が心地よいので、3D鑑賞向きだけど、どのくらい違いがあるのか確かめるために、2Dでも見てみようと思う。‬

‪パンフは文字量が凄まじい。引用ネタのガチ説明が豊富にあるので、これは買って正解。‬

‪その後、興奮冷めやらぬままヨドバシカメラへ駆け込み、無事ニンテンドーラボ(バラエティキット)をゲット。VRの世界から、一気にダンボールを組み立て工作する現実感へ。この順序も正しかった。‬
‪玩具屋の一流プロダクトデザインセンスをこれでもかと見せつけられる。‬
‪出来上がりまでのプロセスが思いのほか複雑で、どのパーツになるのか意外に読めない。‬
‪大人でも作るのに時間がかかる、しかし子供でもちゃんと作れそうな、もの凄く丁寧な仕組みだ。‬
‪なぜ自分の作品の梱包はあんなに嫌いなのに、同じダンボール工作のこれは止められないのか。。。それはおそらく、いちばん作業ストレスがかかる接合要素に、糊もハサミもいらず、構造がガッチリな強度になるようにかなり気をつかわれているデザインなことと、折り目を折るめんど臭さが、説明書(すべて映像で見せてくれる)による飽きさせない言葉掛けと効果音の気持ち良さによって中和されてるからだと思った。これは1日ひとつずつじっくり作るのが良いな。しかし、なんて教育的なんだ。
ノッポさんの『できるかな』、学研の科学付録、小学館の雑誌のおまけ、、、あの喜びの感覚は今の仕事に繋がってるということを、どんどん思い起こされる。。。‬
‪工作が完成して思い出す、これコントローラを作ってたんだったって事。こっから、作ったコントローラにテクノロジーを加えて、ゲームをするんだった。テクノロジーの仕組みを理解しながらゲームプレイをするので、いつものゲームと面白さのツボが違うのだ。この、仕組みの構造を延長させていくと、レディプレイヤー1の世界に繋がると思うと、また熱くなる。‬

‪いま僕は、純粋に自分の状況からも年齢からも浮遊し、誰にも邪魔されずに、完全に遊びのユニバースに漂い、マジで幸せな瞬間を過ごしている、と思えた。‬

‪昨年のちょうど今頃も、同じく任天堂のゼルダ新作のシステム構造と世界の美しさに圧倒され、2日くらいショックで作品制作ができなくなった笑 ‬
‪まさか2年連続でそういう喜びを噛み締められるなんてねえ。‬
‪今年はもうここからまた、恐ろしい制作地獄が待っているので、癒しの前払いだと思うことにする。絵画だって絵画オタクが守るものですよねと、気を引き締めつつ!‬

 31138129_1804974096229747_3944867127406943111_n

香港から帰ってきてからというもの、どうも気持ちが落ちつかない。
本当はすぐに制作を始めなければならないスケジュールで、
アトリエには来てみるものの、ソワソワと筆が続かないのだ。
あれやこれや本棚やネットから文章をつまみ食いしては、
当たり屋のように誰かを捕まえてベラベラ話すなど、
漠然と、思考とか美術とか表現(大した内容でもないのに)の話が止まらない。 
naebonoメンバーを捕まえて、文字対談してたら何万字とかになってしまったり、
友人画家宅に押しかけて近況を深夜2時まで聞いてもらったり。。。
ちょっと自分でも珍しいくらい、一人で押せ押せ気味である。 

3月までの制作が鬼ラッシュだったのち、
直後が東京やら香港やらのインプットラッシュで整理がついていないんだろう。
そろそろ周りの空気から迷惑感が表出されてきており、やばい。
仕方がないので、このブログに吐くしかないのかもしれん(笑) 

香港で開催されるArt Central Hong KongにAdmira Galleryから参加するために、初訪問!

