数日ハンブルグでダラダラする。みきこさんは年末で変わらず多忙そう。
多忙そうだけど、ヴォルスブルグでステラの回顧展をやってるといってたのを思い出し、
みきこさんに「ベルリン帰るついでにステラ行きたいんで一緒に行きましょうよ〜、
今しかチャンスないっすよ〜」
と悪いささやきをしたら、シンキングタイムののちノッてくれたので同行。

IMG_2840
ヴォルスブルグ駅から見える巨大な建物は、ロゴでわかるとおり
ヴォルクスワーゲンの本社。でけええ。
写真では左側が収まってないが、この3倍くらい建物が続いていた。


IMG_2842
駅から南へ15分程歩く。コンパクトな街並でずっと歩行者天国が続く。
そして大きな美術館が見えてくる。

中は撮影OKだけど、ブログとかにあっぷしちゃイカンとの事。
とても天井が高くて、空間も広めな開放的な展示空間なので、
ステラのデカい作品もゆとりをもって展示してあった。
初期作品から最新作までバランスよく並ぶ良展示。
中期がやっぱりいいな。
レリーフになって、特に最近のは、、、、な感じだけど、
ま〜馬力がすげえや。

ドローイング展示がある意味一番おもしろかった。
思いつきをメモしたようなもので、
線の魅力とか、絵の上手さを全く感じないドローイング。
このヘナヘナな構想がペインティングに化けた時には全く違う迫力になるのだから、
興味深い。

ちなみに常設展示室には、ステラ作品よりさらにデカいキーファーの作品があり、
これには参った。キーファー好きじゃないけどこれはさすがにすげえわ。

電車の中でも仕事するみきこさんと別れベルリンに戻る。
ベルリンに戻ってくると落ち着く。僕もだいぶベルリナーになってきたかなあ?