しばらくしても
あのドクメンタ体験は一体なんだったのか…と
ボーッと考えたりして、作業しながら
まだまだアシスタントしてくれてるひがし君と
ドクメンタについて話して意見が一致しなかったりしてるが、

またtwitterで、鑑賞した人達のレポートが
次々に流れてくるのだけど、
その内容とか解釈の深さがパネえっす。

例えばこれら。
http://togetter.com/li/330943

http://togetter.com/li/376868?f=reco1
 

当然ながらここまでの解釈は無理でした。
英語でびっしり書かれたガイドブック読みこんだり
そもそも歴史観が頭の中に或る程度入ってないとわからないことで、
う〜ん…と唸るのみ。。
 
こういうのを読んでいるとまた、
ボエッティの展示っつーかボエッティの活動ってそういうことだったのか、
と思わされたり、
作品外のことや美術外のことも自ずと考えさせられるような。。。
どこまで背負ってるんじゃドクメンタ。

あとこれはディレクターのインタビュー。
http://gjks.org/?p=2251