やまもとのグレーゾーン

札幌の絵描き山本雄基のきまぐれ雑感と日常。

2013年02月

朝一でまずはウフィツィ美術館へ。
主要ポイントにはすべて徒歩で回れる距離だ。
細い石畳の道に入ると今が何時代なのかわからなくなる。
IMG_4112


ウフィツィ美術館も撮影禁止で、
クロックもないので、ちと辛い。
つい最近、天井の一部が落ちたってニュースになっていたが
確かにボロい笑

入場するとびっくり、なんと客の8割が日本人!
そうか今大学も春休みシーズンだし …つってもこんなにもか。
お金のない美術家はなかなか実物を見に行けず、
お金のある皆様はガンガン実物見に行ってるのね、なんか皮肉なものだ。

しかしちょっと注目してみると、
そのほとんどはツアーの団体なので見ているとけっこうなスピードで
超有名絵画の前でのみ簡単解説を聞き、去ってしまっていた。
ああ勿体ない…あれだと「鑑賞」と言うより「確認」って感じだな。
次々と違う日本語の団体に抜かされながらの鑑賞はなかなか落ち着かん。

僕の美術館での好きな光景のひとつは、1人で来てるお客さんが
じ〜っと長い時間1枚の絵と向き合ってる佇まいだ。
男女問わずあの光景はとてもセクシーであるので
よく写真に収めてしまう。鑑賞とはアレだよな。
 
ここではボッティチェリのヴィーナスの誕生や春、
ダビンチの受胎告知などの
超有名級の古典絵画はもちろん、
他ではあんま見ないギルランダイオがたくさんあったりした。
ベルリー二の数点も不思議な構成で良い。
フィレンツェでなら見れるだろうと思ってたポントルモも数点。良い。

後半は大掛かりな改築ゾーンがあったのでもっと拡張するんだろうな。
まともに見たらここも丸1日かかるボリュームだなあ。

IMG_4118
途中休憩ゾーンから、ブルネレスキのドゥーモのクーポラが見える。
壮大だなあ。
路地が狭いので歩いててもなかなか全貌が見えないんだよな。

IMG_4123
その後ヴェッキオ宮殿をチラ見する。
_MG_5275

_MG_5274


次に、ドゥーモ。美しい!
_MG_5288

_MG_5287

_MG_5292
内部からみたクーポラはこんな感じ。高い…!

今日も天気に恵まれたので、
もちろん、登ってみた。
_MG_5305

_MG_5309
いや〜、素晴らしい。
ここまで来てもやはり日本語がたくさん聞こえてくる。

_MG_5316
上り下りの通路もらくがきだらけ。

_MG_5315
途中、さっき見上げてたクーポラの縁の細い空中通路を歩く。
もちろん柵はついてても、股間がキュ!となる高さで怖いです。

巻いて紹介。次は少し南下してヴェッキオ橋を通過して
IMG_4133

サンタ・フェリチタ聖堂へ。
_MG_5320
ポントルモの傑作、
十字架降下を見る。すばらしい。
暗くて見ずらいなと思ってたが、
隣のおばちゃんが横のマシンに1ユーロ入れたら照明がついてハッキリ見えるようになった。
教会もなかなかアコギなことをする。
_MG_5321
いろんな十字架降下を見て来た中で、
このポントルモのはやたらカラフルなことと
キリスト含む人物の配置が不思議だ。
シンメトリーを少し崩した様な。

_MG_5325
もう少し南下。ああ〜ピッティ宮もみたかったが既に疲れ果てて、もう夕方だし
もうだいぶお腹いっぱいなので今回は断念する。
まあ古典絵画はパッと見の情報量だけで凄まじいので、
本来一気に量を見るもんではないよなと自分らを納得させる。

そこから西へ。 
IMG_4134

 IMG_4135
サント・スピリト聖堂。高密度の街の中に突然あらわれる、
このスパッとしたファザードはめちゃキレイだ。
これもブルネレスキの建築のようだが、実際は未完のまま終わってるみたい。
中も整然と洗練されていて美しいのだが、疲れ果てていたせいで
撮ってねえという…。
ドゥーモの階段が相当効いてるな…

_MG_5327
さらに西へ歩くとサンタ・マリア・デル・カルミネ教会。
ここはどうしても見ておきたいのだが今日はタイムアップで
着いたらちょうど閉館しちゃった。
宿から近いし明日の朝に見に来よう。

フィレンツェ歴史地区はほぼ歩いて回れるサイズなので良いな。
イタリアに入ってからひたすら教会を周り続けて変な気分だ。

IMG_4139
夜近所のレストランっぽいところで食事してたらwifiが飛んでる事判明。
急いで調べものを済ませる。
出発前からチェックしてた、ミラノの最後の晩餐を見る為の予約が
ずーっとできないままだったんだけど、
ここにきてキャンセルが出て予約に空きができた!即予約。
よしよし順調だ。 

ローマ2日目。
ジョージの目覚ましの音がピピピピ隣の部屋から聞こえてきて、止まる気配がない。
こっちが出発準備してるうちにようやく目覚めたようで、
最後にお礼を言って宿を出る。さらばジョージ。

快晴の朝、歩いて移動。
IMG_4074
サンタンジェロ城

_MG_5153


IMG_4079
ナヴォーナ広場を通過してパンテオンへ向かう。

_MG_5162
パンテオンのドームの外壁。
_MG_5159
デカくて近くからだと写真に収まらん入り口。
朝だから空いている。

_MG_5157

_MG_5156

_MG_5155
朝から目が冴えるような神々しさ。
完全な半球型のデカくて美しいドームの天井には
タレルの作品を思い起こすような穴があいていて、
光が入ってくる。
これが紀元前の建築というし、 歴史の尺の長さが違いすぎる。2000年。
ラファエロなどの偉人の墓もあったり。
ちなみにY子がローマで一番見たい場所はパンテオンらしかった。
パンテオンが何なのかよくわかってなかった自分。歴史好きのY子がいると勉強になる。

さらに歩いてコロッセオ方面へ向かうのだが
そもそもローマのこと自体よく解ってなかったということが
歩きながらわかってきた。
IMG_4084

IMG_4085

_MG_5163
次々に遺跡やら巨大建築やらが現れるじゃないか。
パンテオンは飛び抜けてるにしても、街全体の歴史スケールがハンパない。
ローマってこういうのがボンボコ残ってる街だったんだ…と考えてみりゃ当たり前なんだけど実感としてすごい。
事前イメージが相当漠然としていたために、いちいちびっくりだ。

_MG_5170
コロッセオが見えて来た。でけえ!
コロッセオもこんな街中心部に残ってるってのは来て初めて実感した。

_MG_5171

_MG_5172
ローマパスで行列をスルー!

_MG_5173
中も圧巻。
しかしいやーこんなバカデカいのを作らせて、奴隷を殺し合いさせてたって
権力と文化ってのはなんなんだい。
博物館ゾーンも充実しているようだったが時間が無いのでサラッと回る。

隣のフォロ・ロマーノも時間スケールを飛ばす異空間だ。
結構信じられないレベル、
_MG_5186

_MG_5187

_MG_5191
悠久の… 遥かなる…
というフレーズが勝手に頭に浮かんでくるわ。なんなのホント。

古代から今度は一気に現代美術へシフトしてみる。地下鉄と市電を乗り継いで
最近できたというMAXXIという現代美術館へ。ちょっと郊外にある。
建築はなんとザハ・ハディドってことで初ザハ建築訪問。
_MG_5200
ザハにしちゃ思ってたより地味な印象だけど十分未来的なデザインではある。
_MG_5202
展示室を繋ぐ通路もSFっぽい。展示撮影は不可。
またしてもなボエッティと、W・ケントリッジの個展、ドクメンタな顔ぶれ。
展示自体はもちろんどっちも面白い。
けどちょっとやっぱりクセのある展示室だなあ。
古代のインパクトが強すぎたのか、疲れてるのか、
ああこんな感じか〜っていう程度にとどまる。

