やまもとのグレーゾーン

札幌の絵描き山本雄基のきまぐれ雑感と日常。

2012年09月

ベルリンにいると、
自動的に日本で活発な何人かの人達の展示も見る事ができる。

坂口恭平さんの個展&トークイベントがあると聞く。
ちょうど先日ひがし君と坂口さんの話もしていたのでタイムリー。
行ってみる事に。
そういえば噂はたくさん聞いていたけど、
なんとなく無意識的にあまり触れていなかったような気がする。

が、実際行ってみると小屋やドローイング、映像展示と
盛り沢山。やっぱし興味深い人だった…!
トークは基本英語だったのだけど、
僕でも聞き取れる簡単でつたない感じの英語を駆使して、
それでもちゃんと言いたい事を伝えることができている印象。
youtubeとかでも後で見てみたけど、
普段のブワーって話す感じとはずいぶん違った。 
カナダに作品のコレクターがいて、それで資金を作ったとか、
新政府の話とか、なるほど…。
想像くらいまでならできるかもしれないけど、
実際今ある程度を超えて実践しているから凄い。 
人の心を動かす人間の魅力が感じられた。
それに若い世代だけではなく、
ヒッピー思想上がりレノン大好き世代の理解もありそうだと
ちょっと思う。

同時にアブナい感覚もやっぱり感じて、それも含めておもしろかった。 
とりあえず彼のエネルギーを体感しただけでなんかやる気になる。

コペンハーゲン後、間髪入れずに今度はオープンスタジオ。
9月はいろいろあって忙しい。。
あんまし疲れがとれてません。

今回もやっぱりお客さんは沢山来てたけれど、
変わらず質問はどうやって作ってるのかとなんで丸描くんだ
ばっかりなので、今度は自分から絵の次のステップの話を試みてみたけど、
どうだったんだろ。英語の上達は亀の歩みだ。
制作ばっかしてたら会話も減るし、
意識してなきゃ上達どころか低下する…気をつけなければ。

手塚さんとマウロに作品見てもらえたから良かった。
緊張したわ。 

そういえば、かずえさんに教えてもらって、
ユネスコのアーティスト証明書っていうものを
コペンハーゲン行く前に発行した。

この証明書、ベルリンでは30ユーロで作れるのだけど、
なんと世界中の有名美術館(ルーブルやMOMAも)の入場がタダになるという
恐ろしいカード。 
コペンハーゲンでも全部タダで入れた。。
ベルリンの国立の美術館は無効だけど、
マルティングロピウスバウやベルリニッシュギャラリーはOK!

http://www.igbk.de/
ここが発行所。
ポツダムプラッツの近くで、
何の変哲もないボロいビルの3階か4階。
パスポートと現金とベルリンの現住所、
自分が美術作家だと証明できる何か
(僕はレジデンスで発行しているオープンスタジオの冊子で大丈夫だった)
を持っていけばすぐに発行できる。
有効期限は2年。

他の都市はわからないけれど、ベルリンは簡単に作ってくれるようだ。

前日に最後のアシスタントひがし君も去り、
自分は前々から計画していた、
デンマークのコペンハーゲンに一泊二日で行く。

ケルンにいる先輩大島さんのブログに触発され、
ルイジアナ美術館国立美術館のマティスを見るのが目的。

北欧と言えば文化の洗練度が高いオシャレイメージが強く、
自分にとって無縁な場所だと思っていたのだけど、
知るひとぞ知る、僕は大学院の時に少しマティスを研究してから修了したので
それは見に行かねば!と。
飛行機も往復7000円弱だったし…安い。

1日目(ルイジアナ)写真はこちら。
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.420969511296886.95033.100001515216496&type=1&l=c1f5f3482f

2日目(マティス)写真はこちら。
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.420987574628413.95035.100001515216496&type=1&l=2196c06990


しかしfacebookの写真シェア機能は便利だなあ
アップもしやすいしコメントも書けるし…

なのでこちらではサラリと書いて終わりにしちゃいますが。

ヨーロッパに来てから初めて海の見えるフライトに興奮しながら
早朝に到着。少し中央駅前を散歩した後に郊外のルイジアナ美術館へ。

閑静な住宅街に、質素な入り口の美術館…が、
入ってみるとすごくデカい。
デカいし、信じられないグッドロケーション。
隣が海なので、借景がすばらしい。
回廊を歩きながらジャコメッティを鑑賞し、
広い中庭にムーアやカルダーなどの彫刻が並び、
海を背景に鑑賞。加えて企画展示も盛りが良い。

