グループ展に参加します。

jpg


「絵画の場合 2012 ―最終章―」

日程: 2012年3月14日〜2012年4月1日
時間: 11:00〜19:00(最終日は17:00まで)
場所: 北翔大学北方圏学術情報センター PORTO ポルトギャラリーA・B
住所: 札幌市中央区南1条西22丁目1番1号
    ※一般来場者用の駐車場はありません。公共の交通機関でお越しください。
主催: 絵画の場合実行委員会
お問合せ: E-mai: lthayashi(アットマーク)hokusho-u.ac.jp

参加作家・協力:

 大井敏恭 笠見康大 小林麻美 澁谷俊彦 武田浩志 谷口明志
 末次弘明 西田卓司 林亨 山本雄基 梁井朗 塚崎美歩 

■林道郎氏 講演会
 3月17日(土) 午後2時〜

■オープニングパーティ
 3月17日(土) 午後5時〜

■アーティストトーク
 3月20日(火・祝) 午後1時〜


フライヤーデザイン:武田浩志
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

久々のブログ更新になります。

2月はほぼこの展示のための制作に没頭しており書く余裕がなかったのでした。
余裕が無いと、心身硬直しちゃうので気をつけなければ。

本日自分は搬入を終えてようやく一段落。
とても見応えのある絵画展になりそうです。

今回はちょっといつも以上に気を張って制作してました。
いろいろな思いはありますが、
その理由の一つとして、
大学時代にものすごく影響を受けたり、いろいろ引っ張ってくれた先輩達がいることと、
いつもつるんでは絵画話をしている後輩達がいるので、
こりゃバトルだなー負けられねえ!と鼻息荒くなってるのです。
しかし搬入光景をみた限り、手強いバトルだな。。

僕はどっかで一番をとらなきゃイカンという意識のもと、
出品者の中で一番デカイだろう作品と、一番絵具の盛りが厚いだろう作品の
2点を出品します。
過剰に、過剰に、と唱えながらやってきましたが、度を超えて間に合わなくなりそうになったので、
同居人を犠牲者にしてヤスリをかけさせる始末に。
ちょうど大きな仕事を終わらせてオフに入った瞬間を見計らって土下座。
僕より基本的に造形能力が高いのでシメたもん、ギリギリ間に合いました。
なんかやっぱり、この一年いろいろあったし、過剰にいきたいのです。


今展は、展示の他にイベントも充実しています。

17日の林道郎さんの講演会は、絵画をやっている人達は必聴です!
北海道ではなかなかこのような機会はないかも。
林さんは美術批評家であり、「絵画は二度死ぬ、あるいは死なない」シリーズの著者さんです。
僕もそのシリーズの他いろいろな図録などで何度も林さんの文章に触れてきていたので、とても楽しみにしています。
同日講演会後にはオープニングパーティがあります。

また20日春分の日には参加作家によるギャラリートークがあります。
展示作品および絵画をより深く考察できるきっかけになるような機会になると思います。
話すことが無くなると困るので、ブログに作品の事をつらつら並べるのはこのトーク後にとっておきます。


展示にイベントも盛りだくさんですので、
ぜひ皆様お越し下さいませ!!よろしくお願い致します。