最終日、終日CAI02に在廊。初めてのお客さん、すっかりオトナっぽくなった教師時代の生徒達、進路に悩む若人さん、おなじみの皆さん、中には2回3回も見に来てくれる方もいて、良い時間を過ごせました。

土曜と水曜以外は夜しか在廊できなかったので、芳名帳を見て、ぐああ会いたかった、お礼を言いたかった、感想を聞きたかった!!という人が多数。会えなかった方ごめんなさい!何かあればここのコメント欄にでもなんでも言ってくれればできるだけなんでも応えます。

在廊中でも、同時に何組もお客さんがいると、どのお客さんともじっくり話せなくなって落ち着きが無くなる自分にジレンマを感じました。

話ができたお客さんは、たくさん質問や感想などをくれました。それに受け答えすることでより絵画を見てもらえる可能性が広がるし、自分の作品に対するボキャブラリーも増えるので、非常に感謝しています。

ちょっと残念だったのは、僕の出身校の美術学生さんにあまり見に来てもらえなかったこと…平面にトライする果敢な学生さんをたくさん捕まえて、いろいろ聞きたかったなあ。

女性の方はよく僕の作品から食べ物を連想されるのですが、オープニングで実際篠原さんが僕の作品のような食べ物を作ってくれた。これ↓
ryouri0


すごい!!!僕の作品は完全に透明層の厚みが負けている。。しかも丸も自然界が生み出したイヤミの無い丸の歪み具合!完敗です!!
食べ物の質感はなかなかライバルですね。。。


というわけでもう最後なので展示風景を何枚か。

0koten005


入り口にはまず小さな作品を並べて、ぐっと視点を近づけてもらえるような狙いを込める。奥の2枚は個展開始前まで作っていた新作。下の色以外はすべて透明色を重ねています。

0koten002


奥の壁には去年のART BOXの作品を。ART BOXに合わせたサイズで作ったので、この作品はちょっと厚みがあります。
これが今展示作の中で一番古い作品。
あの時とはまただいぶ違うイメージで展示することができました。

00koten001



0koten004


反対の壁には中〜大作品を並べます。

0koten000


手前のカウンター側にも小作品を2枚。

とりあえずメインの展示はこのような雰囲気でした。カフェ側と細部はまた次の日記にでも。。。


ブログに取り上げて頂いた方々もいらっしゃいまして、ありがたやありがたや、です。ご紹介します↓。


北海道美術ネット

こう書いてもらえると、過去の恥ずかしいパクりネタも、とてもシリアスに絵画に立ち向かっているように思えてきます!


栄通記

絵画に恋していますよ!やっと絵画が振り向いてくれたくらいまで来たようなきがしてます。


ハイブリッドアート

突き上げる感覚の正体はなんでしょう。僕も、美術館にある大好きな名作の前に立った時のグワッと感を日々目指しています。


ワーキングフロー

いつも辛口批判を言い合っている後輩西田君もこんなに書いてくれた!僕は彼のブログにも辛口批判で攻めてますが、今回のはいつになく腑に落ちたので(自分のことだから甘口!?)、うれしいです。

テンポラリー通信
テンポラリースペースの中森さんにも、ブログの中で触れていただけました。鉱石という言葉がでてきて、ハッとしました。


自分の記事にコメント残すの恥ずかしいですが、返答がスマートにまとまったら順次コメントします!みなさんアツい文章ありがとうございました励みになります!

月曜日は搬出です。さびしいー。
一段落したらまた、まとめを書きます。