セルフポートレイトの企画が面白くて、
マチスやピカソ、ムンクなどの近代巨匠の自画像から、
モンドリアン、ロスコ、ケリーなど抽象巨匠の自画像、
チャッククロースのモザイク自画像とルドルフスティンゲルの超巨大自画像が並ぶなど、
現代までの盛り沢山な絵画メインの企画!
ルドルフさんの絵は初めて見たが、
3m級で、モノクロの写真を元に描かれた
フォトリアリズム。映画のワンシーンのような。
筆跡がポツポツと意識的に残されていた。

あと、ミュージアムショップにボエッティ(また)の回顧展のカタログが
売っていてサラッと読み通したら、とてもおもしろかった。
バーゼルで飛行機のドローイングを見た時もそれだけではあんま良く分からんかったし、
ドクメンタのマップの作品もどういう位置づけかわからなかったし、
でもカタログでまとめて見ると一気に良く見える…なるほど。
つーか今年はテートモダンとMOMAで回顧展に、バーゼルにドクメンタ、
世界基準の場所でボエッティごり押しされてんのね。


1日目は日が暮れるまでルイジアナに居て、
夜は雨が降って来たし疲れたので、
そのままユースホステルに戻って過ごす。
晩ご飯はもちろんケバブだけどやっぱしベルリンの倍くらいする…


2日目は宿から歩いて行ける距離の国立美術館へ。
マティスは点数は多くないけれど、
同じモチーフのバリエーション展示で、
これらが一挙に並んで見られるなんて!!
というファンには堪らない企画。
ボリュームもちょうど良い。

6年前にNYで見た作品も4分の1くらいあったけど、
改めて見るとまたいくらでも発見があった。

1914年から1918年までのヤバいヤツがやっぱしメイン、
第一次世界大戦期にこれらを描いてたんだと思うとなお感慨深い。
ちなみに「夢」などの後期油彩作品も第二次世界大戦期…

ギリギリまで抽象に近づく単純化の作業と
描写する意識を保ったまま単純化する作業の差、

フレームの入れ子構造を試すための正面構図と
パースを効かせてその入れ子構造を崩すバリエーション、

カメラアイの差を見せた連作、

行為の後がそのままマチエールに変化する
サラサラなダイナミズム、

など、挙げればキリが無い数々の要素。

じーっと鑑賞してやっとその絵が少し分かったようになって来た頃に、
違う要素がまた絵の中に見えて、
マティスの絵は解釈から逃げて行く。
いつまでも謎を残したままでいられるような仕掛けが
絶妙なバランスで入っている。
それでいて、固くない。

ドクメンタの後に、
ちゃんと絵画の感動に戻って来れて良かった。

常設も駆け足でみたけど、
もともと良いマティスをたくさん持ってるんだなここは。
あと全体的に展示がすごく洗練されている。さすがデザイン大国か…

地元の現代美術の部屋もあって、作品はたまーに良いのが何点かあったけど、
空間の使い方とかこの美術館の建築自体がグッとくる。

結局2日目も日が暮れるまでここに居た。
他の現代美術館や街の観光等はできないまま、
デンマーク終了…
ちょっとだけ街の中を歩いたからとりあえずは良し!

マティス…1910年代の作品はもう結構見れているけど、
MOMAの「ピアノレッスン」と、
ポンピドゥーの「コリウールのフランス窓」は
まだ見ていない。
あとは、ニース時代のアメリカ文脈にあまり好まれてなさそうな
ルノワール方向に寄ってる作品と、
ロザリオ礼拝堂。
これらを滞在中にどれだけ押さえられるかは1つのポイント。 

しばらくしても
あのドクメンタ体験は一体なんだったのか…と
ボーッと考えたりして、作業しながら
まだまだアシスタントしてくれてるひがし君と
ドクメンタについて話して意見が一致しなかったりしてるが、

またtwitterで、鑑賞した人達のレポートが
次々に流れてくるのだけど、
その内容とか解釈の深さがパネえっす。

例えばこれら。
http://togetter.com/li/330943

http://togetter.com/li/376868?f=reco1
 

当然ながらここまでの解釈は無理でした。
英語でびっしり書かれたガイドブック読みこんだり
そもそも歴史観が頭の中に或る程度入ってないとわからないことで、
う〜ん…と唸るのみ。。
 
こういうのを読んでいるとまた、
ボエッティの展示っつーかボエッティの活動ってそういうことだったのか、
と思わされたり、
作品外のことや美術外のことも自ずと考えさせられるような。。。
どこまで背負ってるんじゃドクメンタ。

あとこれはディレクターのインタビュー。
http://gjks.org/?p=2251

大学時代の後輩、つっちー君と東方君が、
ドクメンタ鑑賞後にベルリンに流れて来た。

そりゃあナイス!てことで、
アトリエに泊めてあげる代わりに制作の手伝いをさせるという作戦に出た。
185357_414575661936271_978940588_n

僕の作品はヤスリ掛けとか、マスキング剥がしとか、
誰でもできる単純作業がけっこうあるので、
いやあ作業スピードが倍くらいになって助かる。
ありがとうございます!

