さて最近ランスという町にルーブルの別館が完成したとのことで、
建築がSANAA、
開館記念展でドラクロワの「民衆を率いる自由の女神」は
そちらに移動しているらしい。

せっかくなので、次の国ベルギーに移動する前に立ち寄ることに。
カタカナで「ランス」と認識しているとアブねえ、
Reimsというもう1つのランスがあって間違うところだった。
Lensの方が目的地です。
行き方は、パリの北駅からLensに行きたい!と窓口に言ったら
サクッと教えてくれた。
IMG_3364
北駅の掲示板。さらばパリよ。
ランスへはTGV一本で行けた。
約1時間20分の40ユーロくらい。

_MG_2527
ランスは元炭坑の街で三角の山が何個もある所だと
途中隣に座ってたお姉ちゃんが教えてくれた。
言われたとおり三角の山が見えて来た。

_MG_2528

_MG_2529

_MG_2532

ランス駅を出るとちゃんと看板がある。
バスもあるみたいだったけど、試しに看板通りに歩いてみる。 
ちょこちょこ小さい方向指示があるので迷いはしなかったけど
どこまで歩くのかは不安にはなった。
_MG_2536
おお、遠くに炭坑山が2つ並んでる。

途中から歩行者通路みたいになって、ずーっとまっすぐ。
駅から結局20分ちょいかかった。

_MG_2541

_MG_2542
雪の原っぱにメタリックで平たい建物が見えてくる。ルーブルランス到着だ。

_MG_2544

_MG_2640

_MG_2646

ガラスで区切られたコミュニティスペースや図書室、ミュージアムショップ、
その奥にカフェがあってオープンスペースみたいな感じ。
このスペースを中心に手前と奥に展示室。
手前の展示室がメインの常設って感じになっていた。

_MG_2546

_MG_2547
地下にはクロックと何やらプレゼンテーション。

開館記念バージョンの常設展示に入ってみる。
IMG_3366

_MG_2551

_MG_2550
だだっ広くて長ーい空間の壁に西暦メーターが付いてて、
奥に進むと時間軸も進むような展示になっていた。
各地域の文化が並列的に展示されている仕組み。

_MG_2616
絵画作品はひと作品ひと壁ってな感じで展示されていたので、
本館に比べるとなんとなく安っぽくも見えたり。

_MG_2618

_MG_2627

_MG_2613
天球儀おもしろい。

_MG_2565
アングル作の肖像画とイラクあたりの王族の肖像画が並んでたり。

_MG_2598
一番奥にデーンと自由の女神が。

さらに奥の別部屋は時間をテーマにした小さな企画展。
_MG_2578

_MG_2587
北フランスのお祭りに使われる大きな人形と、それを描いた昔の絵画を並列してたりして
おもしろい。

河原温の作品など現代美術もチラホラ混ざってた。
_MG_2588
温、箱とセット!

もう1つの展示室は企画展でルネサンスやってた。
_MG_2687

_MG_2688
誰かのドローイング。複写の穴跡がいい。

_MG_2658
さすがに疲れたのでダビンチくらいはしっかり見とく。

土曜日だったからなのか、思ったよりたくさんの人が来場していた。
_MG_2643
カフェで休んでみる。なかなかうまくて10ユーロ以下。

遠くの方の三角山、
三角山どっかで見覚えがあると思ったら、畠山直哉さんの写真作品に
この山がモチーフになってるシリーズがあったんだ。
ミュージアムショップにその写真集も売ってて気付いた。


帰りも駅まで歩く。
途中、不安そうなおばさんが「ルーブルランスはどっち!?」て聞いて来た。
やっぱり不安になるよな〜ここ真っすぐだよ!って教えてあげた。

駅でブリュッセル行きの電車のチケットを買って、
少し時間が余ったので街を散策する。
_MG_2700
小さな田舎町で、パリとは全然違う雰囲気。
大都市ばかりではなくこういう場所も体験できるのはラッキー。
ルーブル別館をこんなところに建てたのもそういう意図があるからだろう。

さあベルギーへ向かう。
まずはもうちょっと北の街Lilleまで電車に乗る。
着いた駅はLille Flandres駅。まずは腹ごしらえ。
駅のマクドナルドに入って適当にセットを頼んだら、
ハッピーセットだったらしくピカチュウメガネをゲットした。。。
IMG_3369


そこから5分歩いたLille Europa駅からベルギー行きに乗り換える。
歩いていると、
_MG_2705

_MG_2707
手塚治虫のマンガ展のチラシが貼ってたり、駅前に草間弥生の作品があったり、
あらあらLilleも大きな街でちょっとおもしろそうだけど今回は見送り。

Lille Europa駅では人がたくさんいた。
どうも雪でダイヤが遅れているらしい。大丈夫か。
一時間半くらい寒いホームで待ってようやく電車が来た。
_MG_2711
待っている間、大きな犬のぬいぐるみを持ったファンキーなニイちゃんが
チョコレートをわけてくれた。

2時間くらい乗って初ベルギーだぜブリュッセルMIDI駅。
フランスとはやや駅の空気も違って夜だしちょっと怖ええ。
ブリュッセルからさらにゲントまで乗り継ぐ。 

何とかゲントまで着いた。
レジデンスで仲良くなったゲント在住の友人の家を借りる予定でいたけど、
23時半。すでにスタバが閉まっててwifiが使えない!
これでは友人に連絡ができず、
どうやって鍵をもらったら良いのかわからなくてめちゃピンチになる。

ついにオレもここまでなのか…今までの旅路はしょせん奇跡だったのか…
いやおや何か良い方法は無いかと街を彷徨っていると、
中世の街並が目に飛び込んで来てピンチな気持ちがすっ飛んでしまった。
IMG_3373

IMG_3375

IMG_3376
なんなのこの街は!?めちゃくちゃ美しいんですけど!!!

そして地図アプリ(地図だけはオフラインで使えるアプリを入れているのだMaps with meってやつ)
を眺めながら、
前日なんとなく保険の気持ちで見てたホステルの位置を思い出し、
これがうまいこと見つかって、駆け込みで宿泊させてくれた。
時刻は1時近く。いや〜奇跡すぎる。助かった… !