やまもとのグレーゾーン

札幌の絵描き山本雄基のきまぐれ雑感と日常。

2017年05月

例えば先日ゼルダの世界観にやられたのは、主に時空間表現においてであって、

他の視覚表現に比べて絵画の優位性が残っているとすれば、
その大きな要素の一つが、多次元空間を表現できることだと思っている。

絵画が「終わった」とされる場合の解釈は、
絵画の平面性とは?何が絵画か?といった問いから、
絵画の基底面を禅問答的に追及する意味のみの崩壊である。

つまり絵画に与えられる自由はとっくの前から次の段階に移行している。

映画『メッセージ』を見た。最近見たSF映画の中ではかなりいい感じだったのだが。
ここでの世界観は時間概念の転換を、
映画というタイムラインに縛られざるをえない表現方法を利用した仕掛けによって語るというものだった。
最初見てから、一度は未来予知ということで納得しかけたものの、いや、未来予知という言い方だけでは結局時間に縛られた考え方になるのでそれはおかしい、、、と考え始めて3日間ほど困ったのち、未来のようなもの、過去のようなもの、の同列存在を表現するための視覚表現としては、映画の限界を感じた。
映画全体の構成もそうだし、劇中にでてきたあの言語よりも、
絵画の方が次元の数はもっと多い。
今の所、絵画ほど異なる時間の同時存在を表現出来る視覚メディアは無いだろう。

4月の頭に突然、大きな空き倉庫があるから見学してみないかという話が舞い込んできた。
連絡をくれたのは、去年Think Schoolの講師をした時に生徒さんだった方だ。
スクールで僕のスタジオを公開して、美術家が倉庫の空きをアトリエに使いたいケース及び、
もっと広い場所を希望してることを話したことを気に留めてくれていたようで、
仕事の関係上、空き倉庫の情報をたくさんもっていて今回の倉庫は美術家のスタジオにぴったりと思ったのだそう。

早速見に行ったら、こりゃあデカイ!2フロアで273坪だって。天井高もいい感じだし、
改装すればかなりいい線いくはず。
ということで、シェアスタジオとしての使用を前提として、近い作家数名に声かけ相談することから始めたのだった。 

少し前のブログで、自分は自分の仕事に集中するために他のプロジェクトなどからは距離を置いてるといったことを書いたばかりなのに、シェアスタジオの言いだしっぺになるとは思ってもいなかった。
が、今のスタジオはもう現状狭すぎて、必要制作量に対応できなくなってきている。
こちらの倉庫に移れば、理想の広さになる代わりに、シェアスタジオのリスクを引き受けねばならん。
さあ、どうする。
考えられる問題点は、
お金の管理問題、入退去のトラブル、施工予算、保険、
挙げればキリがない。どんなシェアスタジオでも必ず問題が起きるので、
ある程度先読みした上で運営の基本システムをできるだけ先に構築する必要がある。
その労力を費やす意味はあるか?

決め手その1は、あまりに魅力的な倉庫そのものだ。
場の力がとても良いのだ。いままでいくつかの倉庫を見学してきたけど、段違いでなんでもできそう。

決め手その2は、声かけしてシェアスタジオ発足初期メンバーとして揃った顔ぶれだ。
遠慮せず物言いができる信頼関係、収入が安定していること、札幌拠点の作家として作品制作をしっかりやっていること、
これらの条件を満たしているこころ強い皆さんが、シェアスタジオ構想に前向きになってくれた。

こうなれば、やってみるしかないでしょう。
こう次々に可能要素が揃うことはそうそう無い。きっとそういうタイミングなんだ。

建物を正式に借りるまでもなかなか大変で、2度ほど話が流れそうになった。
それは賃料とブース面積のバランスが取れなかったり、集金係の責任問題、
十分な入居者が集まらないなどが原因で、
都度、集まったメンバーでやりとりをし、解決のためのアイデアを出し合った。

運営システムについては、
まずオーナーとのやりとりや集金関連など管理全般は最初に話を持ってきてくれた方にお願いした。
話を立ち上げてくれた上にここまで面倒みてくれる人、なかなかいないよ。とてもありがたい。
こちらは誠意と熱気と面白さで信頼返しをしなければ。

次に初期メンバーを一つのユニットとして独自の連帯責任制を採用、
運営システムをコントロールするコアメンバー制にすることにした。
この体制をできるだけ長く良好に継続できれば、起こりうるトラブルにもある程度は対応できるはずだ。

どんなことが問題点で、どうすれば解決の可能性があるのかを想定し提案するのは結構難しいのだが、
幸い、コアメンバーは気づきの着眼点がうまくバラけているし、それぞれがいろんな得意分野を持っており、今の所思ったより話し合いがうまくいっている。
それでも、常にトラブルに対して先読みの警戒心が必要だと思う。