しかし2人ともマテリアルに対する当たりがパワフルである。
彫刻畑の人間だからなのか性格がガサツなのか。

そ、そんなに力強くヤスらなくていいよ…
そ、そんなに激しくマスキング剥がさなくてもいいよ…
と何度か助言した。
ひがし君においては手にマメができていた。
そんなバカな!

ひがし君がドクメンタで偶然会った飯岡君という美大生も
連れて来た。
彼はまだ20歳なのだけど単身ドクメンタを見に来てて、
この後デュッセルドルフにも行くらしく完全に美術ヲタ旅行。

しかし、ドクメンタの感想などで盛り上がっていたのだけど、
現代美術の話が普通にできる20歳って!
知識もすでにかなり持ってる。
こういうキュレーションも学祭でやったとか。

僕が20歳の頃を振り返ると、
「カラー版 20世紀の美術(美術出版社)」に挑戦しようとしてたくらい…
ヘボっ!!

いやーtwitterとかでさらに情報伝達のスピードやディテールが増して、
若い世代はどんどん世界的な美術の傾向を受信しやすくなってるのだろうし、
飛行機も探せば安いのもあったりで、割と勢いで海外に本物も見に行けちゃう。

そういう経験の筋トレを早い段階で積んだ若者がどんどん誕生して、
おっさんになっていく僕らを脅かすのだなあとか思うと
ウカウカしてられないよホントに。


そんな飯岡君には、
CITY BOOK OF BERLINという本を
譲ってもらった。
これめちゃ良いじゃないかー発行されたばっかりだって!
ギャラリー美術館情報がごっそり載ってる上に、
カールステンニコライとかのインタビューまで載ってる笑

おっさんは若年層に甘えていきます。

サマーバケーションシーズンが終わって、
アートシーンも賑わって来た様子。
この日からベルリンアートウィークで、いろんなイベントがあったのだけど
2つのアートフェア、abcとpreviewを見に行く。
これらを見るためにわざわざ列車の予約変更を駅の窓口まで行って
半分しか伝わらない英語の交渉をして、ドクメンタ日程を切り上げたのだ。

IMG_2199

IMG_2200

オープニングだったので、やっぱりすごい人の量。

IMG_2201
会場を上から見てみる。けっこうワイルドな感じ。

IMG_2204
塩田千春さんの作品が。迫力あって堂々としていた。
ご本人もいらっしゃった。

以下ランダムに会場風景を。
IMG_2203

IMG_2207

IMG_2208

IMG_2211

IMG_2213

 IMG_2214

IMG_2215

IMG_2216

IMG_2217

IMG_2218

IMG_2219

IMG_2221

IMG_2222
これライプ。

 IMG_2224

IMG_2226

IMG_2227

IMG_2230

IMG_2232

IMG_2236

IMG_2239

IMG_2242

IMG_2244

IMG_2250
ベルリンのいろんなオープニングに出現する有名な2人らしい。

IMG_2253


IMG_2258

IMG_2261

…という感じだったのだけど、ドクメンタ疲れが残ってるのと余韻が強く、
さらに作品を見るっていうより社交場になってて、
ぜんぜん集中して作品見れず。
本来なら作家とかギャラリーのメモすべきなのに、
サーッとなんとなく見終えてしまった。
今さらながらもっと気合い入れてみるべきだった。 
このabcがベルリンで一番クオリティの高いアートフェア
とのことだけど、 ピンと来なかったのは自分の状態のせいなのか、
それともいつもの微妙な展示を見た時の毒々しい疲労感なのか…。


もう1つ、同日オープニングだったpreviewというフェアにも行ってみる。
 IMG_2264

IMG_2267
ブースはこっちの会場の方がしっかりしてるようにも見えたけれど、
やっぱし作品レベルはabcのほうが全然上だった。

IMG_2270

IMG_2275
ははは円はいっぱいいろんな人が誠に使いますよねえ…と
朦朧としながら円をモチーフにしてる絵画を撮ってみたり…

 IMG_2274
たまにちょっと気になる人がいたり…

 IMG_2277
すごく熱心にこの微妙すぎる絵の模写をしてる青年を観察したり…

やはり毒々しい疲れを溜めて帰宅。
こりゃあまりいい状態ではないから
しばらく鑑賞は抑えめにして、アートウィークっていうか
制作没頭ウィークにしようと決めた。

カッセル最終日4日目。
見逃した作品映像やもう一回見たい作品をじっくり。

写真はコチラ
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.412743435452827.92638.100001515216496&type=1&l=64d02dfa61


O嬢は朝一で日本へ帰って行った。
300回くらいドイツに来て良かったと言っていた笑 
良かった良かった。
ベルリンに来た時は大丈夫かと思っていたが、
カッセルでは逆に助けられたなー
サバイバル能力があるんだな。