いつもの旅行のノリでホステル予約のサイトを見ると、
香港は宿が高い中で、密集して安い宿が入ってる建物を発見、
評価も高いしここにしようと決めた。

着いたのが深夜2時くらい、その建物入り口にはちょっと怖そうな黒人複数、
いきなりハードルが高い。中に入ると一階が変な電気屋とかカレー屋ばっかり。
エレベータが多すぎてどこの宿なのか全然わからん。
配偶者は不安がってるし(夫婦旅行でもリスク高めの安宿を未だに強いるスタイルから脱せない)、
なかなか心折られる。なんなんだここは。
ビビりながら右往左往して、看板を丁寧にチェックしてようやく発見した上階の予約宿。

1階の様子と比べれば、穏やかで不安感のないホステルのカウンターで、
部屋もそれなりに綺麗、しかしめちゃくちゃ狭い!!
ベッドの真横がトイレ兼、洗面所兼、シャワールーム、、、
シャワーが、便器の真上にある。どう使っても便器がびしゃびしゃになる。
ネットで調べたらどうもこれが香港スタイルらしい。

このビル、バックパッカー界では有名な、
重慶大厦(チョンキンマンション) なる場所で、
一階はやはりインド人街と換金率の高い換金所が複数、
二階以降はホステル群、となっているらしい。
見たことないけど映画「恋する惑星」の舞台としても有名とか。
各エレベータはそれぞれブロックが違って、
ブロックが違うところ同士では行き来ができない構造になっているらしい。 
ハードルが高すぎる!! もっと調べておくべきだった。

今までの街とまただいぶ状況が異質だなあ。
一週間この宿でやってけるのか!? 

フェア後、ひきつづき一週間東京。
無目的にぶらぶらするつもりが、
さすが東京、毎日何かしら行くところがある。

・MOA美術館まで足伸ばして光琳の国宝鑑賞。
んー構図はさすがにカッコ良いが、やっぱり空間を放棄した描き方なのでツボらない。
真ん中の川は奥ではなく上に上がり、水流の描写は川の形態の端で途切れているゆえに柄である。
だから、川の部分は川ではなくて装飾的な抽象形態だ。そう割り切れば少しは納得出来る。
しかしこの美術館はガラスの透過率が高すぎて、頭をぶつけている方が多数。
ゴン ゴン という音が響くたびに笑いが起こる。
数万人目のお客様は、ダメージ蓄積の末にガラス破壊賞をもらえるのではないか。

・すみだ北斎美術館
大きくないけどエリアのシンボルマークとしてカッコ良い存在感だなあ。
まさかの肉筆画を拝見。東西のテクニック混在っぷりが貪欲で素晴らしい。
人形がリアルすぎて怖い。

・熊谷守一
いかにも売り絵っぽい金色の額縁をすべて外したらさらに印象が良くなるはず、、、
いや額のせいにしてはならぬ、必死に絵に集中。
一見2〜3層構造だけど、赤いラインと塗りの関係を見ていると、そのプロセスの中に
見えない複数層が見えてくる。そういう点において、すげえわかりづらいことをやっている。
単なる可愛い装飾的な絵では全くない。

・VOCA展レセプション
以前札幌で展示していた浦川くんに会えた。堂々とした大作。
画面を収めるためのブラシストロークはまだKarstin Bratchのに引っ張られすぎているようにも見えるし、馴染んでない感じもするんだけど、むしろそれ以外のパサっとした描写が良かった。

・BankARTでNEO FLXUSというイベントに参加。
フェア期間中にハタさんに紹介してもらったKioさんの企画。
観客を巻き込んでいく方法論、巻き込んでもパフォーマンスが一体となる仕組みの構造、
その信用度合いと確かめたくてこっそり意地悪なアクションをしたけどそっと流されていた。
こっそりすぎたのかもしれない。
これでこの建物としてのBankART訪問は最後になるなあ。

・森美術館でレアンドロエルリッヒ、
アトラクション系と冷やかしで見に行ったら、思いの外ちゃんと美術の問題を抽出していて、
すいませんでした、、、と心の中で謝りながら、キャーキャー楽しんでいる鑑賞者を横目に、
彼の生み出す(主に鏡を使って)境界線の質について考えた。

