昨日はニンテンドーダイレクトを見て今日は引き続きE3。
アメリカのイベントなので毎年日本では時差のせいでかなり深夜スタートで辛いのだけど、
ドイツだと昼くらいに優雅に見られるので良い。

僕は4歳の頃から、
TVゲームというドラッグに溺れた。
僕がスポーツにほとんど興味を示さないのも、
いつまでも大人になれなかった(今もなれてないけど)のも、
本をちっとも読まなかったのも、
モテなかったのも、
40%くらいは任天堂に原因があると思っている笑

同時に、
人が作り出した世界がここまでおもしろいものになるんだ、
ということを実感させてくれたのも、
TVゲームの影響が大きいので、
何とも言えないところ。

絵画を本格的に始めてから、
ゲームにドップリ浸かるということは無くなったけど、
任天堂がその時期その時期で、ジャパニーズTVゲームのパイオニアとして、
エンタメ界にどのようなアプローチを提示するのか?
そのアイデアの部分が今もずっと気になっているのだよなあ。

そういう、コンセプト部分を楽しむエンタメ性を
任天堂ウェブサイトで存分に提示するのも、
子供だけでなく僕のように子供の頃ゲームやってて
今オトナ、な人にも興味関心を持たせる為なんだろう。

そしてコンセプトがどう形になったのか確かめるために
一応ゲームは買うけれど、
チラッとプレイして結局全クリできないゲームが溜まって行くのです。

E3は年に一度のゲームの祭典なので、年に一度のお楽しみ。
よし始まったぞというタイミングでK君が突然連絡してきたので、
「オメーにとってのワールドカップ観戦みたいなイベントなんだから
少し待っててくれ!」と怒ったら、
にわかに信じられないという返答が来た笑

Wii Uはもう僕日本帰ったとしても対応テレビが無いので、
なんとなく傍観者だけど、
3DSに引き続きネットワーク部分がおもしろそう。
Wii Uと3DSの連携がどうなるのか気になるところだけど。

しかし次の次世代機は、
コントローラと携帯ゲーム機がイコールになるのではないかな。