ベルリンにいると、
自動的に日本で活発な何人かの人達の展示も見る事ができる。

坂口恭平さんの個展&トークイベントがあると聞く。
ちょうど先日ひがし君と坂口さんの話もしていたのでタイムリー。
行ってみる事に。
そういえば噂はたくさん聞いていたけど、
なんとなく無意識的にあまり触れていなかったような気がする。

が、実際行ってみると小屋やドローイング、映像展示と
盛り沢山。やっぱし興味深い人だった…!
トークは基本英語だったのだけど、
僕でも聞き取れる簡単でつたない感じの英語を駆使して、
それでもちゃんと言いたい事を伝えることができている印象。
youtubeとかでも後で見てみたけど、
普段のブワーって話す感じとはずいぶん違った。 
カナダに作品のコレクターがいて、それで資金を作ったとか、
新政府の話とか、なるほど…。
想像くらいまでならできるかもしれないけど、
実際今ある程度を超えて実践しているから凄い。 
人の心を動かす人間の魅力が感じられた。
それに若い世代だけではなく、
ヒッピー思想上がりレノン大好き世代の理解もありそうだと
ちょっと思う。

同時にアブナい感覚もやっぱり感じて、それも含めておもしろかった。 
とりあえず彼のエネルギーを体感しただけでなんかやる気になる。