6月13日
6月新入居の作家が揃ったからか、
ディレクターのイレーナが、
みんなでランチ食べましょう企画をしてくれる。
オフィスのメンバーが6人くらいと、
作家8人が集合。
英語圏の作家の英語はホントに早くて聞き取れない。
オフィスメンバーはスペイン人なので、
かろうじてブロークン英語同士でいける…ような。

しかし、ものすごく頭が疲れる。
全神経を会話の言葉に集中して聞くのだが、
あまりに聞き取れないと途中で脳みそがリスニングを放棄する…
切ねえ〜 絵画制作と同じ、一歩ずつ進むしか道はないのだが。

さらにドイツ語も覚えるとなったら、
このメモリの足りない僕の頭はどうなってしまうのだ。

日本語に逃げるようにYahoo!ニュースをチェックしたら、
通り魔殺人のニュース。こっちの方こそ本当に辛い…
無差別の殺人は情報全部が苦しいよ。
人の心のエラーと
社会の仕組みの影部分
運命 やりきれぬ。


6月12日
昨日に続き、
今日はかずえさんに昼ご飯をごちそうになる!
アジアのお姉さん達にすがる毎日…。
一方台湾のティンティンは、
ほぼ僕と同じ生活クオリティなので、
きちんと自炊生活しているお姉さんがすごいと
言いながら、ケバブー屋の話で盛り上がる。


6月11日
先日プリペイド追加したはずのwifiの機械、
使えないことに気付く。
あのやる気の無かったおばちゃん店員め…さては追加できてねえな!

仕方がないのでもう一度アレクサンダープラッツに行き、
今度は親切そうな店員を狙って、
やっぱりカタコトで事情説明に挑戦!
すると店員さんはどこかに問い合わせをし、
全く聞き取れないドイツ語で何かを伝え、
「OK!15分後に使えるようになるぜ!今日から一ヶ月有効だ。すまんね!」
と。。。おお〜よくわからんがなんとかなった!

せっかくアレクサンダープラッツまで来たので、
サターンというヨドバシカメラのような巨大電器屋でプリンタを購入。
EPSONの最もロースペックのプリンタは、なんと3000円で買える。
印刷の質は普通に作品ファイル印刷くらいなら充分の機能を持ってる。
日本から持ってくるより安上がりだ。

レジデンスに帰ると、イキョンが「米食べたい?」と聞いて来たので、
もちろん食べたい!と答えると、晩ご飯を分けてくれた!

いっつもパンかケバブーしか食べてないと以前話したところ、
「信じられない!私は絶対ケバブー食べない!自炊しなさい!」
と言われたのだった。さすが超しっかり者。
でもmy生活改善の気配がないので、お情けを頂けたようだ。
こうやって弱った野良犬のように優しい人に助けてもらうんだ。

オシャレお姉さんなので、英会話のやる気ボルテージも上がる笑
超必死にGoogle翻訳フル活用の美術話をした。