二日目は公園制覇計画。

写真はこちら
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.412726758787828.92634.100001515216496&type=1&l=2173d3662c


公園は歩いてまわると一日じゃ無理な広さなので、
なんとかレンタサイクルを借りたいところ。
Konradという緑のレンタサイクルがいろんな所にあり、
サイトやiPhoneアプリもあるのだけど、
なにせ全部ドイツ語でなかなか借りる方法がわからない。

O嬢の英語に頼ってわかりそうな人に聞いてたら、
おや、近くにいたイギリスのゲイカップルも僕らと同じ困惑状態だった。

その後、数人のドイツ人をつかまえては英語コミュニケーションをまかせ、
みんなやたら親切に説明してくれてレンタル成功!!
ドイツの印象がまた上がる。
カッセルにきてO嬢のコーディネイター力も上がっている!
やっぱ英語できると便利だなー

ゲイカップルもほぼ同じタイミングでレンタル成功してて、
謎のグルーブ感が発生した。

ちなみにこのレンタサイクルの仕組みは、
まずサイトでアカウントとクレジットカードと電話番号とメアド登録、
その後パスワードメールが届く。
次にレンタサイクルに書かれている電話番号に登録電話からかけて、
アナウンスの後に、これもレンタサイクルに書かれている4ケタのナンバーを入力。

それで登録完了。自動的にクレジット課金されるという仕組み。1時間60セントくらいだったか。
鍵をしてまた開けたい時は、メールで届いたパスワードを自転車に付いてるタッチパネルで入力すればOK!返却は、レンタルゾーンに戻って来て鍵を締めれば完了というなんだかハイテクシステムだ。

419327_412727492121088_1795825216_n
晴れてチャリでの公園巡り開始。ペノーネの彫刻は安定感あり。


183378_412727685454402_1842843974_n
これはけっこうキツい坂を上り下りしながら音を聞く作品で、
足場も砂っぽいので滑り落ちてもおかしくない。
日本だったら危険だから却下されそうだけど、
キャプションに「自己責任で」って書かれてた。
おばあちゃんなんかも楽しそうに上り下りしていた…。


486860_412727615454409_1850026585_n
作品にはこういう看板が立っているのだけど、
いろんな小屋に、Green Companyっていう会社の協力が書かれていた。
たぶん小屋制作はこの会社がだいぶ関わっているんだろうかな。

全体的に小屋については、中でインスタレーションか映像って感じで、
昨日見た展示に比べるとなんとなくユルいのでスタンプラリー的な楽しみ方になりがち。
公園のあまりの広さのほうがビックリ。

 379992_412728928787611_1235664633_n

581523_412729072120930_1411542496_n

小屋の中でおもしろかったのは大竹伸朗さんだった!
さすが小屋の扱いには慣れているのだろうか。。
小屋自体がオブジェ化していたし異彩を放っていた。
モンシェリー!っつってそういった日本語のおかしなニュアンスは
僕らは絶妙なセンスを感じる事ができるけど、
海外の人にはそこは伝わってないんだろうなあと思った。
どう見えるのだろう。
外から中を覗くようなタイプの小屋で、 
中に巨大なスクラップブックが。気合いを感じる。
木の上にカヌーが乗っかっていたり、裏の小屋は電力マシンのようになっていて
何かの暗喩に見れないこともない。


423918_412728568787647_435205702_n
駅で感動したJanet Cardiff & Geoge Bures Millerは公園にも作品が。
元々サウンドアーティストみたい。
こっちは銃声やレクイエムなど音を聞く作品。
林の中にスピーカーが何個も
仕込まれていて、ものすごいリアルな臨場感。
観客が皆じ
っーと静かに動かずに聞いていたのが印象的。 


296732_412729182120919_71913560_n
 Anri Sala、ええこれがアンリサラなの?ってこれだけ見るとハテナな気持ちになったが、
後に公園の端にあるオランジェリー館で感動する事に。また後述。


185088_412728915454279_1125670469_n
Pierre Huygheの作品は公園の中では一番気になったかも。
荒れた現場に人体彫刻、そこにハチが群がっている。


576858_412728842120953_1698026641_n
日々暮らしているとドイツの人たちは日本人以上に犬への愛情が強く見えるが、
そんな国の国際展だからなのか?犬への愛情がハンパ無い作品も何点かあった。
これはドッグレース場が作品になっていた。。。

写真に撮らなかったけど、ひとつ小屋の映像作品で
Omer Fastという作家の映像がおもしろそうだったなあ。
5分くらいチラ見しかできなかったけど、それでも引き込まれる何かがあった。
後で見たらカタログのスチル写真もカッコ良かったし。

だいたい公園を見終えるかなというところでチケットを紛失し、
アフター5チケットを買い直すハメに…こういうアホは必ずやってしまう。
最後に端のオランジェリーもとりあえずサラリと一周、
ここにはMika Taanilaの原発テーマの映像作品があり、
フィンランドの原発建設している街のドキュメントだった。
美しい映像ながらものすごく不穏な作品だった。

無事に公園制覇し、レンタサイクルも元に戻して二日目終了。