広瀬さんはこの日帰国。

さて本格的に搬入開始ってとこで、
喉の痛みが悪化して体がだるくなってくる…これはヤバい感じだ。

しかもギャラリーはフェア出品直後で間髪いれずに自分の個展なので、
まずはフェアの残骸を片付けるのを手伝うのを協力、肉体労働…!
この日もフランクがいろいろ運搬の手伝い。
みきこさんは睡眠3時間くらいなのにがんがん動いてる。

夕食は日本食屋さん。うめー!
フランクはしめさば食ってる…納豆も食えるらしい。
そしてこのおっさんは夜になればなるほど元気になる。
英語力は似たようなものなのでたどたどしいが、

下ネタの時だけは意思疎通能力がアップするから不思議だ。
日本語のエロ用語は積極的に学習しているらしく、
「Bukkake! Bukkake!」とうれしそうに言って来るので、
「フランクはそんなにブッカケがスキなのか?キモいな。」
と返すと「いや好きではない!」って…
単語言ってるだけかい中学生か!

しかし不思議なものでわずかな下ネタを交わすと妙に親近感が増す…
下劣な男子文化ってしょーもねえが、僕はけっこうそれで助かってきたこともある。
ただし年齢を重ねると、セクハラに一転する可能性が上がるので、
その部分の感覚は研ぎすませてならねばならん。

とか思いながらギャラリーとギャラリーの倉庫を行ったり来たりしてるうちに
どんどん体調が悪化。完全に発熱してるな。
IMG_2420
これは倉庫マンションのような建物。
開けようとしてる扉の奥がギャラリーの倉庫で中には
作品ぎっしり!

夜中にようやく運び出しが終わり、
ようやく自分の作品の位置決めを試すも、
フラフラすぎてもうダメ。

あらかじめ決まっていた大きい作品の位置を言うと、
フラフラな自分を見かねたのか
フランクがものすごいスピードできっちり展示してくれた。
突然頼りになるおっさん!

みきこさんも、普段はフランクの戯言を半分くらい無視しているが笑
この作業の迅速丁寧さとフレキシブルな行動力については信頼を寄せているとの事。
なるほど。

帰宅後、悪寒にやられる。
厚着かまして爆汗かいて明日の昼には復活しないとやばい。