カルミナ駅まで戻り、徒歩でまた移動。
サンタ・マリア・デッラ・ヴィットーリア教会へ。
_MG_5211

_MG_5215


_MG_5209
びっしり施された装飾的な絵画彫刻群!!
ベルニーニの力量を存分に味わえる。
今の現代美術を順に遡っていくとこれらの表現に辿り着くっていう
実感があまり湧かない。

もうちょい歩いて、
_MG_5220

_MG_5221

_MG_5222

_MG_5223
サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂にも。
撮影に失敗して真っ暗だが、グリッドの効いた直線的な構造でこれはこれでまた荘厳だ。

もうだいぶ疲れ果ててしまったんだけど
次の電車まで少し時間があったので、
せっかくだし!を合い言葉に、また地下鉄に乗って無理矢理近代美術館に行く。
地下鉄降りてからが意外に遠くて大きなボルゲーゼ公園を駆け足で通過し
閉館30分前に辿り着く。
_MG_5225
お、レディメイド。しかし点々と存在してる透明の動物がダサいんですけど…

_MG_5226
さすがローマ、良いトゥオンブリ。
でも、もっと大体的にブワッとあっても良いかと思いきや一点のみ。

_MG_5231

_MG_5241

_MG_5257

_MG_5247

_MG_5251
未来派とかキリコとか。

_MG_5260
突然クリムト、しかもこれ結構良い。

と、もの凄い駆け足で拝見したので作品に失礼かと思う。
揃ってる作品はそこそこだけど、
展示構成などがちょっと微妙で大きな首都の近代美術館にしては地味だ。


死ぬ程疲れた。
ローマにはまだまだ、さっきのボルゲーゼ公園内にあるボルゲーゼ美術館とか
もう一個現代美術館のMACROなどもあるし、
あとはスペイン広場とかトレビの泉など主要観光地もカットした。
1泊2日ではさすがに見きれないボリューム。

グッタリしてカルミナ駅からフィレンツェへ移動。
電車で2時間弱で40ユーロくらい。イタリアは電車が安いな。

IMG_4110
到着。やはり駅前にいきなり大きな教会が。
ローマよりはだいぶ穏やかな空気感。

そしてフィレンツェで予約してたホステルに到着したらまたアパート。
さらに今度は、80歳くらいのおばあちゃんが出て来て、またも部屋貸し風…
やっぱりこれがイタリアスタイルなの!?
しかもwifiのパスワード教えてもらうけど、どうも間違ってるらしい。
おばあちゃんだから全然わけわかってないらしく、
いつまでたっても正しいパスワードがわからないのでネット断念。 
う〜ん、いつも宿で翌日以降のプランのディテールを詰めていくのに、
調べものができないのは困るな。 

朝一でシューネフェルト空港からローマへ飛ぶ。2時間弱で着いた。

着いてすぐに30ユーロでローマパスを購入。
これがあればバチカン美術館やコロッセオなど、
主要観光地の何個かが無料だったり半額になったり、
しかもチケット買う為に並ばなくても良い。地下鉄も3日間無料。

今日はバチカンを見て回る予定なので、
空港着いてバチカンへの行き方をインフォで聞くと、
中央駅までバスを出してるからそっから地下鉄に乗り換えろとのこと。

事前の下調べで電車だけでいけると思ってたが間違いらしい。
言われるがままにバスに乗るも怪しいワゴンタイプだ。
_MG_4990
空港のインフォが言ってるし何人も同乗客がいるから怖いことはないだろうけど、
いきなりちょっと不安だよ。
運転も荒かったが無事に中央のカルミナ駅に着いた。

まだ極寒なベルリンと比べてローマは晴れてて暖かく春先のようだ。
いきなり半分車道にはみ出て腹を出してゴロッと寝てるオバサンがいる。
IMG_4055
着いて早々に異文化をどんどん見せつけてくるな。

地下鉄の切符販売機でも、別のオバサンが勝手に買い方を案内してきて、
2ユーロ取られた。こんな手口で攻めてくるとは…油断!

中央駅から地下鉄に乗って、バチカン美術館へ向かう。
IMG_4056
重厚なこの壁の向こうがバチカン市国か。

14時くらいに美術館入ったけど、そこそこ混んでる程度。
オフシーズンだからかな?

_MG_4996

_MG_5007

_MG_5013

_MG_5017
さすがにゴシック美術もデカくて質高いのが多いし、
オエエエってなるハイレベル宗教絵画の量。

そんな中、こんな作品も発見。
_MG_5020

_MG_5023

_MG_5022
18世紀前半の作品か。
月だけじゃなくて木星とか土星とか彗星などの天体が
そこそそのディティールをもって描かれていた。

_MG_5030
タペストリーの間に

_MG_5032

_MG_5038
地図の間。

そしてラファエロのアテナイの学堂を含む壁画群もその場でみるとさすがに感動だ。

_MG_5065

_MG_5050

_MG_5063


_MG_5051

_MG_5057

_MG_5059

_MG_5058
下の像の描写はややユルい。

意外だったのが、近代のコレクションゾーンがあって、
宗教をテーマにした作品が並んでいた。
_MG_5103

_MG_5109

_MG_5111

_MG_5112
モランディや、ダリ、ボテロなど。ボテロはちょっと笑う。

それにマティスの礼拝堂の下絵群が大規模で!
_MG_5080

_MG_5084

_MG_5090

 
この先のミケランジェロのシスティーナ礼拝堂は圧倒的でもう言葉も無い。
礼拝堂は撮影不可。

_MG_5128
中庭。
これはさすがに他の古典美術館とは全く佇まいが違うなあ。
美術館っつーかキリスト教美術本拠地の宝殿だもんな。
まず場全体のパンチ力の重みが違う。
それに、古典イタリア美術の堂々とした存在感たるや。

すでに頭痛がしているが、
美術館隣の超でかい立派な建築のサンピエトロ大聖堂へ移動する。
_MG_5136

_MG_5137
夜に何か始まるんだろうか?椅子がたくさん並んでいた。
閉館間際なので、残念ながらクーポラにはもう登れず遠目に形だけ拝見して、
聖堂内部に入る。
_MG_5139
いきなりピエタに…
_MG_5142

_MG_5148
この圧倒的スケール感…。

極めつけはベルニーニの司教座と天蓋。
突然明るくライトアップされてギラギラ見える!
IMG_4069

_MG_5151

_MG_5152
なんじゃこりゃあ。
これがカトリック総本山か。
キリスト教美術の本気はこちらを茫然とさせる。
人間の造形レベルの限界値を浴び続けておかしくなるわ。

いろいろ見て回って来たけど、
コツコツ勉強してきた美術の歴史には、
こんなにも凄まじいスケールと技術と精神性を持った作品が堂々と存在するのだね…
と今さら何をアホの如く実感しとるんじゃって感じだよ。
全盛期のカトリックの力と美術の力に色々な種類のショックを受けた。

すっかりヘトへト。
日が落ちて、すぐ近くの予約してたホステルに向かう。
どうも普通のアパートの中らしい。
チャイムを鳴らしても反応が無いので、電話をかけてみる。
出ない。あれ…どうなってんの!?
しつこく何度もかけてみると、オッサンがでた。
超カタコト英語で「今向かってるから!」って切られた。

しばらくしてオッサンは現れた。
いかにもイタリア人な、愛想のいいオッサンだ。
オッサンというか、おじいちゃんだ。ジョージという名らしい。 

アパートの中に入ると、
ユースホステルというよりはジョージの部屋貸しって感じだった。
部屋に入って一息ついてると、
隣の部屋からはジョージのお年寄り特有の呼吸音が常に聞こえる…

これがイタリアのユースホステルスタイルなのだろうか。
初ホステルのY子に誤解されないように、これは異例だと説明する。
wifi来てるし安いからイイんだけどさ。 
…イタリア、今までの国よりクセものだな。 

ニューヨーク後すぐに、
日本に置き去りにしてきたY子がベルリンにやって来た。

真剣に美術をやればやるほど、
恋人、結婚などの方面がややこしくなりがちだが、
僕の場合は常に美術を最優先しなければ恋人などできないどころか
ゴミクズ人間なのでいろいろ割り切ることを心がけている。

