6月9日
引き続きApple製品が売ってる店を必死にググったら、
フリードリヒ通りのcyberpointというPCショップを発見!
さっそく行ってみると、トラベルキットもあった!解決。
近くの絵画館を覗く。

レジデンスに帰ったら、一緒にサッカーを見ようと誘われる。
EUROという2年に一度の大会が開催中で、街中大騒ぎなのだ。
普段絶対見ないサッカーだが、英語の訓練にはコミュニケーションが大事。
同フロアのYiKyungと上のフロアの台湾作家Ting Tingと3人でビール飲みながらPCモニタで観戦。
2人ともけっこう詳しいようで、誰がカッコいいなどと盛り上がっている。
「僕の周りの美術やってる女の子で、そこまで盛り上がってる人はあまり多くないよ、
あなた達活発だねー」と話したら、「美大時代は周りの友達冷めててつまらんかった!建築学部とかのほうが盛り上がってたよね」と辛口。
こっちは会話の聞き取りと発言に必死でサッカーどころではなかった。


6月8日
Macの電源プラグのコンセント部分がショートして使い物にならなくなった。
タコ足配線で日本のプラグを使ってたからだろう。これは困った。
トラベルアダプターキットさえあればACアダプタを買い直す必要は無いはずなので、
Appleストアを探してみるも、ベルリンにはAppleストアが無いようだ…首都なのに!?


6月7日
かずえさんの照明作品と実験音楽のコラボイベントに行く。
同じレジデンスの作家さんも集合、
相変わらず英語の聞き取りが困難でマトモなコミュニケーションはできず。
ただ、演奏者の1人の台湾メンとアニメの話で盛り上がる。
ペガサス幻想を熱唱してくれて、爆笑した。

それと、バーゼルは絶対いくべし!と数人からゴリ押しされ、
そのまま勢いで夜中にバーゼルの飛行機予約をする。
もう一週間前なのでやや高額になってしまってたが、
札幌東京間よりちょい高と思えば問題無し。
問題なのは、バーゼルの宿が空いてるわけなかったこと。
野宿とか可能なのか?


6月6日
wifiのプリペイドが切れるので、アレクサンダープラッツ(札幌で言う大通り)のO2ショップで
プリペイド追加してもらう。ややメンドクサそうな接客をしてくるおばちゃん
で、こっちがカタコトのためますます不機嫌気味だ。通じたようだけど。
前回来た時はめちゃ親切なお兄さんだったのになあ。

ベルリン1ヶ月記念としてマイブラのCDをサターン(ビックカメラ的な電器屋)で購入。
いつの間にやらEP+未発表音源集が発売されてたのな。
Tremoroの4曲が元々好きだし、you made me realiseから始まるし、
sugerがいいので満足。