本腰制作モードにようやくなり始めた。
新スタジオは大きなパネルだらけでもうすでにギュウギュウ。

換気の必要な電動ヤスリ作業があるので
窓をあけてやってるのだけど、
倉庫仕様の窓で網戸が付けられないせいで
夜になるとどんどん虫が入ってくる。
特に0時を回ると周りの建物の電気も消えるので虫率が上がってタイヘンだ。

塗りたてのメディウムにくっつかれると、とっても困るんだ。
ポルケさんの透明絵画は小虫がたくさんインしてマチエールになっちゃってたけど、
マネできねえっす。

小虫ならまだしも問題は蛾だ。
羽根がくっついてバタバタされるとリンプンで画面が汚れるし、
そもそもキモチワルい。毛虫と蛾はつらすぎるんだ。
三岸さんやブラッケイジさんにはなれねえんだ。

仕方がないので網だけ買って窓枠にガムテで貼付けてみたが
蛾は丸々としたボディにも関わらず網の隙間から無理矢理入ってくる。
こいつらにとって光とは一体。
潰すにはボディが丸すぎるし、あ〜キモチワルい…

昨夜は7cmくらいの大きな野郎が入って来て発狂しそうになったので 
メディウムの空き容器をババっとかぶせて放置して帰った。

そして今日夜にスタジオに行くと、そのデカ蛾が容器を抜け出して、
窓枠付近で産卵を始めちゃってた。げげ、その行為を今すぐやめろ!!!!!
うげえカズノコみたいに黄色くて凝縮してるんですけど。
グォエエエ〜1回にこんなに数産むんすか?(なんだかんだけっこう見てる)
小学生の時に習ったモンシロチョウの産卵は
もう少しかわいいもんだったんですけど。
初めてみたわ蛾の産卵は。
なんでこんなところでやっちゃうかね、
なんか綿みたいのもフワッと付いてるし…

木材を振り回して産卵中のデカ蛾を追い払い、
泣く泣く卵を処理するハメに。キモすぎる。
固く窓枠に張り付いててベニヤの木っ端じゃ取れねえよ。
その強度にむしろ感動すら覚えた。 
スクレーパーでガリっガリって引っ掻いてやっと取れた。
ひぃぃ刃に液体が〜オエエエエ 
あー寒気がする。 

ああ世界のいたるところで様々な大きな問題が進行してる間に
蛾に悲鳴を上げながら夜な夜なひとり制作する虚しさとは一体。 


<後日記>
どうやら今年は蛾の当たり年のようで、
いろんなところで大量発生中らしい。
http://www.city.sapporo.jp/hokenjo/f3seikatu/f80mushi/3_okugai/maimaiga.html
札幌駅前が蛾の死骸だらけでひいた。 
道で潰れてブバアって卵がはみ出してるヤツ多数。オエェェ