かと言って、こっちからY子にさよならするのはイヤだし
いつだって僕の持ち合わせていない良い視点をくれるので、
いつでも土下座できるような態勢だけは整えることを心がけている。

思えばロクに相談もせずにベルリン行きを決めちゃったし、
離れてみるとメールも電話も基本は面倒だし、
こっちは美術に囲まれた夢のベルリン生活で浮かれているし、
さすがに滞在中に捨てられるかもなと覚悟していたが、
なんやかんやありつつも、こっちまで来てもらえてひとまず安心した。

Y子は自分の仕事を持って来てたので割とストイックな一週間。
合い間合い間で軽くベルリン・ハンブルグ観光をしつつ。
ハンブルグではピクサー展をやっていたのでアニメーターのY子には
ちょうど良かった。みきこさん紹介したり。
けんさん夫妻とも一緒に飲んだり。
結果的にけんさんの秘蔵コレクションを見られる貴重な機会となった。

そんで僕は帰国までにできるだけヨーロッパを回りたいので、
次にまわるイタリア、南仏、スペインはY子も一緒に行くことに。

金無い上に順調に円高になってきちゃってるので、2人でももちろん極安のユースホステルだし、
いつもと変わらんペースの鑑賞旅なので、大丈夫なんだろうか。
電車とバスを駆使して、ローマからマドリードまで陸路でゴーだぜ。
 

ところでNYのギャラリー巡りの記事書いてたら
思うフシがあったので
ここについでだから書いておくけど、

学校卒業してそこそこコツコツ作っていて、
自分のウェブサイト作って連絡先載っけてたら、
いろいろ展示のお誘いが来たりする。

「ナントカア〜ト企画の…です。あなたの作品をウェブで拝見してナントカカントカ…」
という始まりで、例えば出展料いくらで若手の展示企画をやりたいとか。
アートSNSにご登録くださいとか。

そういえば遥か昔の学生時代に、道展(北海道の団体公募展)に入選したときにも
いくら払えば(高額)、
美術年鑑にアナタの作品が載るとか、
ナントカっていう批評家の文で新聞に載せてもらえるとか
怪しい電話がかかってきた。
当時は道展図録に出展者連絡先が載っていたからな。

ベルリン滞在中ですらあった。
某有名ナントカ宮殿でのグループ展にぜひご参加ください。
出展料はいくらいくら…と丁寧に日本語で書かれたメールが来るのだ。

もちろんニューヨークにも、「NYでの展示」を夢見る日本人の若者を
誘うことで展示が成立するような貸し画廊がちらほらある。

これらの多くは、
おそらくア〜トのうさんくささの部分をついた話であって 
実際に話にのったって何にもならん場合が多い。 
こういうメールが来るたびに、
ああ〜まだまだナメられてんのかなあと思う。
そして、思ってる以上にそういう業者は多い。
だから美術の信用ってのはなかなか作られないんだろうかとすら思う。

若い人達が本気で美術やりたいと思っててもピュアすぎると
引っかかっちゃたりするので危ない。 
まず、向こうからのお誘いで、
実作品も見ないで甘い言葉をかけてくるのは怪しい。

ニューヨークとかに振り回されず、その相手側のサイトデザインとか
取り扱いってるものとかを冷静に見て判断すべし。 
現地でギャラリー巡りすればわかるが、
そのようなギャラリーのレベルは微妙で、
微妙なレベルのギャラリーって、ごっそりある。

できるだけ調べてそれでも納得できるなら良いんだけど、
自分はそういうのはイヤです。

朝。ストームは過ぎ去ったようで晴れている。
雪が積もっている。やはり除雪車なども出動している。

ハンパに暖かいので、雪がベシャベシャになってて歩くと靴が濡れる。
これは嫌だなあと思いながらチェルシーのギャラリー巡りを少し。
どうも雪の影響で開けてないギャラリーが多数っぽい。
ガゴシアンのバスキアは無事に拝めた。美術館展示レベルの作品数だったので、
そこそこ見応えがあった。

特別グッとくるペインティングには出会えなかったけど、
マシューマークスのダレンアーモンドの月の光の写真作品と、
IMG_4002

Luhring AugustineでRagnar Kjartansson、
IMG_3997
マルチスクリーンの映像作品が良かった。

最後にもう一度MOMAへ。INVENTING ABSTRACTIONを見おさめる。
心奪われたので重い図録をその場のテンションで購入。
きっと帰ってアマゾンで買った方が合理的なのだろうが、
そういうことじゃねえんだ。ここで背負って帰りてえのよ。

最後マティス部屋にもごあいさつをして空港へ。
夕暮れの中の遠くの摩天楼の姿…おおさらば刺激的なNY。
IMG_4003

次はいつ来れるのか。なんとか定期的に来たいなあ。
 
帰りのフライトはベルリンへ直通8時間。
たった8時間。そこそこ美味い機内食を食べて寝てたら着いた。
早い。早いし安いし…さすが「欧米」ってくくれる近さだ。
この感覚も体感してみたかったんだ。

こちらの世界地図では、当然ヨーロッパが真ん中にあって大西洋が分割されてないので、
まさに移動の距離感もそういう感覚。
こちらの世界地図では、日本は右の端っこにある。遠いジパングだ。

アメリカ西海岸からだと、日本は近いと思われてるんだろうかなあ。 

ちなみにこれが今回の移動スケール。
青枠で北海道と比較して見ました。赤点は訪問都市。
アメリカ北海道
ニューヨークが北見付近だとすれば、
フィラデルフィアは帯広付近、
ワシントンD.C.は函館付近 って感じになる。
ピッツバーグはけっこう離れてるな。
さすがにアメリカは大きいわ。 

今日はオススメされたディア・ビーコンに向かう。
朝、ホステルのロビー情報によるとどうも今日は天気が悪いらしい。
あまり気にせずにグランドセントラル駅へ。
駅が立派!天井が星座でなんかロマンティックだし!
とテンションが上がりながらホントに間違えずに乗れるのかはいつも不安だ。

でもさすがにチケット買えるくらいのやりとりは英語でできるようになったので、
窓口で聞けばだいたい大丈夫。
Getaway Packageという往復チケットと美術館チケットがセットになってるのが
窓口で買えた。ホーム番号も聞いたしバッチリ。
_MG_4960
メトロノースに乗って約90分。
この電車はハドソン川沿いをずっと走ると聞き、
車窓からの田舎の風景を満喫しようと期待するも、
雪で真っ白だし遠くも見えん…ずーっと、 川しか見えん。これは残念!
IMG_3956

_MG_4967
モヤに消える橋もキレイだけど、晴れてる風景がみたかったよなあ…。 

着いたビーコンは小さな駅。
_MG_4971

駅を出てすぐ、ディアビーコン行きの看板の示す方向が曖昧だけど、
道の数が少ないし10分ほど坂を登ればすぐ見えてくるので迷わなかった。
_MG_4972
奥の巨大な建物がディアビーコンだ。

入り口でチケット見せたら、
「ストームが来るので今日は14時で閉館です」だって笑
2時間しか鑑賞できねー!そして帰り大丈夫なのか!?
まあ不安になったところでどうしよもないので一回そのことは忘れてみる。

ここも撮影不可なのが残念。
ナビスコの工場を改造した美術館とのことで、
展示室に入った瞬間、「うわあ〜」て声が出てしまった。 

ミニマルの巨匠を中心にめちゃくちゃデカい作品がめちゃくちゃデカいスペースで
ゆったりと展示されていた。 セラのアホみたいにデカいのもここでした。
こんなスペース見た事ねえっす。

特にウォーホルの影ペインティングが数十枚並ぶ部屋、
ソルルウィットのウォールドローイングの部屋、
リヒターのミラー部屋、ロバートライマンの部屋、
河原温のデイトペインティングの部屋は、
絵画の事を考える上でも重要な部屋構成でひっくり返りそうになった。

