最近は相対性理論のシンクロニシティーンとチャットモンチーの表情ばっか聞き、たまにビートルズのホワイトアルバムを聞き、Youtubeで神聖かまってちゃんを見て、
ズレ気味のロックってやはり良い!といった気分。

音楽に関してはド素人もいいとこで、ミーハー所をとりあえず聞いたり、誰かがおすすめしてくれたものを聞いたり。音楽に詳しくなってみたいと思っても、聞くべき曲があまりにも膨大な量で、途方にくれてしまうんだ。
 幸運にも、周りに音楽に詳しい人が何人かいるので、いろんなタイプの音楽を教えてもらう事ができてラッキーだ。最近知り合えた橋本君は自分でも本気で音楽を作っているかなりな音楽好きで、話が楽しい。最近はFlying LotusやThe Radio Dept.などを教えてもらったが、良いなー。

ひと通り自分なりにいろいろ聞いたところ、けだるい感じのオルタナティブロックやら聞きやすいエレクトロニカやら歌謡曲やら超有名曲やらが、肌に合うようだ。
 カッコ良い曲ばっか沢山知りたいーと思いつつも、それはお前キャラじゃねえだろぅと自分突っ込みが入り、反動で超サワヤカなDEENとか突然聞いたりもする笑 小学生の時に聞いてた印象より、かなりいろんな音を耳が拾うようになったので、ある意味新鮮。

 やはりipodを持ってから、いろんな曲を知りたい!!という強い欲望が芽生えた。とにかくざっくばらんに曲を突っ込んで、一貫性のないむちゃくちゃな中身にしたいのだ。こんな楽しい道具はなかなかない。突っ込んだまま一回も聞いた事ない曲もたくさんあるはずだ!

 ところで、僕は長い間、日本語うた曲の歌詞の意味を、よく把握できてないまま聞いていたということに、数年前に気付いた。
 不思議なことに、カラオケ等で歌う為にしっかり歌詞自体は覚えているのに意味は把握してなかったりするのだ。
 ただの音として覚えてたのか?いやでも外国語うたとも違った印象だ。フレーズフレーズの意味はなんとなく理解してる、はず。歌詞全体が醸し出す世界観とかをすっとばしてたのか。
 だからスピッツとか意味不明な歌詞でフレーズを楽しむ曲とかぴったし!!
まず頭の中で重視しているのは、良いメロディや音の使い方や組み合わせ方らしい。

 なもんで、それはさすがにマズいと自覚してリハビリのように歌詞の意味を踏まえながら曲を聞くようにしている。するともう昔の荒井由実とか良いメロディだけでなくとんでもねえ日本語詩の操り方をしててびっくりした。よくある失恋の内容を言葉のチカラで凄みを加えているではないか。

 似たようなことが絵画鑑賞でも一時期発生していた。見たい絵画が目の前にあったらまずニオイがクンクンできるくらい絵肌に近づいて、絵具の色や盛り具合、どんな風に筆を使って体を動かして描いたのかとかそういうのばっかりみて、後は距離をとってだいたいの全体把握をしてそれでオーケー満足!という。具象的なイメージが描かれた絵を見る場合、重要な要素を見逃してるじゃないか。

 …脳みその作りに問題があるのではないかと自分を疑い、自覚してからはちゃんと描かれたイメージと描かれ方を複合的に見るようにリハビリした。だから、本来一枚の名作絵画を鑑賞するには、かなりの情報量があるため、相応の鑑賞時間が必要なんだと理解した。

 …つまり、ちゃんと聞いたような見たような気分っていうのは実はぜんぜんそんなことはないかもなんだよなあ!ということでまとめ。