やばい、いつの間にか帰国してからすでに3ヶ月が経っている。
未だ海外レポも終わっていない。
(その場しのぎで当ブログ右側にカテゴリ分けして見やすくしてみました)

札幌に帰って来てから1ヶ月目でアパートを確保。
東区のとある場所だが、この辺は妙な空気が流れいておもしろい。
ナナメ通りがあり道が少し入り組んでいるし、
奇人が多い気がするし、外国人も多い。
ガサガサした雰囲気で、リサイクルショップが多い。
強引に言えば、ベルリンっぽい!

2ヶ月目でスタジオの確保。
エスエアの柴田さんとコジカのたいが君にいろいろ情報提供してもらった結果、
札幌駅から徒歩7分のナイスロケーションな
噂の卸センター内にゲット。6坪で天井は3mくらいあるので
大きな作品も作れる。

そんなこんなで運良くいろいろ決まり、
今度は新拠点整備などにお金がかかる。

その為にある程度のお金はキープしていたけれども
こういう時はだいたい読みを超える支出が発生するものだ。

かつ、制作環境が整った瞬間に、また展示の話が入って来たりして
今年から来年にかけては過去最強の制作量(しかも大作が多い)
になりそうである。
いつものペースなら2年かかる量を1年でやるようなものだ。
画材代がかかる。

そのくせ定職につかずなんとかならんもんか、
定職探してる余裕も無いし、
どうやってmake moneyしようかで頭がいっぱいになり、

「お金が欲しい!」「どうやったらお金が手に入るのですか!?」
と拡声器のように周りに漏らしていたら、
まずCAI02のカフェのピンチヒッターのお話が舞い込んで来た。

コーヒーほぼ飲めなくて飲食に興味の無い僕だし、
そのためコールドドリンクのみの提供にしてもらう条件で、
それでもいいと許してくれたので引き受けてみたら
意外とおもしろかった。

同会場でのトークイベントは予想以上にお客さんに来てもらえて、
けっこうリアルでシビアなお話をしたつもりだったけどいかがだっただろうか。
それの内容まとめと反省も書きたいのだけど。。。
ちなみに人数計算でお小遣いが貰えたので気合いも入った。

さらに同会場でCAI02のU50,000展で帰国後作った小作品、
いつもとまた違うひねりを加えた作品だったが、
大事にしてもらえそうな方に持ってもらえることになる。

さらにさらに同CAIスクールの単発講師で絵画について語って
make money。
CAIさん、ありがとうございます。

次にS-AIRからお声がかかり、
レジデンスアーティストの補佐役バイトをする事に。
札幌にいながら英会話実践ができるのでこれはラッキーだ。
500m美術館の搬入搬出のおまけつき。
S-AIRさん、ありがとうございます。

続いて、以前とあるコンぺで賞をいただいた2つの大きな作品を
ずっと預かっててもらってたんだけど、それも嫁ぎ先が決まる。
ありがとうございます。

美術畑でギリギリのmake moneyだ。
皆様に生かさせてもらっていますので、
その分、本業である絵画に残りの時間をぶつけます。
実際、時間とお金のいい塩梅をコントロールしないと
やってけないっす。

しかし30リットルのメディウムを8万円かけて注文し、
届いたその日にたった4時間で6リットルを塗るとかどうかしてる。
マニーが瞬間的にマテリアルに流れていく。
おいコラうす塗りのペインター、でてこいや!! 
…うそです、いつまで生きていけるのか。サバイブサバイブ。

トークイベントの時もそうだったけど、
moneyの話ばっかですいません!!!しばらく封印しよう…
でもみんな気になりますよなそういう部分は。 

このブログも今年の感じだと頻度は下がりそうだけど
相変わらずこっそり少しずつアップしていこうと思います。