笠見君のうちで後輩数人を呼んでプチすき焼き会をした。

飲みながら楽しんだのだが、帰ってきて寝る前風呂に入りながら本日の自分を振り替える。
どうも、ぴたっとこう気持ちが収まらない。楽しかったんだけど、はて何か。

これはどうやら自分の性格における弱点に、不満足な状態らしい。

僕は興味関心があることにハマると、頭がそれいっぱいになり他のことをほぼ全く見なくなる。
例えば前述したように、笠見君の話をよくウンウン聞くのだが、熱中してくると、誰がいようとフタリだけのセカイになり話のスパイラルに落ちていく。 ハッと気付けばそれはオマエラだけでやれ!!という空気になりかねない。
自分らが興味深いと思うことを、外側に拡張させていかなければ、自分らしくないだろう!と反省。

あと、誰かの前で面白がられると調子に乗り始めて、軽いトランス状態に陥り、やはり他のことをほぼ全く考えられなくなる。話に盛り込める要素はとにかく盛り込みNGワードも連発するのだ笑
この悪いクセで過去何人を傷つけ、何人に叱られてきたのだ!!と反省。

こういう暴走特急状態は、

・まずはバランス
・芯がないのが芯
・上空1mに監視カメラ
・個の有効活用

…例えばそんな風な我が理想の立ち振舞いからかけ離れているので、悔い改めよ!!と心の叫びを両手に込めてシャゴシャゴと頭を洗う。

風呂上がりに居間に飾ってる自作を眺めながら、この絵の中には暴走の要素は込めてないなあ〜…意識して込めるべきかなあ、それとも無意識で含まれてんのかなあ、リアルとユートピアの狭間を人間的な感覚でもっとうまく作品に込められたら、物事の本質に少しは近づけるか!?

とかわけわかんねえ事考えてわけわからなくなったので寝ました。