 ・彦坂くんの個展
質問しまくった。画家との話は独特の言語展開になるのでやっぱいいな。
本人は遠方へ帰宅してしまい、本人不在の2次会であの作家さんやあの作家さんと顔見知りに。

・荒木悠くんの個展atボルボスタジオ
リンチのロストハイウェイ未見で鑑賞したけど、なるほどその違和感の表出は十分堪能できた。
生み出す境界線の現れ方において、先日みたエルリッヒと、伊藤隆介作品と、荒木くん作品を比較するとその違いが面白い。

・ブランクラス
末永さんの企画、参加作家が、強制かつやや複雑なルールで作家名を変えて作品をみるという実験的な内容。
なるほど、佐藤さんは自分の別人格を作るためにルソーを召喚するのねってとこが面白かった。
初ブランクラスで、オーナーの小林さんにねほりはほり運営形態について質問。
その後の飲み会でも、いろんな作家さん達と交流。楽しいね。
naebonoの参考に、、、作家脳と別にnaebono運営脳が増えると、会話のバリエーションが増える。 

・板室温泉大黒屋の授賞式
 今年で最後となるコンペの授賞式へ。ちょうど一年ぶりだ。
ああ、楽しいこの光景もこれで最後なのね。
久々に晢オタ美術家のSさんに会える機会でもある。ここ重要。漏れ出る哲思考チェック。
鈴木隆史さんの作品が気になりすぎて、後半はご本人を捕まえて質問攻め。
この人はまさに絵画に選ばれた人だ。絵画という行為すべてにまっすぐだ。
こっちの邪念が清められるような会話ができた。
あ、この感覚、ちょっとゴッホの作品を前にしたときの感覚に近いぞ。 

共同運営しているnaebono初の読み物コンテンツができました。

naebono Talk 
進藤冬華 「アメリカ滞在報告&札幌で制作活動を続けること」

2018年1月7日に開催したトークイベントの内容を元に、言いそびれたことや答えきれなかったことなどを、
ウェブ用に新たに加筆・修正を加えたバージョンです。全5回に分けて掲載しましたので、ぜひご覧ください。

http://www.naebono.com/archives/460  


2人の作家性の違いから、美術への向き合い方を色々考えられる内容になったと思っています。僕は聞き手の役割でしたが、間接的に自分の作品の話もけっこうしたような気にもなっています。


トークの最後に、ご協力お願いしますと投げかけてしまいましたが、
まず最後まで読んでくれるだけでも十分チカラを貰えます!笑
もしおもしろかったらシェアやクチコミなどで拡散してもらえれば、
またこれを叩き台にさらなる議論に発展してもらえたりすれば、とても嬉しいです!!


http://yamamotoyuki.com 


1年がかりで計画していた新ウェブサイトがついに完成しました!!
ぜひご覧ください。
いつもカタログやDMや名刺でもお世話になっている史恵さんに、粘って粘って構成してもらいました。 ここはこうしたいと構成の修正をお願いしても、こっちはプログラムの書き換えの難度がさっぱりわからんので、いろいろ迷惑をかけたはず、、、
画像拡大もできるし、右クリックでコピーもできる。スマホレイアウトにも対応。
カタログに載せたテキストも、執筆者に了承を得て思い切って全部載せた。
見応えあると思います。
URLも今までよりわかりやすくなりましたので、旧サイトをブックマークされている方は、ご変更をお願いします。 


contacts欄にこのブログのリンクもこっそり貼ってあるので、
引き続き(というかもう少し高頻度で)更新できればと思っております。

ウェブサイトの方がパソコン環境の問題等により更新できなくなってしまいましたすみません。
しばらくのあいだ、新着情報はこのブログやSNSのみでのお知らせになります。
2018年2月末にウェブサイトは見やすくリニューアルする予定なのでお待ちください。

お知らせ(new 2/15 更新)


