引っ越し。
このアパート最終日にアクシデントが。

溜まったゴミ出しをしようと身軽に外にでたところ、
うっかりカギを部屋に忘れてしまった。
こっちのアパートはオートロックなので、
見事に閉め出されてしまった。

ケータイも財布も頼れるすべての情報が部屋の中。
僕が持っているのはゴミだけだ。
これから引っ越しだというのに、 絶望しすぎて泣きそうになったが
茫然としていてもどうにもならないので、
隣の住人に助けを求めることに。

これが超ラッキー。
やたら親切な(しかも美人な)お姉さんで、
なんとか事情を説明したら、鍵屋さんを呼んでくれた。多謝!
鍵屋さんは30分くらいで到着し、
「ちょっと下で待っていてくれ」と言い、
ガチャガチャわからない方法で鍵を開けてくれた。
見られるとマズいらしい笑

そして80ユーロも取られた…がっくし。
よりによって最後の日にやっちゃうんだもんな。 やれやれ。
何とか無事にアパートを去り、ケバブー屋さんにお別れの挨拶付きの昼ご飯を食べ、
glogauairへ。

かずえさんが同じタイミングで広い部屋に移動するとのことで、
その空いた部屋に入れるようにしてくれていた。

かずえさんは光のインスタレーション作家で、
部屋の壁も床も自分で塗り直しており、
他の部屋より圧倒的にキレイだ。ラッキー!
部屋によっては、床が真っ赤とか、めちゃくちゃタバコくさいとか
前の作家次第でけっこう当たり外れがあるらしい。

しかも同じフロアには先に知り合った韓国出身のYiKyungがいて、
この人めちゃくちゃキレイ好きのようでキッチンが全く汚れていない。
上のフロアはなかなかの荒れ具合なのに…
これは、汚せないな…。タイヘンだ。

移動が一段落したところで、 けんさんとだいさん、
それにアパートの仲介してくれた クリストファー夫妻が見学に来てくれる。
皆で少し飲んで解散。 移動疲れで今日は終了。

さー明日から本格的活動だ。