2010年が はじまった ことしもよろしくおねがいします

とはいえ、もうすぐ1月もおわってしまう…

年初めから3ヶ月後に年度初めというのがまた来るので、気持ちの仕切りていうのがなんとなく難しい1~3月。

今年こそはこのブログをもう少し更新してみようと、試しに一発書いてみます。

「ものぐさ」

[名・形動]《古くは「ものくさ」》めんどうがること。また、その性質・人や、そのさま。無精。「―をする」「―な態度」

おまえはものぐさだ!と、こないだ仲の良い人に言われたので、早速yahoo辞書で「ものぐさ」の詳細を調べたら↑ということでした。漢字で書くと「物臭」だって笑 イヤな字だな〜自分にぴったり!!

そうです、ものぐさなんです。だからこうブログ一本更新しようと思い立っても、

ああどうせなら写真とかがあったほうがビジュアル的にいいよな…、
てことは写真を撮ってさらにパソコンにとりこまなきゃならないな…、
ああ出来事ひとつ書くにしても言葉選び次第でおもしろさが伝わりにくくなるよな…、
ああ何日か経って自分の残した文に凹んだりする可能性もあるのな…、
ぐだぐだ何日も書き続けたとして、気付いたら自分の性格の悪さと頭の悪さを露出するだけだったとかナンセンスよな…、
ああログインとかしなきゃならんのよな…、

とか考えるだけで…めんどくさ!!

って止めてます。しかもこんな想像するだけで、ぅん十分とかかかって時間ももったいない。だめですね。
 腹が減ってもご飯を用意するのが面倒なので、空腹な事実を意識的に何時間も忘れてみるということもあります。洗濯は明日で良い、部屋を片付けるのは来週のゴミの日の前日で良い、なんて調子です。
友達に連絡するのが面倒だという態度がバレて、正月早々地元の友達に説教されたりもしました笑。

 さてしかし、自分が作っている絵画作品は、作業工程がめんどくさいことばっかりです。不思議なことにそのような制作はだらだらと未だに続いています。
 おそらく、生きる事がメンドクサイという物臭根性が、現実逃避の手段として作品制作を選んだのではないか。

 現実逃避っちゃあ、やれインターネットだ、やれTVゲームだ、いろいろありますが、ネットやってるうちに一日が終わってたりしたら立ち直れません。現実逃避すると基本的に逃避後、負のスパイラルに陥る。(とはいえネットやゲームを否定してるわけじゃないよ)
 ところが作品制作ならば、謎の充実感と共に、明日への向上心すら芽生えるのだから、こんな現実逃避なかなかない!
 作品を良くする為にという前提で、生活するようになる。経験や情報すべてが作品の為の何らかの材料やスパイスになる。
作品制作してると気持ちの効率が、とても良いんです。なんとかして、作品を良い方向にもっていきたいというこれまた謎の目標があり、それがめんどくささを消してしまっている。
 そのうち現実逃避のはずだった行為が倒錯して逆に現実になってしまったような感じ。

これは一体なんなんでしょうね。
魔法か、アブナイ洗脳か。

そんな調子で最近は中型の黄色い絵と、小作品何点かを制作中。しかし冬は制作しづらいなあ。夏に個展やるからちょっとずつ準備せねば。

最近見た映画→THIS IS IT、アバター、かいじゅうたちのいるところ
最近読んでる本→日本辺境論
どれもいい影響です。

よし地味ながら今年は攻めるぞー