札幌すごく暑い。制作は相変わらずキチキチで、まともに日々の雑感を記すこともできないので、前日以前に何があって何を考えていたのかも覚えていなかったりする。

 とか言いつつ、エヴァ破をしっかりレンタルして再見して興奮しながらアオイホノオの4巻を読んで、庵野秀明すげーとか感動しちゃったりしている。

 隙をみてギャラリーに顔をだしたりしている。茶廊法邑ギャラリーで先日やっていた川上りえさんの個展(北海道美術ネットでの展示記事はコチラ)がめっちゃ良かった。法邑ギャラリーは札幌市内で一番ホワイトキューブらしいホワイトキューブなギャラリーで、広さもちょうど良く、ここで質の高い展示ができたら間違いない!っていう空間だと思うけど、今回の展示はまさにそんな感じで、いやあ参りました。

 今日は両親とばあちゃんが来札。来るやいなや、我がアトリエ兼部屋の乱雑具合に絶望して、ばあちゃんなんて玄関と部屋の境目がわからなかったのか土足で上がってきちゃった笑

先日記述したラーメン屋の宝来が閉店した時に、地元紙・十勝毎日新聞に閉店のことが大きくピックアップされた(!)記事を母が持ってきた。記事の内容に思わずグッとくる…。が、記事の中にも、スープの酸味についてしっかり触れられていた笑

いろいろ報告後、そして強制的に皆で大掃除が始まった…草むしりまで行われ、雑草ジャングルになりかけていた家の周りがすこしマトモになった。自立しきれてねー!親にはなんだかんだ頭が上がりません。

あ そうだ、最近何人かに、結局いつからポーランドに行くのかと聞かれるのだけど、7月14日に出発し、8月6日に帰って来るのです。
 ワルシャワから電車で3時間ほどの場所にある、スターリーソンチ市(Stary Sącz)というところで、プレイン・エア・ペインティングという今年で4回目のレジデンスらしいです。

 制作は相変わらずウマい事進まず。ポーランド用作品は5層目に突入。うまくいってるんだか、いってないんだか。こうなったら、新作に加え過去作品の良作も全部もっていこうか…。

 100号は7層目が完了。この100号がなかなか終わらない。あと2層が必要だ。これはポーランドから帰ってきた1ヶ月後に控えている個展のために作っていて、ポーランド前に終わらせないと、個展計画の予定が大幅に狂う。暑いし死ぬー お 月食発生してる。