なのでこの日は1人で鑑賞。
英語だらけの作品が残ってませんように。


310395_412743445452826_755719066_n
駅でO嬢の特急を見送りながら待っていたSusan Philipzの作品は、
30分に一回の音の作品。

ホームの端までいくと、遠くにある駅のスピーカー十数台から、
バイオリンの音が聞こえてくる。
このロケーションと、
1人になった若干の孤独感すら勝手に相まって、
すげードラマティック気分に浸ってしまう。


朝は雷雨だったが、日中は晴れて来たので少し離れた場所で見送っていた
古い地下空間の展示の方にも行く。
作品というよりヘルメットまで装着して
展示を見に行くっていうシチュエーションに関心してしまった。

 
422925_412743945452776_657219020_n
 もう一回、Tino Sehgalの作品を見に行く。
この暗い部屋だ。この作品、昨夜気になってカタログを見たら、
作家名と展示場所以外作品情報が一切載っていないことに気付いた。
紹介されているはずのページが無くなっていて、
一瞬落丁かと思ったが、違うようだ。 
パフォーマンスの流れをもっと見るためにしばらく中にいたのだけど、
たまに電気がついて中の様子が一瞬見えたりもした。
その時に写真撮ろうとしたら、パフォーマーが踊りながらさりげなく
カメラのスイッチを切って来た!笑
やっぱり、記録を残したくない作家なんだ。 

昨日のお客さんは割と静かだったけど、
この日は修学旅行のようなヤング学生団体が中にいて、
ガヤガヤしていたが、それも作品に取り込まれてる。

暗闇の中でのパフォーマーのハイレベルな声のセッションは
やはりこれも鑑賞者と作品の境界を曖昧にしてしまうようだった。
ずっと暗闇にいると、目が慣れて来て中の動きが見えてくる。
10人くらいのパフォーマーは、観客に当たらないように踊りながら移動して、
入って来たばかりの観客は、何も見えないので恐る恐る入って来るのがわかる。

歌の区切りがついたら自然に拍手がなる事もあったし、
パフォーマーの1人が学生団体に話しかけ、
「私が学生の頃は、とてもシャイだった」といったような語りを始めたりもしていた。

常に流動的な創造が生み出されていて、すっかり取り込まれてしまう感覚に
味わったことのない感動をした。暗闇を出たあとに、またよくわからんが涙ぐんでしまう。
パフォーマンスとか結構苦手だったのだけどな〜これは相当すごいな。 


422643_412747428785761_2113054372_n
 
285417_412747408785763_1190710260_n
オランジェリー館は科学博物館のような場所で、
常設の中に望遠鏡が並んでいるのだけど、この一部を覗くと
公園のアンリサラの時計が見える。
これに気付いたときこの作品の良さがブワーって入ってきた。

すぐ横の展示室が時計の歴史展示室で、古い時計がたくさんある。
そことの関係性が生まれて、時間空間距離の感覚がぶっ飛んでしまった。
時計のふもとには小さく人が歩いている様子も映り、
別の望遠鏡では時計が逆さにみえる。この場所ならではのアプローチ。


603290_412747802119057_65130326_n
終盤で、駅の映画館で作品上映してるのを見落としてることに気付き、
見てみたらイギリスの作家The Otolish Groupの福島の原発ドキュメント作品だった。 
劇中、港千尋さんがインタビュー受けてたりした。
福島第一完成直後に、初めて原子炉が臨界に達する時の映像と、
現状の映像を連続して映すシーンは重く、
当時の技術者の誇りを感じる眼差しや、
その映像から感じられる希望に満ちた感じが辛かった。
これをカッセルで美術展の中で見ることになるとは。


まとめ

初ドクメンタ。めちゃくちゃ良かった…!
ちょっと信じられないレベルだった。
これが世界最大レベルの展覧会なのか。
 

こんないい後味が残る展示はなかなか無いかもしれない。
帰りの電車を待つ間、駅の下品なバーガーキングにいてもなお
ずーっとジーンとしていた。
 

3泊4日とって、なんとかほぼ全ての作品を見て回れたけど、

とにかく毎日とんでもない人の数で至る所に入場行列ができていた。
老若男女、赤ちゃん連れも。

こっちでのこういう大きな美術展の存在って、
実際のところはまだまだわからんけど、
やはり身近で、かつ大切にされてるように見えるし
大人のアミューズメントパークって感じなのかな。

多くの人が辞書のようなガイドブックを持ちながら読みながら、
作品を鑑賞する光景が見られた。


美術を通して世界を見るきっかけとしてのプロセス、

美術は深い部分で大きな世界社会と繋がっている、と思わせてくる。
そこに知的興奮の快感も加わり、
ハイレベルなエンターテイメントってそういうことなのかな。


これだけいろいろなことに対し真摯な向き合い方をしている美術展に、
大量の人が足を運び、あーだこーだ考えるきっかけになってることに、
美術に対する希望を持ててその点でも非常に感動した。 


