昨日展示初日を迎え、たくさんのお客さんが鑑賞してくれた。パーティや打ち上げも盛り上がって、今日の朝、多くの作家が帰ってしまった。とても仲良くやっていただけに寂しい。解散は8月3日のはずなのだけど、なぜか今年は皆早めのサヨナラでディレクターのマリアンも、しゅんとしているみたい。僕も明後日にスタリソンチを離れ、クラコフ周辺を観光して日本に戻ります。


巻いていこう写真コーナー!完全パーティモード編。

IMG_5980


IMG_5984

牛!僕とても牛が好きなので興奮。
牛と湖のあるのどかな牧場で屋外パーティ。ここで作られるアイスがポーランドで最も有名なものらしく(ガリガリ君的な)、レジデンス企画のスポンサーなのだそうです。

IMG_5994

真ん中は最後に合流したイタリア作家タランティーノ。周りはすっかり宴会モード慣れしているので、若干戸惑い気味。

IMG_6014

飲めや歌えや。油断するとウォッカを飲まされて、いつの間にかウォッカに慣れてしまった。おいしいウォッカばかりです。ギターを持って盛り上げてるのはスタリソンチの副市長、ヤチェック。このレジデンスでも重要ポジション役で、ノリノリだし、気品があるし、カッコイー。

134588436

大黒さんのツイッターにはこんな画像が!僕の貧弱なヒップですね。盛り上がりすぎてひょいって持ち上げられちゃったり。

IMG_6023

次の日は、街のお祭りと合体企画。地元の学生も参加して、広場でみんなで牛のオブジェを作って燃やします。真ん中中国のチェンさんは英語が全く話せないのでしばらく沈黙してたけど、もうすっかりお祭りモードに溶け込んでます。


IMG_6039

作家はサイン攻めにあう。

IMG_6035


IMG_6031

日本文化好きのティーンネイジャー達に囲まれて、僕も調子に乗る。ちなみにこの公式Tシャツの胸部分のマークは昨日のアイスの会社のロゴです。


DSC07095

参加作家全員とクレイジーな色彩の完成牛。


IMG_6046

夜になるまでまたパーティ。真ん中の女の子がすごい美人さんで、ベンとギーは速攻で近い席をキープ!クーさんとチェンさんも、いかにして写真に収めようかとカメラのズーム機能をフル活用!すごいね。
僕の限界はこの遠距離シャッターでわかると思います。チキンジャップですね。


IMG_6054

なんか立派なシェフが登場して、燃えさかる豚の丸焼きが。美味。


IMG_6064

夜も更け、燃えさかる牛。最後はちゃんと消防車が完璧に消化。

IMG_6069

結局、僕の周りにはティーンネイジャーが集まる。なぜ。
中学男子的下ネタに乗っかってしまい、日本の恥を置いてきました。ごめんなさい。


IMG_6108


IMG_6093

次の日も、今度はディレクターのマリアンの家でホームパーティ。写真が下手すぎるので伝わりにくいがめっちゃオシャレハウス。
マリアン・ノヴィンスキはワルシャワの大学教授でポスターやデザインを教えてます。僕らにウォッカを飲ませるのが大好き。魅力的な人です。


IMG_6121

次の日は、燃える牛の記事が新聞に載る。

IMG_6127

教会見学などもする。でかい教会の内部って初めてみたけど、建築も彫刻も絵画も一体となって教会の神聖さを最大限演出していて興味深かった。


IMG_6139

で、バチェックの家で、パーティ。バチェックがパンでお出迎え。

IMG_6142

バチェックが描いた僕の顔。いいとこついてきた笑


IMG_6155

夜まで飲めや歌えや。♪ストーラト ストーラト


次こそは宴会の合間にネチネチ制作してた展開を…