建物の芯は、あくまで作家のスタジオがベースだ。
コアメンバーが、運営で負担を背負いすぎると本末転倒なので、
できる範囲で協力して、作品制作のためを最優先にすることを忘れてはならん。

札幌は近年、芸術関連のイベントがめちゃくちゃ増えてそれは良いことなのだが、
腰を据えてちゃんとした質をもった作品制作を基盤とする場があるべきだ。

コアメンバー以外の入居者はいろいろ声かけしているが、期待できる数組が前向きな検討を始めてくれた。実現すればスタジオ機能以外にも、多目的化しておもしろくなりそうだ。
外からの新風を入れるためにイベントスペースも確保したので、
どう使えばいいのかも検討していこう。

というわけで、わずか1カ月ちょいで、話が二転三転しながらも、ものすごいスピードで、
契約が完了してしまった!

さあもう後には引けません。全力で作家力のある場にしていこう。
とりあえず、
各作家のブースわけと、想像するだけで恐ろしい冬の寒さ対策のためのリノベだ。

 20108325_466075713770092_5056861893095965761_n

抽象の力@豊田市美術館。
美術館コレクションによる企画展の枠を超えた、岡崎さんによる近代抽象の見直しとその実証となる内容。無料公開の論文での予習必須。

http://abstract-art-as-impact.org/

岡崎さんの講演。
MOMAのINVENTING ABSTRACTION(2013)にて作られた抽象歴史のサーベイを仮想敵にして近代抽象の起源をフレーベルに設定するということ、
恩寺考四郎、ヒルマクリント、ゾフィアルプ、さらに展示には含まれていないヤクインガルシア、ストゥシェミンスキ、コブロ、、、などを例に挙げながら、
モダニズムは周縁において発生、中心化に対する批判としての抽象ということ、
ここらへんが特に、日本ー札幌という周縁な地で抽象画を描く自身にとっては非常に勇気をいただける内容となっており、はるばる来た甲斐があった。

ちなみに僕は当時INVENTING ABSTRACTIONを現地で鑑賞しており、疑いもなくその面白さに感銘を受けていたのだが、、、
その西洋の大国中心の設定における取りこぼしを指摘し問い詰める岡崎さんの姿勢、知的な裏付けには、尊敬と嫉妬が入り混じる。すげーっす。

開場前から講堂前には行列ができ、一瞬で満席になってしまった。
話についていくだけでも大変な情報量の岡崎さんの抽象の講義にこれだけの人が集まるとは。
僕が抽象絵画に取り組み始めた15年くらい前は、抽象絵画の扱われ方って少なくとも体感的にはとても細々としたモンだったと思うんだが、今はちょっと違うんだなあ。
シュタイナーによるヒルマへの悪影響、およびヒルマからシュタイナーへの良影響という皮肉をスライドで指摘する場面などでは会場から笑いが起きていたりして、 リテラシー高め。

講演後のエントランスに愛知と金沢のペインターが集結しており、お互い作品は認知してても会うのは初めてみたいな方だらけで盛り上がる。
なるほど愛知はペインター王国だと誰かが言っていたのを実感する。
微力ながら身をもって、札幌ペインターの存在もアピールしてきた。

岡崎さんの打ち上げ参加が許されたため、
展示は、第一室の導入の構成が見事だったことや、終盤の中村彝やベーコンへの違和感をご本人に伝えて、裏話を色々聞くなど。

翌日はちょうど展示中だった今村文さんの作品を見にエビスアートラボへ。
植物紋様のような緻密で物質感のある蜜蝋絵画の他に、植物そのものの存在やイメージごと押し花にしたようなドローイング、どちらも素敵だ。ご本人とも久々にお話しできて、良かった

よし帰ろうと空港へ着けば、飛行機の整備問題で突然欠航が決まった。現場は混乱。
のろのろしてる間に翌日の振替便もすぐ満席になってしまった。

フェリーで超スローに帰るかと思ったが時間も合わず、結局苦肉の策でチケット払い戻ししてもらって深夜バスで東京に向かい、成田の便を予約し直して帰るという地獄の手段で(水曜どうでしょう的な)なんとか解決した。
普段は北海道からポンポン移動することには負担を感じないが今回はさすがに大変だった。便の少ないLCC利用者にとっては鬼門・セントレア!!

復路変更による損害額は思いの外わずかだったので、やけくそで最後にひつまぶしを食べてしまった。高いが旨い!!うなぎを絶滅させないように、数年は食べるのを控えよう。

このページのトップヘ