茶廊法邑の杉山留美子さんの個展、繊細な色のグラデーション。ゆったり空間を使っており良い展示。
札幌にもこのようにぶれない質の絵画を描く人がいるんだよなー。
数年前の近代美術館の展示もおもしろかった。
絵画というか、光を感じる装置のような切り詰め方。
精神性を込めたフラットなステイニング、抽象表現主義的。

茶廊法邑の展示空間は、あまりクセの無いカッコ良いホワイトキューブだ。
実はこういう空間は札幌にあまりない。貸しか企画か、ギャラリーとして内容の精査に関してはようわからんとこがあるけど、綺麗な展示を目的とするなら、良い空間だと思う。