人類史や近現代の情勢、美術史がわかっていればいるだけ楽しめる
インテリチック内容だと思うのだけれど、
僕は残念ながら全然インテリでないので、

このジーンときた感覚は
どうもそれだけではなさそうだ。


こないだのベルリンビエンナーレのように政治や社会情勢をテーマにしている作品でも、
そのテーマをを媒体にしながら、人間そのもののことを言ってるような印象。


展示の組み合わせや作品アプローチが全体的にドラマチックで独特の気品がある。

企画全体でとても大きな詩のようだ。


世界のアンバランスさ、どうしよもないひっかかる背景を、
人の想像力から網羅するような。

ああ〜ここまでのスケール感を、
美術で引き受けようとすることができるんだな。泣けてくるわー。

やっぱり美術作品って基本的に個からの感覚がベースになってるわけで、

人間に対するものだしヒューマンスケールが前提だから
詩的なゆとりが無理なく創造性を深めてくれるという感じ。


今回のドクメンタのような感動は、
例えば名画1枚と向き合って深く感動するという体験と
根っこの部分では同じだけど、

1つのモノとしての美術作品という在り方もあれば、
そういうモノ(あるいはモノではない「作品」今回は音の作品も多かったし)を媒体にして世界を見る仕組みを作り出す、

あるいはその仕組みや場所を媒体にして、作品ができあがる、
という企画展示としての美術の在り方がある、
って当り前のことを、大きな実感を持って確認した。
もちろん意味不明とかどう見てもグッとこない微妙な作品もあったけど、
いくつものすばらしい作品と、総体としてのドクメンタっていう企画に
心の底から感激しました。

なかなか思えないけど、美術ってすごい。

土日を抜けたので少しは空くかなと思ってたけど、
依然ものすごい人の量。
三日目は美術館など建物中心に。できればほぼ見終えたい。

写真はこちら
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.412731965453974.92635.100001515216496&type=1&l=60b3faf681

ちなみに僕は貧乏性で写真をバシャバシャ撮っていたけど、
案外皆さんゆったりと、撮影魔にはならずに鑑賞しており、
分厚いカタログ片手にじっくり考えながら楽しんでいるようでした。

メイン会場のFriedrichsplatz。
この中のRotundaという空間に、
今回のドクメンタのコンセプトの代わりとなる展示が詰め込まれている。
そんなに広くはないこの空間に、壮大なスケール感を感じさせるような
カタログの文章と展示構成で魅せている。
557087_412732558787248_320604900_n
ここはやっぱり読みながらじゃなきゃわからんことも多いのだけど、
展示は美しく、詩的な中にいろんなヒューマニズムを引き受けようとしてる
ような感じがした。

モランディの絵画やそのモチーフそのものが並んでいて、
それもただ作品としておかれているのではなく、
大戦中のファシズム後に作られた象徴的なものとしての側面が強調されているようだった。
その壁の向こうにマン・レイのオブジェと、
リー・ミラーのヒトラーのアパートのバスタブで撮られた写真が
向かい合わせで展示されていたり。

パラグアイの親子アーティストJuana Marta Rodas and Julia Isidrez
の彫刻も良かったな。
 

アーティストの作品だけでなく、戦争で溶けたガラス片や
紀元前の中央アジアの彫刻作品なども並んでいた。

この
Rotundaに入って来る前の美術館最初の展示は
Ryan Ganderで、作品が無いので何かと思えば、
風が吹いているという作品だった。
_MG_9641
微風に吹かれてもらっているO嬢。
視覚的でない作品を伝えるのは難しいな…

いきなりこれだったので、ハテナな気分になったけど、
Rotundaや他の部屋を一回りした後だと、なんか気になる存在になった。

撮影禁止だったけどダリのこれまた戦争がテーマのような作品もあった。


この日は見た作品数が圧倒的に多いので端折りますが、
特に気になったのをピックアップ。
296337_412735715453599_1571004383_n

316754_412735605453610_1297961948_n
260020_412735635453607_1206585507_n
ドクメンタ全体を通して絵画は少なかったしあんまグッとくるものも
少なかった中で、
Francis Alysのこの小さな絵画作品群は本当に良かった。
側面は麻剥き出しでタックが打ちっぱなし、
コラージュ部分もサラッと貼ってるだけなんだけど…
TVの画面を彷彿とさせる色面も
マットな表面で美しいし、
何なのか感情を揺さぶる秘密を持っている。
フランシスアリスはカブールの展示では映像を出品しているようで、
それは彼のサイトで見る事ができるんだけど、
(http://www.francisalys.com/public/reel-unreel.html)
 これもまた感動してしまう。