◯グループ展に参加します。
『拡散した光彩たち』
JR TOWER ART BOX授賞作家展

●会期:平成30年3月3日(土)〜3月25日(日)(会期中無休)
     10:00〜19:00(最終入場は18:30まで)
●会場:プラニスホール
     (札幌市中央区北5条西2丁目 エスタ11階)
●入場料:一般・高大生 300円(中学生以下無料)
●関連企画:3月11日(日)14:00〜ギャラリートーク
 ・五十嵐威暢(審査委員長 / アーティスト、多摩美術大学名誉教授)
 ・岡部昌生(審査委員 / 美術家)
 ・伊藤隆介(審査委員 / 映画作家、北海道教育大学教授)
(事前申し込みは不要です。参加無料ですが、本展会場内にて開催するため、入場券が必要です。)
●主催:札幌駅総合開発株式会社
●後援:札幌市、札幌市教育委員会
※問い合わせ:文化事業部 寶地(ほうち)・佐藤・吉田
 TEL.011-209-5075
http://www.jr-tower.com/topics_detail/2588


◯アートフェア東京2018に、ギャラリー門馬から出展します。
会場:東京国際フォーラム ホールE&ロビーギャラリー

プレスビュー

3月8日(木)13:00 〜 14:00

プライベートビュー

3月8日(木)14:00 〜 16:00

ベルニサージュ

3月8日(木)16:00 〜 20:00

パブリックビュー

3月9日(金)11:00 〜 20:00

3月10日(土)11:00 〜 20:00

3月11日(日)11:00 〜 17:00 


https://artfairtokyo.com/2018


◯Art central Houg KongにAdmira Galleryより出展します。

27 March – 1 April 2018

Central Harborfront
Hong Kong
http://artcentralhongkong.com 

 
◯2月15日発売のO.tone(オトン)112号の連載「創作の庭」に取り上げていただきました。
札幌圏内の書店、コンビニで発売中です。

 

◯ドイツ・ハンブルグの文化紹介雑誌 Das Hamburger に
Mikiko Sato Galleryが掲載されました。その中に自作も載せていただきました。
https://www.derhamburger.info


◯ACRYLART アクリラート別冊2017に掲載されました。
昨年度のホルベインスカラシップ奨学生のレポートとして載せていただきました。
全国の美術館や画材店などに配布されています。
ご覧いただけると幸いです。
昨年のスカラシップ奨学生はこちら
http://www.holbein-works.co.jp/holbeinscholarship/holbeinscholarshiplist30.html



◯アトリエ引っ越しました!
なえぼのアートスタジオ 
060-0032 札幌市中央区北2条東15丁目26-28
http://www.naebono.com

美術家仲間数人と大きな倉庫を借りてシェアアトリエに改装しています。
まだ改装途中ですが、
美術家のスタジオをメインとしながら、アーティストインレジデンス、ギャラリー、
イベントスペースなども備えています。

現在、制作や事務所機能をメインとしているため、
一般公開は年に数回のオープンスタジオやイベント時に限らせていただいております。



◯ドイツの美術雑誌、art-Das Kunstmagazin 2017年3月号に掲載されました。
http://www.art-magazin.de/heft/24089-art-03-2017

◯台湾の美術雑誌、 Focusに表紙&巻頭特集が掲載されました。
http://www.focusartmag.com

◯Yuki Yamamoto Painting 2016 
A5サイズ、32ページ
テキスト:市原研太郎「山本雄基の絵画」
1,000円(税込)
昨年夏に開催したギャラリー門馬での個展カタログが完成しました。
お問い合わせはギャラリー門馬まで。
http://www.g-monma.com




 

修復 in ハンブルグ。

ギャラリーに仮設防塵スペースを作ってもらって、地味すぎる作業の日々。
27540169_1716213165105841_3974807977434242063_n

