土日を抜けたので少しは空くかなと思ってたけど、
依然ものすごい人の量。
三日目は美術館など建物中心に。できればほぼ見終えたい。

写真はこちら
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.412731965453974.92635.100001515216496&type=1&l=60b3faf681

ちなみに僕は貧乏性で写真をバシャバシャ撮っていたけど、
案外皆さんゆったりと、撮影魔にはならずに鑑賞しており、
分厚いカタログ片手にじっくり考えながら楽しんでいるようでした。

メイン会場のFriedrichsplatz。
この中のRotundaという空間に、
今回のドクメンタのコンセプトの代わりとなる展示が詰め込まれている。
そんなに広くはないこの空間に、壮大なスケール感を感じさせるような
カタログの文章と展示構成で魅せている。
557087_412732558787248_320604900_n
ここはやっぱり読みながらじゃなきゃわからんことも多いのだけど、
展示は美しく、詩的な中にいろんなヒューマニズムを引き受けようとしてる
ような感じがした。

モランディの絵画やそのモチーフそのものが並んでいて、
それもただ作品としておかれているのではなく、
大戦中のファシズム後に作られた象徴的なものとしての側面が強調されているようだった。
その壁の向こうにマン・レイのオブジェと、
リー・ミラーのヒトラーのアパートのバスタブで撮られた写真が
向かい合わせで展示されていたり。

パラグアイの親子アーティストJuana Marta Rodas and Julia Isidrez
の彫刻も良かったな。
 

アーティストの作品だけでなく、戦争で溶けたガラス片や
紀元前の中央アジアの彫刻作品なども並んでいた。

この
Rotundaに入って来る前の美術館最初の展示は
Ryan Ganderで、作品が無いので何かと思えば、
風が吹いているという作品だった。
_MG_9641
微風に吹かれてもらっているO嬢。
視覚的でない作品を伝えるのは難しいな…

いきなりこれだったので、ハテナな気分になったけど、
Rotundaや他の部屋を一回りした後だと、なんか気になる存在になった。

撮影禁止だったけどダリのこれまた戦争がテーマのような作品もあった。


この日は見た作品数が圧倒的に多いので端折りますが、
特に気になったのをピックアップ。
296337_412735715453599_1571004383_n

316754_412735605453610_1297961948_n
260020_412735635453607_1206585507_n
ドクメンタ全体を通して絵画は少なかったしあんまグッとくるものも
少なかった中で、
Francis Alysのこの小さな絵画作品群は本当に良かった。
側面は麻剥き出しでタックが打ちっぱなし、
コラージュ部分もサラッと貼ってるだけなんだけど…
TVの画面を彷彿とさせる色面も
マットな表面で美しいし、
何なのか感情を揺さぶる秘密を持っている。
フランシスアリスはカブールの展示では映像を出品しているようで、
それは彼のサイトで見る事ができるんだけど、
(http://www.francisalys.com/public/reel-unreel.html)
 これもまた感動してしまう。


この辺りの展示はいいのが固まっていて、
すぐ近くのTino Sehgelのパフォーマンスの非常に良くて茫然としてしまった。
Theaster Gatesの滞在制作?場所も全体的におもしろかった。


 Neue Galerieでは
ジュークボックスのSusan Hiller。
ホワイトキューブの壁に100曲の歌詞、壁に埋め込まれた
一台のジュークボックスが音を響かせていてなんとも美しい。
公共空間と美術館空間の違いをうまく魅せていて、
それまで何回もみかけてきたジュークボックスの印象は
この部屋を体験する事で変わってしまった。
487495_412736568786847_346992925_n
 

ottoneumは自然史博物館。

会場の雰囲気ならではの作品が並んでいて、Toril Johannessenの光の作品が気になる。
395342_412740062119831_1843918562_n
暗くて作品がうまく撮れず。
 

Docmenta-Halleは天井が高くて広い空間、
ダイナミックな作品が目立った。
253465_412739205453250_1272458943_n

391677_412739355453235_1803429648_n
Thomas Bayrleのこの飛行機の作品はいろんなレポでも見かける、
「絵になる展示」な作品だった。カッコ良い。
近寄ると、飛行機の中に飛行機が描かれているんだな。
ユニットは紙で印刷物っぽい感じだった。 


381274_412738698786634_1642909113_n
 Julie Mehretuもとにかくデカすぎ。


540095_412741845452986_226385081_n
駅側のはずれのほうに単独であったTacita Deanの作品、
30分ほど並んだけど、これも良かった。チョークで描かれた山のドローイング。


その他、病院跡、図書館やデパート内でも展示があり、
それぞれの場所に合ったインスタレーションの在り方が興味深かった。
作家の取材力や順応力を感じる。




ドクメンタではないけれど、近くの教会でバルケンホールの展示を
やっていて、それもおもしろかった。
396429_412737838786720_1722250691_n

 
なんとか 85%くらいは見終えることができた。
夜は、オーストラリアで語学留学中の後輩Tっちーもドクメンタ見に来てると連絡があり、
謎の組み合わせな3人で飲んだ。