それぞれがそれぞれの絵画の極北的表現なんだ。
極北なんだけれども感覚を震わせる豊かさが確かにある。
この豊かさをギリギリのラインで抽出できていることに感動するというか。

僕も、今度誰かがNYに美術鑑賞に行く時は、
こことフィラデルフィアをセットで巡ることをゴリ押ししよう。

その他チェンバレンやらイミ・クノーベルなど
とにかくすべての作家の展示スケールがデカくて、
作家としてこんな展示できるなんて至福だろうなあ、
でもこの空間成立させるとか相当辛そうだし予算とか一体どうなってんだ
など余計な事まで考えてしまう規模。

14時ギリギリまで鑑賞し、雪を浴びつつ駅へ。
電車は普通に動いていてNYにあっさり戻って来れた。良かった。

金曜の夕方はMOMAの無料解放タイムなので少し再訪する。
IMG_3985
こんな天気でもさすがに混んでる。

今日もギャラリーのオープニングがあるらしくまたかずえさんと待ち合わせ。
ベルリンでのかずえさんの異常なフットワークを思い出す。
しかしこれまたストームの影響でオープニング中止が連発。
ペインターのみほさんとも合流し、
チェルシーのイタリアンレストランで雪景色を眺めながら最後の夕食。

札幌の冬の降雪に比べるとストームってほどでもないのだけど、
NY的にはかなり多いようだ。
日本の豪雪地帯は異常なんだな。
あの雪で190万人都市が成立してる札幌はやはりミラクル…。

IMG_3992
ホステルからの光景。あーあ除雪車が入ってるわ。
明日帰るのに飛行機飛ぶんだろうか。 

4日目。まずはクイーンズのPS1へ。
_MG_4933
撮影不可。撮影できない美術館もけっこうあるなあ。
ここも以前来た時はまだ仮設っぽい場所もあったけど
かなり立派になってた。
もう同世代80年代生まれの作家の作品なども積極的に展示しており
作品の内容はピンキリとは言えやや凹んだけれど、
現在進行形な感じがしておもしろい。
Jeff Elrodという作家の絵画が気になった。

夕方からは昨日に続いてかずえさんと待ち合わせ、
ガイドしてもらうことに。
NEW MUSEUM初訪問。まわりの雰囲気からなかなか浮いてる存在感。
_MG_4941
展示室半分閉まっててちょっと拍子抜け残念。

Neue Gararieにウィーン分離派の良質コレクションがあるとのことで
寄ってみる。クリムトとシーレの良作を堪能。

さらにホイットニーの企画をサクッとのぞき、
_MG_4927

そこからすぐ近くの
マディソンアベニュー側のガゴシアンも初訪問。

さすがガゴシアンてな感じの巨匠並びで
良いポルケやアルバート・オーレン、
ブライス・マーデンなどに恵まれたのだけど、

一番ビックリしたのがジェフクーンズの新作ペインティング。
制作に3年くらいかけてるフォトリアリズム系のアレなんだけれど、
コラージュの元画像にデジタルノイズがチラチラと入っていて、
そのチラチラまで超絶な細かい描写で完全に描き切っている…。 

一体何人の描写職人が携わってるんだろう。 
同じ絵画でも自分からは遠い表現、それでも興味深い。
デジタル写真、CG、解像度という考え方が現れた後の絵画表現の
ひとつの可能性だなあ。
よろずのビジュアルイメージは、描いちゃえば絵画に取り込む事ができるし、
そこで絵画への落とし込みを突き詰めれば(それが難しいのだけど)
その都度絵画の不思議さを新鮮に感じられる。
不動の絵画のメディア特性。

夜になりチェルシーのギャラリーのいくつかがオープニング。
寒いけど凄い人の量だ。
Andrea RosenでAaron Bobrowの展示(微妙だった)からスタートし
Gladstone Galleryでボエッティなど。
ボエッティ故人だが今年はやたらプッシュされてんな。
やっぱビジュアルに落とすセンスガンガン感じる。
あとめっちゃ作品多い…。
あとモデルみたいなお客さんいっぱいいるわ。

ここでもビックリしたのがガゴシアン、
バスキア個展のオープニングだったのだけどもの凄い長蛇の列!!
IMG_3940
この寒い冬のギャラリーのオープニングに、こんなに人が並ぶのか…しかもバスキア!? 
結局バスキアは入れそうにないので他にも数件をまわったけど、
あんまりピンと来る展示なかったなあ。

ギャラリー巡りって短期の旅行でピンポイントに来ても時の運なので、
そこはやっぱり現地に住んで見られるのはうらやましい。
自分に合いそうなギャラリーを探す目的を強くもって
時を改めてがっつり調べてじっくり回った方が良い気もするなあ。
そんくらい腰を据えないとすぐ疲れちゃうし、
面白くない作品にヤラれるケースも多いし。

あと、前回来た時はとにかくギャラリーの多さにびびってあれもこれも回ったけど
今回はかずえさんがいるのでちゃんとしたギャラリーをポンポン回る事ができた。

NYのチェルシーと言っても、変なギャラリーの方が多いからな。
今度それについても書いておこう。

かずえさんの同居人のコンテンポラリージュエリーデザイナーの方と
音楽ライブをみて晩ご飯を食べて終了。
情報量が多かった…さすがに頭が疲れる。 

NY3日目は自然史博物館へ。

IMG_3898
途中、消火栓から水がもの凄い勢いで道路に飛び出していたが、
いったい何なのだろう…。

これまた6年前の話。ここに閉館ギリギリに向かい間違った地下鉄に乗ってしまい
さらに時間が無くなったのでティラノサウルスの化石と宇宙柄のTシャツを買って
終わったという苦い思い出がある。 

おそらく誰でもびっくりするであろう剥製ジオラマの数々にまんまとヤラれる。
杉本博司さんのシリーズでも有名なあれこれだ。 
寄贈者の名前も書かれてる。
IMG_3901

IMG_3909

IMG_3911
何故かゴリラに両手を拡げるひと。

いやあこんなの並べられたら参っちゃうな。
デカいし、光の当て方なんかもま〜よくできてる。
そして背景画のクオリティが高い。
ドイツのミニチュアワンダーランドなどは背景が下手すぎて悲しくなるのだが… 。

そしてさらにこれを生きてるように撮る杉本さんの技術力が凄いという
きっと知ってる人は誰でも思うような感想。

ジオラマの数が多すぎて思いのほか時間を取られてしまったので
駆け足で見るハメになったけど、めっちゃおもしろい。
_MG_4877

_MG_4879

_MG_4891

_MG_4901

_MG_4924

_MG_4913
民族のコーナーにはアイヌ文化の
紹介もあって思わず足が止まる。

ベルリンの自然史博物館と比べると、
ベルリンの方はより学術的という印象で、
こっちはビジュアルインパクトを大事にしてる印象。
まともに見たらここも丸一日必要だ…。


 セントラルパークを歩き、フリックコレクションへ。
IMG_3918

_MG_4668

バーンズに続く邸宅系美術館。撮影不可。
バーンズ程のデカさではないけど、
やっぱデカいよ…家の中に庭あるしどうなってんだよ。

フェルメール3点、レンブラント等なにげに良作揃い。
中でもアングルの「ドーソンヴィル伯爵夫人の肖像」、
色っぽく描きすぎてて怖い。わざわざ後ろに鏡を設定して、
うなじから背中にかけての描写もしてしまうあたり
そうとうモデルに惚れ込んでる。 

次は歩いてグッゲンハイムへ。撮影不可。
_MG_4930
6年前は外壁の改装中だったので、白いグッゲンハイムを初めて見た。
ちょうど具体展の搬入中だったので、
一部のスペースで地味な展示構成をしてただけなんだけど、
その中の1つ、Zarinaの個展が思いのほか良い展示。
全然知らなかったし、
凄くシンプルなドローイングの作家。イメージの出所が不思議だし、
紙にポチポチ穴開けたり、抽象的な木版だったり、
なんか魅力的だ。
調べて見たらインドの女性作家で
もうかなりお婆ちゃんらしい。2011年のベネチアビエンナーレ参加もしてるんだな。


