朝一でベルリンから都市間バスに乗りカッセルまで5時間。
同行したOもやっぱりそうだったけど北海道から来た人は口を揃えて、
ドイツ都市間の田舎の風景を見て、
「北海道とほとんど同じ」と言うのがおもしろい。
本当に空や空気の感じや植生など風景が近い。
建物の形と、風力発電の風車の数が差だろうか。
本州に初めて行った時の風景の違いの方が新鮮だったかもしれない。

というわけで、
年に一度ドイツのカッセル市で開催される
世界最大級の国際美術展、ドクメンタを初鑑賞!
表記はdOCMENTA(13)。

一日目写真はfacebookにアップしてます。
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.412722235454947.92632.100001515216496&type=1&l=475166cb24

写真で語りきれない興奮を書こうと思います。


昼過ぎにカッセルに着いて、いきなりコスプレガール達に遭遇。
395284_412725385454632_16481640_n

どうやらドクメンタとは別会場で、マンガフェスをやっているらしい。
ドイツのマンガフェスも気になるけれど、
やっぱりドクメンタ!
泊めて頂くお家のおっさんに迎えに来てもらい、
恋人のマリアさんともご挨拶と家の使い方を親切に教えてもらい、
さっそく会場へ向かう。会場の駅へは歩いて10分ほど。

まずは展示マップをショップで手に入れ2dayチケットを買うけど、
慣れないのでそのまま駅の行列に並びながら計画を練る事にする。
この行列はJanet Cardiff & George Bures Millerの作品の列で
一時間待ちでいきなり疲れる。
でもこれがめちゃくちゃ良い作品!!!

316710_412722975454873_1122930573_n


iPodとヘッドホンを渡されて、指定の場所に座って映像を再生すると、
同じ場所で撮られた映像作品が流れ始める。流れる作者の語りに従って、
映像と同じように自分が駅構内を歩いて行くというもの。

まずヘッドホンの音がものすごくリアルにできていて、
実際の音なのかヘッドホンからの音なのか区別がつかないので、
おそらくこの作品を鑑賞した人はみんなヘッドホンを取ってどっちの音なのか確かめたはず。
映像ではバレエダンサーや演奏隊など登場したり、
鏡に作者が映ったり、途中で電池を替える演出が入っていたり、
隙のないドキッとするポイントがたくさんあった。
収容所の話に触れたりもしていた。

映像と音に没入しながら実際の風景にも意識がリンクするので、半分映画の世界に入っているような、感覚の境界線がゆらいだ状態になる。
それを知らない周りの駅利用客は不思議そうに僕らをみているので、その構造もおもしろい。
307754_412722995454871_726070511_n

375877_412723025454868_872978516_n


最後まで見終わって、あんまりにもビックリしてわけもわからず半泣き状態に。
この作品を最初に鑑賞したので、
ドクメンタの印象が爆アガリでブワッと膨らんだのはとてもいいスタート。
(追記:youtubeにこの作品の映像上がってました。
途中まで見れるので雰囲気はわかると思います。
http://www.youtube.com/watch?v=sOkQE7m31Pw&feature=youtube_gdata_player)

以下、気になった作品をピックアップします。

644362_412723562121481_364051624_n
Susan Hillerの作品はジュークボックス。100日間のための作家が選んだ100曲が
再生できて、その後も街中のいろんなカフェや飲食店で見かけることになる。
3つ目くらいで、「またオマエか!」って思ってたけど、
別会場の美術館の展示でその意識がひっくり返された。それはまた後述。


260187_412723635454807_1735915934_n
シリアのことをテーマにしている部屋は
Rabih Mroueの作品。
写真奥の作品はフリップブック(パラパラマンガ)の形式なのだけど、
それは携帯電話で兵士を撮影してる映像がフリップブック化されているもので、
撮影者が銃で撃たれてその映像が終わる。
先日のシリアでの日本人ジャーナリスト山本さんの最後の映像を思い出した。

横にボタンがあって、押すと、その時の音が一緒に流れる。
たかがフリップブックなんだけど
自分の手でそのような映像を進めていく妙なリアリティにぞっとしてきた。

こういった社会的な作品は、他にもたくさん見られた。

駅の一番奥の方にあるWilliam Kentrideの作品にも30分並ぶ。
184003_412723995454771_2115764397_n
横にあるブラインドの作品はHaegue Yangの作品。


ケントリッジ作品は撮影禁止だったので
画像がないけれど、広い空間に5面の映像を投影して、
真ん中に謎の木製機械がずっと動いているという作品だった。
映像はシュールでわかりにくいのにユーモアがあったり毒があったり、
なんとなく人間とテクノロジーについての映像展開のように見えた。
映像の終わり方が何かの隠喩のような登場した人々のシルエットの行列で
なんかグッときた。

行列でけっこう時間をとられたので、駅の中でも見落とした作品がまだ残ったところで
一日目終了。とにかく人の量がハンパじゃないし、
作品の善し悪しはあれスケールもハンパじゃない。