やまもとのグレーゾーン

札幌の絵描き山本雄基のきまぐれ雑感と日常。

2018年01月

修復 in ハンブルグ。

ギャラリーに仮設防塵スペースを作ってもらって、地味すぎる作業の日々。
27540169_1716213165105841_3974807977434242063_n

そして無事に作品がツルツルになって任務完了。
 27368842_1716213581772466_8300149068319948800_n


空いた時間にヘルツォーク&ド・ムーロン設計で話題のエルプフィルハーモニー・ハンブルグを見学してきた。
27540094_1716213275105830_8052011296963441394_n
コンサートホールは連日満員で入れなかったけど、フリーゾーンだけでもめちゃカッコ良いっす。次はなんとかホール体験しなければ。
 

短期間でバババッと、気の知れた皆さんにも会えたし、某アーティストさんのスタジオビジットもできたし、ハンブルグ美術大学に通うS君に大学案内してもらいながら芸術談議に花咲かせ、ハンブルグと台北のギャラリーと一緒に諸々今年の確認スカイプ会議もして、ドイツに来たら食べずにはいられないジャンクフーズ・ドナーケバブ&ポメス&メゾミックスもしっかり摂取して、心置きなく帰国できそう。

ハンブルグの皆さま、お世話になりました。


今回直した作品は本来は年内販売用でギャラリー空間での発表は予定されていなかった。ところが完成がずれ込んだことにより、29日からのミキコサトウギャラリー新年展のタイミングと合致して、数枚は展示してもらえることになったので、お近くの方はぜひごらんください!詳細は ギャラリーウェブサイトで。

http://www.mikikosatogallery.com/de/news/
 

ハンブルグは連日5度前後と暖かくて雪もなく、つい冬の厳しさから遠ざかっていたが、札幌は連日−10℃でシェアスタジオの水道管が破裂しちゃったと通知が来た。対策しててもそれを上回る古さと寒さにヤラレたのね、、やっぱり初年度は色々大変だ。運用のアップデートも考えねばならんし、帰ったら締切3つが待ち構えてるし。

渡航前に気の重さがあったはずのに、帰る直前の方がさらに気が重いのは気のせい!?買い溜めしたハリボーで冬を乗り切りたい。

今日から急遽、10日間ハンブルグなのだ。

先月大きい作品5点輸送したら、僕のいつもの梱包を、業者側で改めて国外輸送用に包み直した際に不備が発生。作品をプチプチで直に包んで5枚を平積みにされてしまっていた。ハンブルグに届いたら全作品の表面にプチプチの跡がクッキリ!年の瀬にギャラリーのミキコさんから顔面蒼白のスカイプが来た。
僕もしばし取り乱したものの、送られてきた画像を見る限り、いつもの制作手順で直せそうではあるので、単純系の問題解決は早いうちに!ということでこれらを修復しに行くのです。

前回の輸送では、同じ手順でも作品表面はちゃんも浮かせてくれてたので、こちらもつい油断して今回は確認を徹底しなかった。がしかし、担当の方も同じだし、中の物がどういうものなのかわかってるはずなので、さすがに包む前に確認の連絡は欲しかったよなあ、ってことで、渡航費と作業日当くらい欲しいわけで現在ギャラリーの方で請求交渉中。どうなることやら。今後もお世話になる業者さんになると思うので、お互い経験を重ねながらトラブルを失くしていきたいところだが。

梱包と輸送に関しては最近だいぶ安定してきたつもりだったのに、まだまだトライ&エラーの繰り返しだなあ。先日naebonoでも話題に上がったけど、どっかのタイミングで勉強&研究会やりたいですね。

修復用の画材は荷物で持っていけないので、ホルベイン工業さんからSDS(画材の安全証明書)をもらって、Fedexを使って事前に輸送。そろそろ着いてるはず。

海外活動する美術家は必ず、大きな輸送トラブルエピソードを持っていると聞きますが、僕も晴れて語れる側の仲間入りを果たすことができました!

他の〆切も色々ヤバいので、渡航中、札幌のスタジオでは最近ずっと手伝い続けてもらっている妻に丸を描く指示をぶん投げて、Photoshopとスカイプのやりとりを駆使して制作の進行を遠隔モードでやれるかどうか実験!!

というわけで初フィンエアー!!!
マジで直して帰ってくるだけなので、気が重ぉ〜!!!!IMG_7733

このページのトップヘ