夜はベルリンのレジデンスで知り合ってお世話になったかずえさんと再会。
おいしい韓国料理を食べながら情報交換。
かずえさんはHodges Jim(ジム・ホッジズ?)の制作アシスタントもしていて、
トップレベルの作家との身近なやりとりの話が非常に興味深い。
もの凄く物腰が柔らかいらしい…
当り前だけどいろんなパターンのトップレベルがいるもんだ…

さらに安部さんとも合流、
オシャレなバーに連れて行ってもらう。
IMG_3929
安部さんの洞察力というか、世界を
どんな風に見ているかが話から伝わってくる感じは
ベルリンでお会いした時もヒシヒシと伝わって来たけれど、
やっぱりうーんと唸らされる。
今度ガゴシアンのグループ展にも作品が出展されるとか…ひええ。

がっつしNYで活動してる日本の作家さんの話をNYで聞ける有り難さ。
非常に気が引き締まる。

そして2人から、NYまで来たなら絶対にディア・ビーコンに行った方が良いとの
情報をいただく。ありがたやありがたや…! 
宿に帰って行き方の詳細や開館時間をみると、
おお明後日行けそうだ!!ほほほ〜ついにアメリカで電車に乗れる。 

ニューヨーク2日目。メトロポリタン美術館へ。
NYは主要美術館の休館日が何件かズレているのでブランク日が出なくて助かる。 
_MG_4925
前回、MOMA以上に感動したのが実はメトロポリタン。
古今東西、古典から現代まで何もかも揃ってる超巨大美術館、
エジプトの神殿そのものまであるので、
IMG_3879
ぶ、文化略奪…?と驚いたもんだ。 
戦後の絵画コレクションも良いのが揃ってる。

こちらも6年前と比べると基本はそのままだけど
ちょこちょこと展示室の雰囲気が変わってるんだな。
なんとなく現代的な(ホワイトキューブに近い?)見せ方になってる気がする。

マティスの企画展が数部屋使って開催されていて、
これ以前わざわざコペンハーゲンまで見に行った企画の巡回!がーん。
何度でも見れるのは良いことだし、コペンハーゲンは空いててみやすかったし、
展示構成の差を勉強できるし…とポジティブシンキング。

ブラックの後期作品、この見た事無い絵がめちゃ気になった。 
IMG_3881

_MG_4699


日本美術ゾーン、前回は改装中で見れなかった。
質高い。企画で鳥ばっかだった。俵屋宗達すげえ。

鳥ばっか古美術ばっかの中に、ビカビカのシカが。
これが噂に聞いていた名和晃平さんがコレクションされたってやつか。
IMG_3891
でもなんかこれ1つだけ現代美術なので、浮いていた。 

現代ゾーンはデカい顔がいっぱいあった。すげーアメリカっぽい。
IMG_3886
顔ばっか並んでると、如実に描き方の差が比較できるのでわかりやすいっっちゃわかりやすい。
実際は間にホックニー等も隠れてたり、向かいの壁は抽象だったりするが。

_MG_4718
テリー・ウィンタースとか。これは90年代ものだが最近の作風の方が好み。


IMG_3883

_MG_4726
マークタンジーの牛の絵が良い。

奥のカプーアの作品で目眩がする。
_MG_4749

_MG_4760

IMG_3888
ウォーホルもう1つ。各パネルがけっこうガタガタで隙間があんのよね。

_MG_4791
ドガの踊り子彫刻群にもまた驚く。


古典はわりと流し見してもやっぱり丸一日かかった。
_MG_4819

_MG_4818

_MG_4820
フェルメールの最も不気味な作品もあり。

_MG_4841
ダヴィッドのソクラテスの死はダヴィッドの中では良いと思える作品。

 本当に凄まじい広さだし、2回目なので全体的にコメントは省略気味で…。 

チェルシーから歩いてとりあえずMOMAへ向かう。
なかなか寒い朝だけど、歩きたかったのマンハッタン。
_MG_4379

_MG_4380

_MG_4381

IMG_3859

子供の頃、「ニューヨークに行きたいかー!」という
某巨大クイズ番組があった。毎回楽しみにしていた。
あれがNYに行きたいと思わせる初期衝動だったに違いない。
あれを見てたか否かでアメリカに対する意識はだいぶ変わるんでないか。
自由の女神には行ってないし今回も行かないけど…。

しかしまさか2回目、しかも美術目的で来る事になるとはな。 

_MG_4384
MOMA。

_MG_4387
あら、インフォメーションの上にクリストファー・ウールのイケてる抽象!
ウール作品もだいぶ見たなあ。やっぱりこの抽象シリーズがかなりいい。

6年前のMOMAは改築後まもなかったので
各方面からの展示構成の悪評を聞いたが、それでも初めてだったので驚きの連続だった。

あの時マティスの部屋に感動しすぎて自分の絵画観が変わって修論もマティスを書いて
今もマティス作品は1つでも多くみておこうといろいろ回ってるのだ。

_MG_4430

今回はそのマティス部屋に、ダンス1も移動していたし
(前回はハズレの階段のとこに高く架けられていてとても遠くて見ずらかった)、
_MG_4432


_MG_4434

_MG_4435

_MG_4436
念願のピアノレッスンもあったので大満足。
しかも隣の部屋ではムンクの小企画をやっており、俺得ゾーン…。
マティスとムンクは同時代だし、薄塗り基本の装飾的バランスに共通したニオイがある。
でも表と裏みたいな。南と北、人格者と狂人、みたいな。

あとモンドリアンの部屋、モンドリアンも各地で見て来たが
MOMAだけがガラスに入れない剥き出し展示をしてて見やすい。
_MG_4488

_MG_4495

_MG_4496

ブロードウェイブギウギ、やっぱステキだ。

その他前回との比較で少し思った事をちらりとメモ。
全体的に前回よりも流れが良い気がする。
60年代以降は今も細かく並びを組み替えているんだな。
_MG_4547

_MG_4553

ポップの後に、FRPとか新素材使った系のアメリカ西海岸ムーブメントの部屋があったり、
_MG_4560

ボイスからポルケあたりのドイツ部屋などがあったり。パレルモの作品も。
_MG_4563

_MG_4580
ポルケはなんかスパイダーマンの微妙な作品が展示されててやや残念。

ただ、60年代以降は作品に必要なスペースもデカくなってるので、
すでにこの部屋数ではフォローしきれていないような感じもした。

2階が現代の部屋だけど、
_MG_4397
今回のラインナップはサーレ、ロンゴ、G&G、
など80年代つまみ食いと、ドイツ・ケルン周辺に限った部屋など。
わざわざドイツから来てドイツ部屋を見せられるとなんとなく損な気が。
_MG_4392
アルバート・オーレンのこれはなかなか。

あとはマシューバーニーの微妙な小作や、
すでにいろんなトコで同じ様なインスタレーションを見て
割と飽きちゃったティスマンスのいつものやつなどが並ぶ。うーん。 

小泉明郎さんの展示ゾーンがあって、すげえなあ…て思った。
_MG_4417
作品もおもしろいし。
 

上階の企画展示は撮影不可なので入り口だけ。
まずTOKYO展。
_MG_4423
ユニクロが協賛企業になってるのか。
かなり詰め込んだ展示で疲れる。作品ラインナップはおもしろく
この中身だともっと広い空間が必要と思う。

それよりも個人的に超ヒットだったのだその隣の部屋でやってた
INVENTING ABSTRACTION1910-1925という展示! 
_MG_4420
渋い抽象画がメインで、ピカソの分析的キュビズムをスタートとして
画面内の色面形態がザクザク分裂しまくってる絵画ばっかり
ズラリと並んでいて思わず笑ってしまうほどのマニアックな内容。

