さて今日こそは丸一日制作だと意気込み、デカ絵のヤスリがけをしたら、なんと今日中にポーランドに必要データを送らなければならないことが判明、急いで考えをまとめた文を英訳する。

当然英語力がないので、Yahoo!翻訳を使う。でもこれってあんま信用できないんだよなあ。明らかに変な翻訳は自分でなんとかしなければ…。

ややこしい文を作ると確実に変になるので言葉と文章をできるだけシンプルにまとめる。まとめるのが難しい!

…大学2年の時、札幌にあの村上隆氏が講演に来た。一瞬話せる機会があったので、「現代美術をやるにあたって一番大事なことは何ですか!?」といったことを質問したら、即答で「英語」と返ってきた。すごい印象に残っている。

あれから約8年…英語はやっぱし大事なのね。とりあえずニンテンドーDSを久々に用意して、英語漬けを再生しっぱなしにした!

なんとか訳は終わったけど、木製の製品の準備ができてない!とまた今日も街に繰り出し、木彫りのクマ探し。繰り出したはいいが、どこに売ってるんだ…?渋そうな土産屋ならありそうだけど、それってどこに…まずはテレビ塔へ。修学旅行生だらけ。そのせいか、渋めなラインナップと思いきやまりもっこりやらテレビ父さんやらゆるキャラブームに媚びまくったもんだらけで苛立つ。

てことは、もう狸小路しかない!

当たり。よしよし渋めなお店が2件3件。外国人観光客やダサめの少年学生が群れている。こんな店入ったことない。

あったあったズラリ大小並ぶ木彫り製品。クマだけで何種類も…こうなると、選択の余地が生まれる。どうせなら一番カワイイしかもそれなりに安価なものを…。どれ!?なんかどれも結構なお値段だし!!

1時間ほどウロウロし、ようやく1000円のシンプルなクマちゃんに決めた。しかし、こう改めてまとめてみると、なかなか興味深い。

帰ってクマを撮影し、データ送信も完了。よし第一段階クリア。
制作にカムバック。

あとはクマと、森と、文化と、制作コンセプトを繋ぐ作業をじっくり行っていくか。こういう先になんか形があって、あとづけでコンセプトに説得力を持たせようとするのはけっこう好きです。