ちまちま部屋で制作。

窓明けてたらYOSAKOIの音が暑苦しいし、
今日もとっても晴れてるので自転車こいで札幌市中央図書館まで。

「中央」図書館と言う割には、けっこう南の方にあるので
軽いサイクリングだ。できるだけ郊外を走る。
中島公園のライラックがキレイだった。

中央図書館は
故丸山先生がデザインした椅子やレリーフがあるパブリックゾーンが
入り口にあるので、たまに来るたびに良い気持ちになる図書館だ。

岡崎乾二郎さんの「ルネサンス 経験の条件」を借りに。
事前に蔵書検索でその存在は確認していたが、本棚に見当たらない。
聞けば、地下の書庫にあるとのことで出して来てもらった。
まさに中央図書館の底力。

この本は今は絶版になってる伝説の本で、
買おうとするとプレミア価格になっちゃうので図書館で
借りられるのはありがたい。
たいへん多くの美術家が絶賛しているのだけれど、
僕はロザリオ礼拝堂やフィレンツェを体験してから読もうと決めていた。
そしてついに読むタイミングとなったのだ。
楽しみだ。 



どうも咳が止まらん。
風邪かアレルギーか。やれやれ。 
※今はプレミア価格で高くなっちゃってるが2014年2月についに文庫版がでるみたいですね。うれしい。