この辺りの展示はいいのが固まっていて、
すぐ近くのTino Sehgelのパフォーマンスの非常に良くて茫然としてしまった。
Theaster Gatesの滞在制作?場所も全体的におもしろかった。


 Neue Galerieでは
ジュークボックスのSusan Hiller。
ホワイトキューブの壁に100曲の歌詞、壁に埋め込まれた
一台のジュークボックスが音を響かせていてなんとも美しい。
公共空間と美術館空間の違いをうまく魅せていて、
それまで何回もみかけてきたジュークボックスの印象は
この部屋を体験する事で変わってしまった。
487495_412736568786847_346992925_n
 

ottoneumは自然史博物館。

会場の雰囲気ならではの作品が並んでいて、Toril Johannessenの光の作品が気になる。
395342_412740062119831_1843918562_n
暗くて作品がうまく撮れず。
 

Docmenta-Halleは天井が高くて広い空間、
ダイナミックな作品が目立った。
253465_412739205453250_1272458943_n

391677_412739355453235_1803429648_n
Thomas Bayrleのこの飛行機の作品はいろんなレポでも見かける、
「絵になる展示」な作品だった。カッコ良い。
近寄ると、飛行機の中に飛行機が描かれているんだな。
ユニットは紙で印刷物っぽい感じだった。 


381274_412738698786634_1642909113_n
 Julie Mehretuもとにかくデカすぎ。


540095_412741845452986_226385081_n
駅側のはずれのほうに単独であったTacita Deanの作品、
30分ほど並んだけど、これも良かった。チョークで描かれた山のドローイング。


その他、病院跡、図書館やデパート内でも展示があり、
それぞれの場所に合ったインスタレーションの在り方が興味深かった。
作家の取材力や順応力を感じる。




ドクメンタではないけれど、近くの教会でバルケンホールの展示を
やっていて、それもおもしろかった。
396429_412737838786720_1722250691_n

 
なんとか 85%くらいは見終えることができた。
夜は、オーストラリアで語学留学中の後輩Tっちーもドクメンタ見に来てると連絡があり、
謎の組み合わせな3人で飲んだ。 

二日目は公園制覇計画。

写真はこちら
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.412726758787828.92634.100001515216496&type=1&l=2173d3662c


公園は歩いてまわると一日じゃ無理な広さなので、
なんとかレンタサイクルを借りたいところ。
Konradという緑のレンタサイクルがいろんな所にあり、
サイトやiPhoneアプリもあるのだけど、
なにせ全部ドイツ語でなかなか借りる方法がわからない。

O嬢の英語に頼ってわかりそうな人に聞いてたら、
おや、近くにいたイギリスのゲイカップルも僕らと同じ困惑状態だった。

その後、数人のドイツ人をつかまえては英語コミュニケーションをまかせ、
みんなやたら親切に説明してくれてレンタル成功!!
ドイツの印象がまた上がる。
カッセルにきてO嬢のコーディネイター力も上がっている!
やっぱ英語できると便利だなー

ゲイカップルもほぼ同じタイミングでレンタル成功してて、
謎のグルーブ感が発生した。

ちなみにこのレンタサイクルの仕組みは、
まずサイトでアカウントとクレジットカードと電話番号とメアド登録、
その後パスワードメールが届く。
次にレンタサイクルに書かれている電話番号に登録電話からかけて、
アナウンスの後に、これもレンタサイクルに書かれている4ケタのナンバーを入力。

それで登録完了。自動的にクレジット課金されるという仕組み。1時間60セントくらいだったか。
鍵をしてまた開けたい時は、メールで届いたパスワードを自転車に付いてるタッチパネルで入力すればOK!返却は、レンタルゾーンに戻って来て鍵を締めれば完了というなんだかハイテクシステムだ。

419327_412727492121088_1795825216_n
晴れてチャリでの公園巡り開始。ペノーネの彫刻は安定感あり。


183378_412727685454402_1842843974_n
これはけっこうキツい坂を上り下りしながら音を聞く作品で、
足場も砂っぽいので滑り落ちてもおかしくない。
日本だったら危険だから却下されそうだけど、
キャプションに「自己責任で」って書かれてた。
おばあちゃんなんかも楽しそうに上り下りしていた…。


486860_412727615454409_1850026585_n
作品にはこういう看板が立っているのだけど、
いろんな小屋に、Green Companyっていう会社の協力が書かれていた。
たぶん小屋制作はこの会社がだいぶ関わっているんだろうかな。

全体的に小屋については、中でインスタレーションか映像って感じで、
昨日見た展示に比べるとなんとなくユルいのでスタンプラリー的な楽しみ方になりがち。
公園のあまりの広さのほうがビックリ。