この絞ったテーマのしつこさがすごく丁寧で企画展の意味を思い知る。
時代的には第一次世界大戦を挟んでいる時期だけど、
そういう時にエッジが効いてやたら分割線が多い抽象を描いてる画家達が
こんなにもいたんだという、別視点ての時代の証明になっているのも面白い。
別視点って例えば飛行機などの速度や空気を切るエネルギーとか、化学兵器の登場とか、
人が扱うスケール感の変化など決してそれらを直接テーマにしているわけではないのだろうけど、
個人の感覚レベルでリンクしちゃってるように見える。

個別の作家ではクプカやドローネーの他にもDavid bomberg、Vanessa Bell、
Ivan Klium、Georges Vantongertooなどグッときた。

あと、この時期のデュシャンの絵画はやはり出来が良い。
フィラデルフィアでは見れなかった回転マシーンもこっちで見れた。

展示は実験音楽や演劇の映像等も交えながら
レジェやピカビア、ロシアアバンギャルド、
デステイルと流れて行って抽象アニメーションあたりで締め。
いやあ参った。
同時期のピカソやマティスは最後まで抽象を選ばなかったし
だから最初のピカソ以外は展示の中には組み込まれていないけれど
そのパラレルな感じも脳においておかねば。 

2013年にまさに色面ザクザクで地味な抽象をやってる自分にとっては
なんというか勇気の湧く内容な反面、さあ今地味抽象やってどうすんべ、
というプレッシャーも同時に感じる。
図録もあります↓
 

 夜はDCに続き2度目の伊藤先生達と飲みアゲイン。
待ち合わせ場所までまた歩く。夜の中心部はモニタだらけで明るすぎ。
_MG_4659

_MG_4662

_MG_4667
黒いゴミ袋の山も懐かしい。

先生達は明日日本に帰国との事。
アメリカらしい肉をほおばりつつ、ここ数日の情報交換いろいろ。
あとは先生の2012年の活動が活発すぎて気になっていたので
作品の話をいろいろ聞きまくった。 

昨日ブライアンに教えてもらった自由の鐘、
実は泊まってるホステルのすぐ近くにあったので、
朝一で行ってみる。
_MG_4327

_MG_4329
これがかの有名な。(全く知らなかった)
アメリカ史に精通してない人には
ピンと来ないモニュメントなのではなかろうか。
せっかく見たのであとで調べておこう…

さて、バーンズ財団コレクションへ。
フィラデルフィア美術館のすぐ近くだ。
_MG_4331
もともと郊外の邸宅だったらしく、
その邸宅ごと再現して最近リニューアルしてこの場所に移転したようだ。

本当は事前予約が必要な美術館なのだけど
本日第一日曜は、朝一で並べば予約無ししかも無料で入場できるとウェブサイトに書いてあった。
それならもちろん今日を狙って開館時間にゴー。 

受付にはすでに結構な人。入場時間は決められていて午後からのチケットを貰えたので、
それまで隣のロダン美術館をチラ見する。
_MG_4333

_MG_4342

_MG_4336
ロダンのエロい彫刻は良いな!


ロダン美術館はすぐ見終われる規模だったのでフィラデルフィア美術館も再チラ見。
_MG_4306
これ、ムンク。

_MG_4295
別館にはトゥオンブリの彫刻数点の展示。
それに今日はブライアンがいなかったので落ち着いてみれたデュシャンだった。
 

時間になったので再度バーンズコレクションへ。
撮影不可ですがひたすら後期印象派近辺の名作祭り!!素晴らしい。

最初の部屋からピカソマティスセザンヌスーラの傑作がドンドンドン。 
邸宅ってことで、名作が部屋の壁中にビッシリみたいなアメージングっぷり。
バーンズさん、度を超えて買い過ぎだし、しかも審美眼すごい。
誰かアドバイザーがいたのだろうか。
超一流コレクターって、どういう世界観の中で生きているのだ。

セザンヌのドクロ入り静物にも感動したが、
何よりここで見たかったのはやはりマティス。 
「生きる喜び」がここにある。
2階の真ん中にあるのだけど、ひたすら素晴らしくて泣けるよ。
同じ人間から、どうしてこんなタイプのユートピアな絵画が生み出されるのかと。
ユートピア絵画でありつつ空間は結構メチャメチャになっててわけわからん。
ところでゴーギャンの遺作を念頭に置いて制作したのだろうか。
画面構成は違えど、その舞台に共通性を感じるような。
真逆のオーラだけど。

「生きる喜び」と対面するように、吹き抜け越しに巨大な「ダンス」も配置されてるので
マティス好きには鳥肌もの!必見。
高い位置に設置された動感のある美しい作品。
マチスのタブローの中では相当ハードエッジな部類に入るが
固さは感じない。
パリでこれの別バージョンと下絵もみているが、
どれも人物と色彩のパターンを組み直していて、
このシンプルに見えるバランスの葛藤が感動するよなあ。

「ピアノレッスン」のより具象的なバージョンもあり。

お腹いっぱい。ここからさらにNYだ。
いや〜なんだかんだアメリカは強い。濃すぎる。

街の中のチャイナバス乗り場へ。旧乗り場は閉鎖されており焦ったが
すぐ近くに新しい複合バスターミナルがあった。
ここから約2時間、NYへ戻る。

NYでのホステルはチェルシーのガゴシアンから徒歩1分のナイスロケーション。
2人部屋が当たって、I♡NYのキャップを被ってる黒人のオッサンが相部屋だった。
そして弱々しく「オレ…いびき凄いんだゴメン。薬飲んだから。明日部屋移動するから」
と言われた。めちゃ良い人だけれども、不安だ。
先に言われたら、オッケーノープロブレムとしか言えん。

そしてこのイビキが過去最高に恐ろしい爆音で、グガーグガーっていうより、
ブオオオオオオオオ
ブオオオオオオオオ
ブオオ、ブッ!って、一瞬止まるのが怖い。 
おっさんが下のベッドなので下から突き上げてくる音でベッドが振動する。 
本当に薬飲んだのか!?寝れるわけねーだろ!

過去にも何度かホステルではイビキに悩まされたが
今回は戦闘力のケタが違う。
困り果てた挙げ句、iPodをカバンから取り出して、
音量最高にして大黒さんのアンビエントでイビキを誤摩化すのがファイナルアンサー。
奇跡的に寝れた。札幌の方角を向いて大黒さんに感謝した。 

今回のアメリカのメイン目的の1つは、
フィラデルフィア美術館でのデュシャン巡礼だ。
ベニスやドクメンタに行く現代美術ファンの多さに比べて、
フィラデルフィアまでデュシャンをまとめて見にくる人は少ないのではないか。
現代美術のスタート地点として規定されることもあるのに、泉の写真だけみて判断するわけにはいかん。
情報拡散まで美術に取り入れてるデュシャンに惑わされないためには、
本人の遺志で作品を一堂に集めたここを体感するのが一番だ。

で、旅の直前に発覚したのだけど、
昨日まで展示替えのせいでそのデュシャンの部屋が閉鎖されていて
急遽都市巡りの順序を変更したり無理やり調整をしたのだった。

宿からすぐ近くのバスターミナルからバスでフィラデルフィア美術館へ。
_MG_4077

_MG_4079
ワシントンD.Cもそうだったけど、広い。道幅も広いし、街のスペースの取り方が広い。

_MG_4080
見えて来た。う〜ん、デカい。茶色い。

IMG_3790
ロッキーで有名らしく(見てないけど)、ロッキー像があり、
客も階段でロッキーのポーズをしてるフィラデルフィア美術館。

最初にビビるのはどこか見覚えのある巨大シャガール…
_MG_4294
これは青森県立美術館のアレコホールの連作の残り1枚じゃないか。
ここにあったのかー良いですな。
しかしこのスペースにしか飾れなかった感が満載だ。
むしろ展示室に入りきってる青森が凄い。

目的はデュシャンと決めてるので、他でも沢山見た古典ブースはサラッと…
と覚悟して来たが、サラッと見るにしてもボリュームがありすぎる。
_MG_4255

_MG_4256

_MG_4257

_MG_4272

_MG_4277
こういった部屋もたくさんある。

_MG_4283
気になるティツィアーノ。顔半分、画面半分が透明のカーテンで覆われてる。
誰のどういう状況なのか調べなきゃわからんが、それ抜きにしてもこれはヤバいな。
見る枚数を重ねるほど、ティツィさんが好きになる。
絵画自体の構造を検証してるようなアプローチが多々見受けられるので。