そして無事に作品がツルツルになって任務完了。
 27368842_1716213581772466_8300149068319948800_n


空いた時間にヘルツォーク&ド・ムーロン設計で話題のエルプフィルハーモニー・ハンブルグを見学してきた。
27540094_1716213275105830_8052011296963441394_n
コンサートホールは連日満員で入れなかったけど、フリーゾーンだけでもめちゃカッコ良いっす。次はなんとかホール体験しなければ。
 

短期間でバババッと、気の知れた皆さんにも会えたし、某アーティストさんのスタジオビジットもできたし、ハンブルグ美術大学に通うS君に大学案内してもらいながら芸術談議に花咲かせ、ハンブルグと台北のギャラリーと一緒に諸々今年の確認スカイプ会議もして、ドイツに来たら食べずにはいられないジャンクフーズ・ドナーケバブ&ポメス&メゾミックスもしっかり摂取して、心置きなく帰国できそう。

ハンブルグの皆さま、お世話になりました。


今回直した作品は本来は年内販売用でギャラリー空間での発表は予定されていなかった。ところが完成がずれ込んだことにより、29日からのミキコサトウギャラリー新年展のタイミングと合致して、数枚は展示してもらえることになったので、お近くの方はぜひごらんください!詳細は ギャラリーウェブサイトで。

http://www.mikikosatogallery.com/de/news/
 

ハンブルグは連日5度前後と暖かくて雪もなく、つい冬の厳しさから遠ざかっていたが、札幌は連日−10℃でシェアスタジオの水道管が破裂しちゃったと通知が来た。対策しててもそれを上回る古さと寒さにヤラレたのね、、やっぱり初年度は色々大変だ。運用のアップデートも考えねばならんし、帰ったら締切3つが待ち構えてるし。

渡航前に気の重さがあったはずのに、帰る直前の方がさらに気が重いのは気のせい!?買い溜めしたハリボーで冬を乗り切りたい。

今日から急遽、10日間ハンブルグなのだ。

先月大きい作品5点輸送したら、僕のいつもの梱包を、業者側で改めて国外輸送用に包み直した際に不備が発生。作品をプチプチで直に包んで5枚を平積みにされてしまっていた。ハンブルグに届いたら全作品の表面にプチプチの跡がクッキリ!年の瀬にギャラリーのミキコさんから顔面蒼白のスカイプが来た。
僕もしばし取り乱したものの、送られてきた画像を見る限り、いつもの制作手順で直せそうではあるので、単純系の問題解決は早いうちに!ということでこれらを修復しに行くのです。

前回の輸送では、同じ手順でも作品表面はちゃんも浮かせてくれてたので、こちらもつい油断して今回は確認を徹底しなかった。がしかし、担当の方も同じだし、中の物がどういうものなのかわかってるはずなので、さすがに包む前に確認の連絡は欲しかったよなあ、ってことで、渡航費と作業日当くらい欲しいわけで現在ギャラリーの方で請求交渉中。どうなることやら。今後もお世話になる業者さんになると思うので、お互い経験を重ねながらトラブルを失くしていきたいところだが。

梱包と輸送に関しては最近だいぶ安定してきたつもりだったのに、まだまだトライ&エラーの繰り返しだなあ。先日naebonoでも話題に上がったけど、どっかのタイミングで勉強&研究会やりたいですね。

修復用の画材は荷物で持っていけないので、ホルベイン工業さんからSDS(画材の安全証明書)をもらって、Fedexを使って事前に輸送。そろそろ着いてるはず。

海外活動する美術家は必ず、大きな輸送トラブルエピソードを持っていると聞きますが、僕も晴れて語れる側の仲間入りを果たすことができました!

他の〆切も色々ヤバいので、渡航中、札幌のスタジオでは最近ずっと手伝い続けてもらっている妻に丸を描く指示をぶん投げて、Photoshopとスカイプのやりとりを駆使して制作の進行を遠隔モードでやれるかどうか実験!!

というわけで初フィンエアー!!!
マジで直して帰ってくるだけなので、気が重ぉ〜!!!!IMG_7733

このページのトップヘ