 379992_412728928787611_1235664633_n

581523_412729072120930_1411542496_n

小屋の中でおもしろかったのは大竹伸朗さんだった!
さすが小屋の扱いには慣れているのだろうか。。
小屋自体がオブジェ化していたし異彩を放っていた。
モンシェリー!っつってそういった日本語のおかしなニュアンスは
僕らは絶妙なセンスを感じる事ができるけど、
海外の人にはそこは伝わってないんだろうなあと思った。
どう見えるのだろう。
外から中を覗くようなタイプの小屋で、 
中に巨大なスクラップブックが。気合いを感じる。
木の上にカヌーが乗っかっていたり、裏の小屋は電力マシンのようになっていて
何かの暗喩に見れないこともない。


423918_412728568787647_435205702_n
駅で感動したJanet Cardiff & Geoge Bures Millerは公園にも作品が。
元々サウンドアーティストみたい。
こっちは銃声やレクイエムなど音を聞く作品。
林の中にスピーカーが何個も
仕込まれていて、ものすごいリアルな臨場感。
観客が皆じ
っーと静かに動かずに聞いていたのが印象的。 


296732_412729182120919_71913560_n
 Anri Sala、ええこれがアンリサラなの?ってこれだけ見るとハテナな気持ちになったが、
後に公園の端にあるオランジェリー館で感動する事に。また後述。


185088_412728915454279_1125670469_n
Pierre Huygheの作品は公園の中では一番気になったかも。
荒れた現場に人体彫刻、そこにハチが群がっている。


576858_412728842120953_1698026641_n
日々暮らしているとドイツの人たちは日本人以上に犬への愛情が強く見えるが、
そんな国の国際展だからなのか?犬への愛情がハンパ無い作品も何点かあった。
これはドッグレース場が作品になっていた。。。

写真に撮らなかったけど、ひとつ小屋の映像作品で
Omer Fastという作家の映像がおもしろそうだったなあ。
5分くらいチラ見しかできなかったけど、それでも引き込まれる何かがあった。
後で見たらカタログのスチル写真もカッコ良かったし。

だいたい公園を見終えるかなというところでチケットを紛失し、
アフター5チケットを買い直すハメに…こういうアホは必ずやってしまう。
最後に端のオランジェリーもとりあえずサラリと一周、
ここにはMika Taanilaの原発テーマの映像作品があり、
フィンランドの原発建設している街のドキュメントだった。
美しい映像ながらものすごく不穏な作品だった。

無事に公園制覇し、レンタサイクルも元に戻して二日目終了。

朝一でベルリンから都市間バスに乗りカッセルまで5時間。
同行したOもやっぱりそうだったけど北海道から来た人は口を揃えて、
ドイツ都市間の田舎の風景を見て、
「北海道とほとんど同じ」と言うのがおもしろい。
本当に空や空気の感じや植生など風景が近い。
建物の形と、風力発電の風車の数が差だろうか。
本州に初めて行った時の風景の違いの方が新鮮だったかもしれない。

というわけで、
年に一度ドイツのカッセル市で開催される
世界最大級の国際美術展、ドクメンタを初鑑賞!
表記はdOCMENTA(13)。

一日目写真はfacebookにアップしてます。
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.412722235454947.92632.100001515216496&type=1&l=475166cb24

写真で語りきれない興奮を書こうと思います。


昼過ぎにカッセルに着いて、いきなりコスプレガール達に遭遇。
395284_412725385454632_16481640_n

どうやらドクメンタとは別会場で、マンガフェスをやっているらしい。
ドイツのマンガフェスも気になるけれど、
やっぱりドクメンタ!
泊めて頂くお家のおっさんに迎えに来てもらい、
恋人のマリアさんともご挨拶と家の使い方を親切に教えてもらい、
さっそく会場へ向かう。会場の駅へは歩いて10分ほど。

まずは展示マップをショップで手に入れ2dayチケットを買うけど、
慣れないのでそのまま駅の行列に並びながら計画を練る事にする。
この行列はJanet Cardiff & George Bures Millerの作品の列で
一時間待ちでいきなり疲れる。
でもこれがめちゃくちゃ良い作品!!!

