板室温泉大黒屋にて、10月いっぱい行われていた個展が無事終了致しました。
ご鑑賞いただいた皆様、ありがとうございました。

北海道外で初個展ということで緊張してましたが、
お客様にも熱心に見て頂いたり、いろんなご感想を頂いたりで、
新しい刺激を得ることができました。

調子の悪かった心臓も、個展が始まったら見事に治りました。
知らんうちに相当心労溜まってたか?
よかったよかった。

展示風景を載せます。
入り口から入って、
_MG_000


_MG_008

フロント付近の展示。

_MG_007

_MG_012


_MG_010

_MG_011
奥に進んで小作品群。
今回は、壁が橙色です。作品とケンカしなくて良かった!

広いサロンには大きな作品を展示。
_MG_009


_MG_001JPG


_MG_002


_MG_003


_MG_004


_MG_005
シンプルな小作品もあり。

_MG_006
元々大黒屋さんに置いていてもらった作品もあり。


_MG_013
夜になると光の変化で、グッと雰囲気も変わります。

こう写真を振り返ると、
人の写っていない会場風景ばかりになってしまっておりますが、
実際は連日朝から夜まで常にお客さんがいるような場所です。
お風呂上がりの浴衣姿でゆっくり作品を眺めるような光景も新鮮でした。

10月18日以降は、会場にずっと滞在していました。
ただ居るだけっていうのも落ち着かないので、
先日セントラルさんでやったような、公開制作というかたちをとって、
会場で制作しながらお客さんとお話していました。

ここ1年で道内でやったことを、今展では総決算的に全部投入した感じ。

_MG_014

こんな感じで、隅っこでお客さんを待つ、占い師のような佇まいなのでした。

_MG_015

大黒屋さんのブログにも、その様子を載せてもらっています。
http://itamuro-daikokuya.blogspot.com/2011/10/blog-post_23.html




10月31日 搬出日
無事に会期を終え、作品搬出の前に、次の展示は審査員だった菅木志雄さんなので、
菅さんにも作品を見て頂く。大きいのも小さいのも良いよと言っていただき、ありがたい。
搬出と搬入が同じ日に同時に行われる。お客さんも普通に泊まっている中で行われるので、
おもしろい光景。

そして、作品がガラッと入れ替わると、当然ながら館内の空気が全く別物にかわる。
この感覚を毎月働いている場所で体感している従業員さん達。すごいな。
血が巡っているように場の空気が流れている宿という新鮮さ。
そして、菅さんの展示と自分の展示を比較、できてしまうんだよなあ…。
一気に今までの自分の展示がまだまだ稚拙だったことに客観的に気付いてしまう瞬間。
がんばろ。