昨日ハンブルグ入りし、Mikiko Sato Galleryへ。
手塚愛子さんの個展を見る&トークイベントを聞く。
IMG_4348
ベタニエンで展示をしていた時の作品を中心に、充実した展示。

日本とヨーロッパの歴史観、ゴースト、放射能、
デュシャンのアンフラマンス、など幅広い内容。
すべて英語でのトーク、速度がゆっくりなので7割くらいは聞き取れた。

アンフラマンスの事は少し前にすでにアイコさんに教えてもらっていたが、
改めて興味深い。日本に帰ったらアンフラマンスのことが詳しく書かれている、
大昔のユリイカを買って読まねば。

トーク後打ち上げにもオジャマする。
今日の対談相手だったニナの家へ。
で、でけえ〜! またこんな家を体験できるとは…
IMG_4355
樋口さんの作品に加え、

初見のハイレベルなペインティングが2枚、玄関とリビングに架けられている。
IMG_4356
Toben Giehler というペインターの作品と、
(下のおもちゃは作品に関係ないです)

IMG_4354
Pitor Nathanというペインターの作品。
彼は美術大学の教授らしい。

英語ペラペラの美術知識豊富なニナ…一体何者なのだろう。
めっちゃ良い人だし。
愛犬のピコとひたすら遊ぶ。

打ち上げにはギャラリーと親交の深いお客さんが招待され、
良い会だった。

そこからみきこさんちにオジャマし、夜が明けるまで
アイコさんと3人で2次会。
この2人の女性に挟まれるとライオンのような覇気!
アイコさんの洪水のように溢れる怒濤の言葉連鎖は 示唆に富んでいて
シビアだけどヒント沢山でとてもおもしろかった。
圧倒されてついていくのに必死だったが… 
いつもガツガツなみきこさんすら押される勢い。
恐るべし。いやこらしかし貴重な時間だ。
久しぶりにどっぷり美術話だった。
う〜ん…見習うべきポイントがたくさんあるなあ。