バーゼル以降、月末にオープンスタジオも控えてるということで、
割と引きこもって制作する日々が続く。

そしてなんとか小作品8展を用意完了+大きい作品を下地まで作った段階で、
28日にアトリエ掃除して綺麗にこんな感じに展示。
_MG_3751

_MG_3754

_MG_3752

29日と30日がオープンスタジオ。
29日18時スタートだったが沢山のお客さんがひっきりなしに来場。
_MG_3756
僕も出来る限り英語で説明を試みるも…課題多し。 
普通にたくさんの質問の皆さんしてくれるのだけど、
その9割はどうやって作っているのか?素材は何か?だった…。
あまり画面の中身には興味がいかないんだろうか、

絵画の場合展で直線の作品を作ったが、
秋の個展は丸のシリーズでやることになっている。
で、あの直線の作品からヒントを得たりしながら
最近は丸の構成に意識的に取り組んでいるのだけどなあ。

しかしベルリン、
いろんな国の人とか、美術学生さんから近所のおじさんまで客層の幅が広い。
他の入居作家つながりで、美術関係者も見てくれたり。

オープニングイベントのパフォーマンスもあったので、
深夜12時までずーっとお客さんでいっぱいだった。

日本の方々も、けっこう見てくれた。
僕が大黒さんと2年前に参加したポーランドのレジデンスイベントに
今年参加する世羅さんと竹原さんにお会いして、いろいろ話す。

鈴木君も再び来てくれた。明日ベルリンを発つそうだ。

みきこさんに「作ってますよ!」アピールをしたかったのだが、
ハンブルグ方面では嵐がきて電車が止まってしまったとのこと。残念!

30日にはけんさん夫妻が見に来てくれた。
全体的に日曜日で人の入りもゆったり。 
空いてるスキに他の作家さんの部屋を撮る。

中国のLiang Yuan wei
画家。この作品は紙に口紅で描いていたけれど、
かなり大きな油彩がメインの仕事のよう。
僕と同じタイミングで入居しているので、作品は今はこれらのみ。
_MG_3760


韓国のYi Kyung Cho
いつもお世話になってるお姉さんは、映像作品。
写真じゃわからないけれど、近くの風景をフォトショップでレイヤー加工して
2台のプロジェクターで像をさらに重ねて投影。
_MG_3769

こっちはドローイングに映写。
_MG_3770


台湾の Cheng Ting ting
コンセプチュアルだけど展示も丁寧。
SNSなどで人と会って、秘密を語ってもらうという
プロセスを見せている。人が語っている映像は無音。
_MG_3776

_MG_3774


チリのGuillermo Lorca
日本のアニメイメージを写実に置き換える油彩。
女の子の髪の毛が緑だ笑
ギレルモも僕と同じタイミングの入居なので、
この絵はキャンバス巻いて持って来たとのこと。
_MG_3777

_MG_3778
左のマッチョマンがギレルモ。


オーストラリアの Rebeca Smith
フォトブックと映像の展示。
とても詩的な表現で、
日本のそういう文脈にも親和性がありそうな空気。
レベッカも僕と同タイミング入居。
_MG_3779

_MG_3780


日本のKazue Taguchi
かずえさんは光のインスタレーション。
ギミックのある自作の反射物に回転する光を当てて、
オーロラのような光を出現させる。
_MG_3785

_MG_3944


アメリカのMegan Cotts
西海岸の作家で、
飛行機の羽のハニカム構造を用いた彫刻作品と、
ドローイング、映像とマルチ表現。
_MG_3919

_MG_3922

_MG_3923


 一階のイベントルームでは、
ギリシャのDiamantis Sotiropoulos
が企画したドローイング展。
_MG_3941

これがディアマンティスのドローイング。かなり個性的。
日本じゃあまり見られないタイプの作風が新鮮だ。
_MG_3935

_MG_3939

_MG_3932

_MG_3937

_MG_3936


この作家のドローイングが自分は一番好きだった。
_MG_3938


_MG_3931


こんな雰囲気でした。おもしろいなあオープンスタジオ。
3ヶ月置きにやるみたいなので、次は9月だ。
僕はちなみにとりあえず11月までこのレジデンス滞在延長できそうなので、
次回も参加だ。
個展前だし作品もぐっと増えてることだろう!

オープンスタジオも無事終わり、
一安心した夜中、ベルリンにも嵐が。 
IMG_1671
2時間くらい、常に空が雷で光っていた。怖ええ。
怖ええけど、雷の夜空はとても好きなので、
夜更かししてずーっと空を見ていた。
あまりにピカピカ光るから、フラッシュ効果で
雨粒が空中で止まって見えてキレイ。 
あまりの自然のスケールに思考が飛ぶ。