だいぶ端折ったけどかなり充実しとる。

目玉作品の1つで、見たかったセザンヌの大水浴図があるはずの立派な専用壁では、
なんとルノアールの水浴絵画にすり替わっていた(笑)
_MG_4246
確かに同じ水浴ではあるけれどこの絵、かなり微妙じゃない!?
…いや、実際僕はルノアールに全然反応できてないのだ。
これはこれで描いた本人も傑作と言ってるような作品らしい。
あまたの国の印象派コーナーでも、ルノアールはガツンと入って来ない。

まあとにかくセザンヌは一体どこに貸しているんでしょう…がっくり。

ここも現代ブースが目立って良質だった。
_MG_4083

_MG_4086
これはケリーの初期絵画の部屋。

_MG_4097
スカリーのデカい部屋、

_MG_4174

_MG_4182
ちょっとギュウギュウだけどトゥオンブリの傑作部屋。

_MG_4212
ジョーンズもラウシェンバーグも中期のハイクオリティなのが普通にならんでる。

_MG_4233
マティスのオーラな絵画(画像は拡大図)もここだったのか。 


そしていよいよ、一番奥のほうにあるデュシャン部屋だ。
_MG_4122
ホントは2部屋あるのに今は片方しか空いておらず
しかも半分はジャスパージョーンズの作品っていう
イレギュラーバージョンの展示。
これはこれでレアだし比較もおもしろいのだけれど
レディメイドが少ない(便器も無い)、回転板も無い、
階段を下りる裸婦2まで無いのがちょっと残念!
だいたいのレディメイドは他の美術館でも見たからいいんだけど、
やっぱり一気に並んでる展示が見たかったな〜。

とは言え、真ん中で堂々としている大ガラスにすぐに心が奪われた。
_MG_4101

ストックホルムで見たレプリカと全然違うし!
あれはやっぱ微妙な出来だったのか。

細部をたくさん観察してみる。
_MG_4166

_MG_4103

_MG_4104

_MG_4106

_MG_4102

_MG_4163


_MG_4107

裏も。裏なんてまったくレプリカと違う。
_MG_4124

_MG_4123

_MG_4125

_MG_4126

_MG_4127

_MG_4128

_MG_4129

_MG_4130

_MG_4131

_MG_4361

_MG_4354


_MG_4136

パーツ毎の質感も違うしフレームもメタリックでカッコ良い。
そもそも質感含めた全体の構成から、
デュシャンの造形センスレベルの高さをヒシヒシと感じる。

絵画として図像をみたら、下半分は透視図法を使って床面を意識させながら、
ガラスによって面を無効化させようとしている。
上半分は、タイトルと解説を素直に受け取れば「花嫁」となる物体が、
画面上部から吊り下げられた状態を描いてる。天井。つまり上半分と下半分で天地を設定。
が、「花嫁」は下半分にくらべて正面性が強く、ペラッと描かれていて下半分に比べボリュームが不明瞭だ。いや不明瞭というか、僕らの現実とリンクしたサイズ感といえばいいのか。下半分は、画面内で完結するスケール感を持っていて現実とのリンクが上半分ほどではない。
「花嫁」3箇所の四角部分はガラスのまんまで、よりペラッと感が強調されている。
ガラスと構図と自身の解説をうまく使って、上半分と下半分のちぐはぐな空間性を強引に結合させている感じがする。タイトルとグリーンボックスの情報に引っ張られ過ぎると、ついこういう要素を見忘れるので注意がいる。デュシャンはむしろそういう惑わせ方を積極的に取り入れているように思える。

そしてよくもまあうまいことヒビが入っちゃたこと。
後ろからの窓の光がヒビに反射していい感じ。
見れば見る程、異彩を放つ唯一無二の変なモノだ。。

そして奥の部屋に遺作。
_MG_4164
このそっけない奥部屋の怪しい存在感。
お客がいない間に撮っておけ!

_MG_4121

_MG_4109
覗き穴。

_MG_4115

_MG_4114

よ〜く見ると覗き穴と手前のレンガ壁の間に、
透明の保護ガラスが確認できる。
レンガ壁によるフレーミングがよく出来ている。

ポイントは、覗き穴がちゃんと2つ空いてて両目で見れること。
これは…ぜひニンテンドー3DSで遺作体感コンテンツを作っていただきたい。

片目でみるともう少し情報が限定されて見えて来るのだろうが両目でみるので、
目の前に「出来がいいんだか悪いんだかよく解らんけどめちゃ頑張って作った謎のジオラマ」
があるっていうリアリティがもの凄い(笑)
実はもっともっと幻想的に見えるのかと思っていたんだけれど、
手作り感がとても近くにリアルに感じられる。

もちろん、見える範囲や視点移動の限界値、照明の入念な設定、
それぞれのパーツに対する造形愛などは伝わってくる。
背景の描写の妙な質感、スプレー塗装のような空と雲のボケ感や
ちょっとエルンスト風にも見えるしコラージュぽいペラッと感にも見える森の感じ、
流れる滝の明らかにローテクなキラキラも想像以上に手作りっぽさが…。

これをコソコソ最期の10年以上も作ってたのかと思うと、
デュシャン、あんたは一体何なんだ!という感じ。
死後10年経ってこれが発表されたときの、
リアルタイムの「ええええ!?」感はどんな感じだったんだろう。

遺作の部屋の観客観察も、おもしろい。
覗き穴の存在を知らずに帰っちゃう人、
覗き穴に気付いて、Oh....!と苦笑いする人、
そうだよな覗いて見たらいきなり裸の女が股拡げてるんだからそのリアクションが正しいんだ。
カップルで来て、片方が知ってるようでもう片方の覗いたリアクションを楽しんでる人、
子供に覗かせて、周りの観客が笑ってる光景。など。

そして自分が絵描きだから余計に思うのだろうけれど、
大ガラスと遺作においてはやはり絵描き畑の人の造形物って感じがものすごくした。
それでいて安直に絵画なところには着地したくなかったんだろなあ、と。
大ガラスはまあ絵画と言っていいけど、絵画か否か?みたいな境界論は、じっさい意味無し。

ちなみに、
_MG_4134
同部屋にある最初期のデュシャンの風景画。

_MG_4144
階段を降りる裸婦その1。


今でいうDVD特典メイキング映像的という位置付けと考えれば良いのか、
大ガラスと遺作をベースにしたメイキング作品の残し方も上手い。
_MG_4133

_MG_4161
それに、物として欲しくなる要素満載だし。
グリーンボックスだってまず箱の質感とかデザイン、一つ一つのメモなど存在そのものがアイテムとしてカッコ良いではないか…。

このように過剰に造形的な大ガラスと遺作という2作品を軸に、
デュシャンが残した作品全体の押し引きを
俯瞰して考えられるのがおもしろい。
レディメイドや、それこそ一連の便器作品のスキャンダラスな流れ等も
全体から俯瞰して見た方が味わいがあるように思える。
未来から見た自身の見え方を想定していたのか。

ステレオタイプな「ダダ」!っていうイメージよりは、
考え方を拡張させながら芸術ギリギリを常に提示してたような感じだなあ。
レディメイドっていう手法のイメージが先行しすぎて、
たくさんの誤解が生まれているようにすら思える。

ところでこのデュシャン部屋、一番奥のせいなのか人がまばらで、
監視員がやたら話しかけてくるのでなかなか集中するのがタイヘンだった。
こっちも脳に焼きつけようといつまでも部屋をウロウロしたり
何度もこの部屋に戻って来たりしたので、
向こうもヒマだし興味を持たれたんだろう。
そのうちお互いの自己紹介タイムにまで発展する。
推定60歳くらいの彼の名はブライアンという。
数年前にも日本人で2週間程毎日このデュシャン部屋を取材してた作家が居たという。誰だ。

