バイエラーで少し眠ってしまった後、アートフェア方面へ戻って昼食。
噂には聞いていたが、困った事に物価がベルリンの3、4倍! 
ドナーケバブー、ベルリンなら250円くらいなのに、
バーゼルだと800円近くする…!厳しいなあ
でもそれが一番安くてラクなので しゃあない。
腹ごしらえして、今度はSCOPEを見る。
Art Basel以外にも、同時期に幾つかの
若手ギャラリー系のアートフェアが開催されていて、
その中の1つ。
ザーッと撮った写真をいくつか載せますが、
前半はそれなりにパシャパシャやってても後半はバテタので偏りが…
そのため良い悪いのピックアップできてません…
雰囲気だけでも。
_MG_3612

_MG_3613

_MG_3614

_MG_3615

 _MG_3616

_MG_3617

_MG_3618

_MG_3619

_MG_3620

_MG_3624

_MG_3625

_MG_3626

_MG_3627

_MG_3628

_MG_3629

_MG_3630

_MG_3631
ん?この抽象、ニューヨークで見た覚えが。

_MG_3632

_MG_3633
おもしろいのは、こういう巨匠の普段お目にかかれないような
スーパーラフな小さいスケッチまであったりすること。
このウェッセルマンはまだマシな方で、
こんなヘボいのまで見せていいんだろうか…というのまであった。
巨匠になると、ゴミみたいなスケッチも摂取されちゃうのか。

_MG_3634


_MG_3635
あ、ここはカイカイキキギャラリー。

やたらギャラリー数があるので、
睡眠不足と疲労でどんどん鑑賞力が落ちる。

次はVOLTAへむかう。
_MG_3640
 途中コンテナが大量に積まれててカッコ良い

_MG_3643
 
_MG_3644

_MG_3645

_MG_3646

_MG_3647

_MG_3649

 _MG_3650

_MG_3651

_MG_3652

_MG_3653

_MG_3654

_MG_3655

_MG_3656

_MG_3658

_MG_3659

_MG_3660

個人的にはSCOPEよりVOLTAの方が引っかかる作品多め、
あとギャラリー毎のパンフレットを挟めるバインダーをくれたり、
会場が少し離れているので、他のアートフェア会場への送迎バスを出していたり
細かい企画側の配慮が丁寧な感じだ。
体力の限界でフラフラだけど、送迎バスがあるもんだから、
ここまできたらもう一個行ってしまえとLISTEに向かう。
_MG_3668

_MG_3713
このビル全部会場!うげえもう倒れそう…
LISTEは会場構成がダイナミックだったな。

_MG_3669

_MG_3672

_MG_3673

_MG_3674

_MG_3677

_MG_3679

_MG_3680

_MG_3682

_MG_3683

_MG_3685

_MG_3687

_MG_3689

_MG_3690

_MG_3692

_MG_3693

_MG_3694

_MG_3712

しかし、3つ通して見ると
おもしろいギャラリーもちょこちょこあったけど、
全体の空気はなんとなくシャキッとしてない感。
普通に弁当食ってるギャラリーもあったし笑

そして微妙な作品の方がだいぶ多いわけで、
そうなるととにかくものすごく疲れる。

ああ…このなんというか「周辺」の大多数感、
とにかく作品作ってる人も作品売ってるギャラリーも
めちゃくちゃ大勢いて、
自分も続けていけばこの雑多な中には
もしかしたら飛び込んで行けるかもしれないが、
その後この膨大な数のハンパな雑多な中に埋もれたまま抜け出せず萎んでいくのは、
うんんんぬぬ…
とかなんとか考え始めるとだんだん暗い気持ちになってきて、
 会場を出る頃にはうつむいちゃってんの笑。
若手を一気に見すぎるのは、健康的じゃないな!!

また朦朧としてフラフラ歩く。
バーゼル中心は、何か作ってるようだ、デカイ工事。
_MG_3724


_MG_3610
でその隣でやってるのが、Art Basel!!
明日に取っておこうと思ってたが、
この鬱々とした気持ちのまま今日を終えたくないのと、
夕方5時以降はチケットが安くなるので、
下見程度に覗いて行く事にした。

さすがに、スケールのケタが違う。
通路がカーペット状でフカフカしてるところから違う!!

 そしてArt BaselのiPhoneアプリがあり事前に
入れておいたんだけど、これが凄い便利。
どのギャラリーがどこにあってどの作家を出してるのかを検索できる。
作家名でも出来るので、見たい作家から優先して探せるという、
なんという優れたガイドだ。 

というわけで、速攻でクリストファーウール検索。
ついにあの擦ってるデカい抽象作品を生で拝見することができた。
これは感動… !
スプレー吹いて擦って、どうして良い絵画に成ってるのか。
ざっくりしてるのに絵画の良さの謎を浮き彫りにしたような すばらしい作品だ。
ああー絵画はこれだよー

他のギャラリーにも別のウール作品があった。
シルクスクリーン全開の作品はあまりグッとこなかったが、
点々を打ってる作品等もけっこう良かったなあ。

その他ザーっと会場を確認し、一日目終了。これは明日が楽しみだ。
…いやまだ終了してなかった。国境を超えて宿に行かなければ。 

電車で行けるはずだったのに乗り方がわからんので、
とりあえずトラムで終点の国境前まで行く。レラハって書いてる。
_MG_3728
 この高速道路の出口みたいなのが国境?
なんか、人も車も普通に行き来してる… ので、
歩いて超えてみたら、何も言われなかった笑
初、国境徒歩越え!!

_MG_3729
あるいて10分で宿に着いた。
何とかなって良かった…