わがアトリエのすぐ横に、サントリーの自動販売機がある。とてもお世話になっている。ちょくちょく、デカビタCを買って飲んでいる。

 たまーに気分を変えて、マウンテンデューというアメリカンコミックの敵キャラのような缶デザインの変な炭酸飲料を買って飲んでいた。

 マウンテンデューは、どう考えてもウマいものではないし、炭酸もすぐ抜けてしまうくせに、たまに飲みたくなるのだった。

 ところが最近になって、マウンテンデューはその販売機から姿を消し(やはり、人気がなかったのだろう)、代わりに7upというめっぽう魅力的な炭酸飲料が投入された。

 7upは、いわゆるサイダーだ。缶には、レモン&ライムと書かれている。たとえ無果汁だろうが、レモン&ライム風味なら、無敵だ。
 デカビタCよりも量が多いうえに、期間限定でなぜか100円で販売されている。
 7upっていう名前も、いいじゃないか。1upキノコ×7みたいで…。元気が、でるじゃないか。

 クソマズい、ゼロカロリーの炭酸飲料がコンビニドリンクを独占しようとしているこのご時世に、7upで攻めてくるとは、心強い自動販売機だ。

さらばマウンテンデュー、ようこそ7up。

 僕はすっかり毎日自分の体に7upをガソリンのように取り込んで、日々、制作に励んでいる。