せっかくフィラデルフィアにいるなら自由の鐘も見て来なさい!と言われた。
最後はガッチリ握手して終わる。何なんだ。

他の部屋の監視員も鼻歌歌うしケータイいじってるし、フリーダムすぎる。

_MG_4210
なぜかトランクの箱は別ブースにありました。
コーネルなどと並べたかったのか。

IMG_3810
日も暮れかけ。
ああ、念願のデュシャン巡礼を達成した。
展示が完全体の時にまた来ないと駄目だな。 

早朝6時にピッツバーグ到着。
ピッツバーグの目的はアンディウォーホル美術館だ。
ここウォーホルの出身地なのだった。
 
しかしDCから一転、ものすごく寒い。
マイナス10度超えの寒さ。 
外を歩く気が起こらない寒さなので、
仕方なくそのまま美術館開館時間までgrayhoundバスターミナルで待機することに。
4時間もここでじっとしてるのか…まあフリーwifiも来ているし電源もちょうだいできる。 

やっと10時になり、徒歩で美術館へ移動。20分弱歩く。寒い!!!
_MG_3905
歩道に生えた煙突から白い煙が。

極寒なウォーホルブリッジを渡る。
_MG_3912
振り向けば、ピッツバーグ市街。

_MG_3910
到着。外見は地味だが、中に入ってみると
実は個人美術館なのに6フロアもあるデかい美術館だった! 
_MG_3911
入り口からテンション上がるも、中はまた撮影不可でした。

不運な事に、中期の巨大ペインティング部屋が丸ごと改装中だったのだけど
他の美術館でもその時期の絵画は結構見ているのでまあ良しとしよう…ガクっ!

それを差し引いても、見応えがある。
超ハイセンスな初期ドローイングから、
銀色のヘリウムバルーンや酸化絵画まで揃っている。
カッコいいし、とことん空虚。
タイムカプセルもあった。

しかもウォーホル以降の関連作家の巨匠レベル作品も実は結構展示されており、
リヒターやポルケもあるし、クーンズ、ウールや、
なぜかハンスフーケ、さらに村上隆2002年の作品なんかまで。
すげー豪華…そしてこれらもまたウォーホルをベースに並んでいるせいか、
他の美術館に比べると、
豪華な作品だらけなのにスカーっとしてて何だか奇妙に思えてくる。

映像も充実していて、
エンパイヤなどの有名な作品からインタビューのアーカイブまでズラリ。すっげー。
とても見きれる量ではないのでチラ見で終えてしまったけど、
ウォーホルがキャンバスに絵具を塗っている映像には
しばらく虜になってしまった。 
オシャレにシンプルなシャツを着たウォーホルがただ黙々と、
筆触を確かめながらペタペタと塗る映像…指なんかも使いながら塗る。
何か見えないアンテナが反応している様な、センスの場だ。
グッと来る…! 

平日の朝っぱらなのでお客さんが全然いないわけだが、
スタッフばっかりやたらいる。しかも若めのスタッフ多い。
大学の研究とかと連携でもしてんのかな。

ちょっと時間があったので、そのスタッフを捕まえて
ピッツバーグの他のアートスポットを聞く。
近くのいくつかのオルタナティブスペースがあるけど内容は微妙との事で
郊外のカーネギー美術館をレコメンドされた。バスでの行き方も教わる。 

まちなかのオルタナスペース2軒ほど回る。
_MG_4075

_MG_4071
確かに微妙だけど規模はデカめ。
さてカーネギー美術館方面へ。バスで15分くらいか。

カーネギー工科大学(ウォーホルの出身大学)が近くにあるので
学生街っぽい街並だ。
_MG_4069



_MG_3924
美術館はやはりデカい。

_MG_3925
ソル・ルウィットのウォールドローイングも、この一連の旅中で何度目撃したことか。
だいたいこんな感じで現代系の美術館のエントランス付近にでかでかと存在してて
良くも悪くもハイセンスな壁紙化しとる。

古典は弱め。近代はそこそこ見応えあり。
_MG_3929

_MG_3932

_MG_3944
ボナールに隠れがちなヴュイヤールもちょこちょこ気になる作品がある。

油断するとこんなのも…これもアメリカ初期のリアルか。
_MG_3951

_MG_3956
こんなキワドいのが収蔵されちゃってるんだ。
自国の試行錯誤の上でのアメリカ絵画ってのはこういう展示見てるとわかるような。

以降だいぶ見慣れた光景。
_MG_3957

_MG_3959

_MG_3964
どうも最近のマイブームか、マザウェルばっか見ちゃう。


おもしろかったのはここからの現代ゾーンで、
_MG_3996

_MG_3997
ジョン・カリンとエリザベス・ペイトンの間にトーマス・シュッテなど。
シュッテは好みじゃないからあんまピックアップしてないけど、
ヨーロッパでもかなりたくさん見た。

_MG_4008

_MG_4012

_MG_4015
杉戸洋の大きくて見応えのある作品も!

_MG_4036
この並びもヤベえ。左からトマ・アブツ、グロッチャン、
デ・カイザー、sergej jensen(セルジュ・ヤンセン?)。

_MG_4017

_MG_4019

_MG_4026
アブツの本物もようやく拝めたな。すっげー面倒くさそうな処理を割と丁寧に
工芸的に処理してる感じ。綿布の布地がわかる薄塗り部分が、
厚塗り部分と意識的に分かれてて、各々の色面やグラデーションが
その色と形で空間の矛盾を起こしてる。
サイズが小さいせいか図録とのギャップは思った程ではないにしろ、
塗ってる感、手仕事性を直接愛でられるサイズ、存在感。
隣には真っ赤で同じ放射構図つながりのグロッチャンだが
グロッチャンのほうが物質感や塗りの特殊テクがだいぶ強くてスペクタクル的。

_MG_4028
こっち側、デカイザーとヤンセンはもう少しささやかな存在感なので地味だ。
地味なままイケてる。アメリカまで来てこういうの見ると凄いヨーロッパの抽象!て感じがするのは
勝手な思い込みか。

_MG_4037


_MG_4038
Vija Celmins ヴィヤ・セルミンズの星ペインティングも。

_MG_4040

_MG_4044
これはクリストファー・ウール。ドリッピングでも硬質な表面か。
側面見ると、これは支持体は固めの木材だ。アルミやらキャンバスやら木材やら紙やら、
満遍なく試してるんだなあ。
…でもちょっとこれは微妙かな笑

_MG_4050
締めはマイク・ケリー。

_MG_4065
逆側のエントランスにもめっちゃデカいウール。
…などなど、いやあ思わずおおおと唸るラインナップだった。
絵画好きにはたまらんな。
ウールはどの現代系美術館に行ってもあるので食傷気味になってきたが。

駅の方までまたバスで戻る。
ピッツバーグに安いユースホステルを見つけられなかったので、
泊まらずにまたバスで移動する。せわしいな。
今度はフィラデルフィアに向かうんだけど、
事前に検索したら電車はちょうど良い時間のが無いので、またバス。
megabusってやつ。こっちはグレイハウンドより適当な感じ。
すべてネット上で手続きして、
専用のバスターミナルもないという格安都市間バスらしい。
大丈夫かなと不安になったが、サイトで指示された場所で待ってたら
ちゃんとバスが来て乗れた。日暮れ前に出発!
こちらもフリーwifiプラス電源までついてて素晴らしいなあ。
素晴らしいけど、なぜか途中の休憩所で3時間も動かず待たされたんだ。
理由は聞き取れなかった…。

そのせいで、フィラデルフィアに着いたのがなんと深夜1時半。
どうやらもう地下鉄も来てないし、
何回深夜の知らねえ街に放置されればいいんだよ…怖ええ。
仕方が無いので駅から恐る恐る宿まで30分以上歩く。寒いし遠いよ。
ただDCでの失敗を元に、
ちゃんと24時間フロントが空いてるホステルを取ったのでばっちりなんとかなった。

 

このページのトップヘ