今日も休日。午前中にチビ作品の額も仕上げる。額も丁寧に完成度を上げて、作品本体とのバランスに気をつけなければならないので小さいながらなかなかタイヘンだ。真っ白でマットな箱額が出来上がる。これでチビ作品完全完成。やったー。気分は上々。
 今作品に額を作っているワケは、今回展示するグループ展には沢山の人が出展するので、サイズが小さい自分の作品が他作品に押されないように少しでも大きく見せるためと、箱に入った大事なモノ的な感じをだすためと、展覧会のコンセプトがアートを買いたいというものなので、額があったほうが「売り絵」っぽいかな?と、そんなところ。

 満足げに歯を磨いてたら、台所についに現れた一匹の強敵。その名もカツオブシムシ(成虫)!一気に気がめいる。
こいつはたった2mm程度の存在ながら奇跡的に腹の立つ害虫で、このボロ家に住んで初めてまともに存在を知った。簡単に言うと服を食う虫なんだけど、そんなヤワな説明では足りない。服に加えてホコリがエサで暗い隙間が大好き。んなこと言ったらどこにでもエサと住処があふれてるじゃないか…

 なにせこの家にひっ越して来た時から、こいつらは見えない隙間やタタミに潜んで僕を困らせる準備をしていたのだ。引っ越して来て2ヶ月後くらいに部屋に見知らぬ謎の幼虫が突如出現、ビジュアルがあまりに気持ち悪すぎて、ネットで調べまくったら、ヒメカツオブシムシの幼虫だということが判明した。(興味ある人は検索!!そこには恐怖の画像が…)

 あまりに出現するので、ある日笠見君にヘルプを頼んでタタミを全部剥いてみたら、ぎゃああ何年分!?脱皮したヌケガラと幼虫だらけだああ…!必死に駆除した。思い出しただけで吐き気がする。ちなみに笠見君は興味津々で手に幼虫を乗っけて観察していた。アンビリーバブル。

 その後、毎年しっかり防虫剤を買っては春になる直前にセット、ホコリの溜まりそうなところは掃除、それでなんとか数は減ったがまだ生き残りが若干。なんてしぶとい…そして今年も成虫となって現れた。また長い戦いが始まる。ボロい一軒家は隙間だらけなので、逃げ場隠れ場だらけで全滅させるのは容易ではない。うちってサバイバル空間なんですよーはっははは。

 午後からは、ジョイフルAKに買い出し。成虫を見たため若干ヒステリックな状態で大量に防虫剤を購入。加えてワラジ虫コロリも購入。これで、ワラジ虫、クモ、アリ、ムカデ、ゲジゲジ、カマドウマ(すっかりおなじみ今まで我が家にコンニチワしてきた歩兵たち)などの侵入を防止するのです。しかしこんな虫ノイローゼみたいな買い物だけで終わりたくないので、制作の為の買い物もする。

 まず、防塵マスク。売ってる中で一番高価な3M製の一番ビジュアルも強そうなヤツを購入。続いて電動サンダも、よりよいものに買い替えることに。今まではリョービ製のマイサンダというお手頃価格で良性能なものを使っていたが、今回は思い切って、マキタ製のプロ仕様!仕上げサンダを購入。粉吸い込み袋付きだから安心だ。これで粉塵の悩みは少しは減るだろう。そして大きな作品の為の木材を買った。
 この2連休でいったいいくらお金が無くなったんだ…iPad買えちゃうぞ。地球儀も買えちゃうぞ。作品制作の為の投資、おそろしや。

 帰ってすぐに家中に防虫剤をバラまいた後、早速newマスクをつけてnewサンダを絵に使ってみる…こ、これは…なんて、使いやすいんだ!!!興奮。振動が上品に思えてくる笑 工具や画材はお値段の価値が存分に感じられる。これは楽しいぞ。一気に気分は上々。