ついに札幌でも大雪レベルの降雪。外出しようと玄関でると、ズボっ。足が埋まる。
こりゃタイヘンだと思いながら夜帰ってくるとさらに積もってる。家が埋もれてるやんけ。
くはー今年も本腰を入れて雪かきする季節がやってきた。

_MG_0618


アトリエ兼住居はボロい一軒家、そのため雪かきしなければならないスペースが無駄に広範囲で一回に2時間以上かかる。
こうなるともう腹をくくるしかない。普段滅多に運動もしないし強制的に体を動かすのも悪くないね!!とまずは自己暗示をかける。
アルミジャケットに身を包み、長靴マフラー帽子も完璧!!

びしゃびしゃになって冷える状態を完全装備で防いでしまえば、
これくらいの雪かきならやってるうちに結構本気で楽しくなるのも事実。
冬を相手に遊んでる気持ちだ。家の前に、雪捨て場=雪山を作って、誰もいないのを確認してから高さ1m強の頂上から深雪にピョーンとダイブするのが楽しかったりする。子供のような気分(≒大人になれてない)

_MG_0645


無駄に雪山を突っ切る通路を作ってみたり、足踏みをして雪山の強度を増してみたり、雪に埋まってボーッとするのも心地が良い。冬の夜の色と音は不思議。
そして最後には天からの声、
ちょっと待てお前は絵描きだろダラダラ雪かきばかりやってたら制作時間が減るんだYO!!
我に返った時のガクリ感と来たら、無い。

さて次の日、起きて出かけようと思ったら、なんと雪かきする前の状態に戻ってる!!おい、一気に降り過ぎだろ!!
また夜な夜な2時間雪かきして、山の標高が高くなっていくことだけを期待しながら眠る。
そして次の日になったら、なんと雪かきする前の状態に戻ってる!!This is 試練。
さすがに量が多すぎる、なんの仕打ちかと思うコンボ。

_MG_0637

最初の雪山から、

_MG_0652

3日でこれだけ高くなりました。

おそらく雪の重さで、家が「ミシっ…」ていう。マジで恐ろしい!
雪下ろししようにも、屋根が急だしどうすりゃいいの。早く晴れて落雪してくれ!!