すっかり毎日居間にもアトリエにもアリが現れ、生活の一部となっている。
今年はしぶといな…。さすがこのアトリエ最後の一年、虫も満喫する気なんだろう。

プチプチ潰しても懲りないヤツラだなあと観察してると、
削ったアクリルメディウムのカスをせっせと運んでるヤツがいた。
そんなもん運んで何かいいことでもあるのか?

働きアリって働いてるように見せかけてサボってうろうろしてるだけの愚か者が
必ず何割がいるって聞いた事がある。
こいつも適当にモノ運んでるフリをしてるだけなんだろうか。

ヒトもそんな感じだよなー集団を作ると一定のバランスの割合ってのがあるんだろうか。
どうしよもないヒトをDEATH NOTEとかでみんな抹殺して笑、エリートばかりを残しても
またその中から愚か者が一定数現れるんだ。
どうしよもないヒトの存在意義は、集団のバランス保ち係なんだ。
美術人間も必ず一定数現れるんだ。あれ、もしかして美術人間てどうしよもないヒトだっけ!?

このメディウムを運ぶ前衛アリは、美術人間タイプなのだろうか、プチっ!!
抹殺されないように謙虚に制作しよう。