今日はギャラリー巡りの一日。
IMG_4537
ロンドンの地下鉄は深いよなあ。

かなりの数のギャラリーがある。
一番まとまってる地域は、ほぼ歩いてまわれるので
サクサク回れる。
高級ブランド外エリアと一致してるので
どうも他の街でギャラリー巡りするより落ち着かん。
なんかこう…貧乏人ですいませんて気持ちになってくる!

途中ロイヤルアカデミーでマネ展もやっていたけど
これ見てたらキリない。いろんなところで代表作は見たのでやむをえずスルー。

ギャラリー巡りで気になったのは、
White CubeでEberhard Havekostのペインティング、
IMG_4569

Carrol/fletcherでRichard Walker、

David ZwirnerでMarcel Dzamaなど。
IMG_4563

街の中心部を歩く。
IMG_4630
赤いバスが目立つ市内だが、
ここまでバスだらけだとさすがにビビるわ。

続いてサーチとサーペンタインへ。
さすがに別格な規模でどちらも見応えあり。
サーチはロシアの若手作家紹介企画と、
地下のリチャードウィルソンの重油の作品も見れた。
IMG_4578

_MG_6239

_MG_6211

_MG_6247


_MG_6219

_MG_6223

_MG_6224
このJanis Avotinsっていう画家、いいな。



サーペンタインでは屋外がフィッシュリ&ヴァイスの岩の作品、乗せ方の造形がいい。
本館ではローズマリー・トロッケル(また)の回顧展。やっぱり良かった。
IMG_4579

IMG_4580



近所のヴィクトリア&アルバート博物館に入ってみるけど
すぐに閉館時間になってしまった。
ヘトヘトだからちょうどいいっちゃいいけど、
大英博物館があって、さらにこのクソデカイ規模の博物館があるとは
どういうことなんでしょ。。
時間があったらもう一度来てみよう。常設はここもタダだし。
企画でデヴィッドボウイ展もやっているのだけど
ジギースターダストしか聞いたことないからあまりピンと来ないのは
勿体ないんだろうか。


いやしかし、円安がさらに加速してて、マジ慎重にならねばヤバい。
物価が高いと言われるロンドン、地下鉄はやむを得ないとして
パンばっかり食ってればなんとか粘れるはず。
タダ美術館多いし。 

_MG_6253
帰道、ハト糞を浴びすぎている車を見た。