316710_412722975454873_1122930573_n


iPodとヘッドホンを渡されて、指定の場所に座って映像を再生すると、
同じ場所で撮られた映像作品が流れ始める。流れる作者の語りに従って、
映像と同じように自分が駅構内を歩いて行くというもの。

まずヘッドホンの音がものすごくリアルにできていて、
実際の音なのかヘッドホンからの音なのか区別がつかないので、
おそらくこの作品を鑑賞した人はみんなヘッドホンを取ってどっちの音なのか確かめたはず。
映像ではバレエダンサーや演奏隊など登場したり、
鏡に作者が映ったり、途中で電池を替える演出が入っていたり、
隙のないドキッとするポイントがたくさんあった。
収容所の話に触れたりもしていた。

映像と音に没入しながら実際の風景にも意識がリンクするので、半分映画の世界に入っているような、感覚の境界線がゆらいだ状態になる。
それを知らない周りの駅利用客は不思議そうに僕らをみているので、その構造もおもしろい。
307754_412722995454871_726070511_n

375877_412723025454868_872978516_n


最後まで見終わって、あんまりにもビックリしてわけもわからず半泣き状態に。
この作品を最初に鑑賞したので、
ドクメンタの印象が爆アガリでブワッと膨らんだのはとてもいいスタート。
(追記:youtubeにこの作品の映像上がってました。
途中まで見れるので雰囲気はわかると思います。
http://www.youtube.com/watch?v=sOkQE7m31Pw&feature=youtube_gdata_player)

以下、気になった作品をピックアップします。

644362_412723562121481_364051624_n
Susan Hillerの作品はジュークボックス。100日間のための作家が選んだ100曲が
再生できて、その後も街中のいろんなカフェや飲食店で見かけることになる。
3つ目くらいで、「またオマエか!」って思ってたけど、
別会場の美術館の展示でその意識がひっくり返された。それはまた後述。


260187_412723635454807_1735915934_n
シリアのことをテーマにしている部屋は
Rabih Mroueの作品。
写真奥の作品はフリップブック(パラパラマンガ)の形式なのだけど、
それは携帯電話で兵士を撮影してる映像がフリップブック化されているもので、
撮影者が銃で撃たれてその映像が終わる。
先日のシリアでの日本人ジャーナリスト山本さんの最後の映像を思い出した。

横にボタンがあって、押すと、その時の音が一緒に流れる。
たかがフリップブックなんだけど
自分の手でそのような映像を進めていく妙なリアリティにぞっとしてきた。

こういった社会的な作品は、他にもたくさん見られた。

駅の一番奥の方にあるWilliam Kentrideの作品にも30分並ぶ。
184003_412723995454771_2115764397_n
横にあるブラインドの作品はHaegue Yangの作品。


ケントリッジ作品は撮影禁止だったので
画像がないけれど、広い空間に5面の映像を投影して、
真ん中に謎の木製機械がずっと動いているという作品だった。
映像はシュールでわかりにくいのにユーモアがあったり毒があったり、
なんとなく人間とテクノロジーについての映像展開のように見えた。
映像の終わり方が何かの隠喩のような登場した人々のシルエットの行列で
なんかグッときた。

行列でけっこう時間をとられたので、駅の中でも見落とした作品がまだ残ったところで
一日目終了。とにかく人の量がハンパじゃないし、
作品の善し悪しはあれスケールもハンパじゃない。

さてMIKIKO SATO GALLERYで僕の1つ前の展示、
堀田真作さんの個展のオープニングにおじゃまして、
自分のプランも固めながらベルリンに戻る。

2日前に後輩Oがドクメンタ目的でドイツに来てまずベルリン入りしてたので、
僕がいない間、部屋をそのまま貸してたのだが再び合流。
チャリも貸してたので主要ポイントをチャリ巡りしていたようだ。
ベルリンはチャリだよねーやはり!

僕はドクメンタは当初最後の4日間に行くつもりだったけど、
後から聞いたらベルリンのアートフェアとモロかぶりすることが判明したので、
急遽明日から後輩Oに便乗する事にした。Oは英語がわかるので心強いぞ。

単独で来て、カッセル宿が未だに決まってない(ベルリンもノープランで来ていた)という
超フリーっぷり。こいつ大丈夫なのかとやや不安になったが、
僕がハンブルグに行ってる間に、カッセルの観光インフォサイトを見つけたらしく、
そこがPDFで個人宅の空いてる部屋を貸し出してるリスト一覧を送ってくれたとのこと。

急いで一斉にオファーメールを送ったら、数時間で空きヒット。
ひとり一泊30ユーロで2人分の部屋ありだって。
なんとかなるもんですね…!
かくいう僕ももともと探してた安宿が全部満杯だったので助かった。

またしばらく空いてしまった。
ドイツ記は後の忘却防止のためにできるだけ残しておきたいんだがついつい。

書こうと思ってたことメモ
・ベタニエンのオープンスタジオ
・LETTER FROM THE FIELD展
・THE ECHO展のトークイベント 
・iPhone再アクティベート成功
・また税関 
・ダイアンアーバス展
・後輩O田ベルリン来る
・ 二度目のハンブルグで堀田さん個展のオープニング

…と8月からここまでの主なネタは余力があればこっそり後で書こう。
この間に夏はなんとなく終わったような感じで、ベルリンハンブルグは肌寒かった。
日も短くなりつつある。もう滞在5ヶ月目だ。早いなあ。

まず先にドクメンタレポを書くことにしよう。

このページのトップヘ