帯広用とVOCA用の作品がアトリエを去り、
一気にアトリエがガランとなる。

いままで大きな作品のせいで壁のほとんどが隠れていたので気にならなかったのだけど、
石膏ボードをステンレスの支えで貼ってるだけのアトリエ仮壁は
なんとなく独房のように殺風景なのだ。
これ7月の入居当時。↓
1044903_539090436151459_1182506575_n
今はドアを付けて物も増えてアトリエっぽくなったけど壁はこのまんま。

加えて気付けば12月、気温が絶賛下降中なのだ。 

平日の昼間は同フロアの他企業さんの余熱でやや助かっているものの
夜間や休日はキビシい。
秋は乗り切れた中古のオイルヒーターでももう12℃以上は上がらなくなってきた。 
手は冷てえし絵具の乾燥は遅いし…5℃を切ると絵具に支障がでるよ。 

危機を感じたので気分転換も兼ねてアトリエのアップデートを計る事に。

まず一重で大きめの窓が2カ所あるので 、片方をプチプチとスタイロフォームとダンボールで
無理矢理塞ぐ。
Photo 2013-12-24 18 39 58
だっせー!もう仕方ねえっす。
入り口ドアの隙間も細い木材で塞ぐ。これで若干冷風ガードに成功。

次は壁だ。
Photo 2013-12-07 17 21 48
5mmのスタイロをハメ込み。5mmは高額なんですよねえ。

ドイツ渡航前に旧アトリエで使ってたコンパネ、
そういえば後輩卓Gに強引にあげたのを思い出して
確認したらまだそのまま残ってるっていうので返してもらう。
我ながらひでえ展開だ。金欠なので少しでも低予算で…

Y子のフィットシャトルを飛ばして久々に卓Gのアトリエに行くと、
相変わらず淡々と制作しているようだった。
そしてあまちゃんのDVDをY子に自慢していた。
卓Gは特に文句も言わず、むしろおまけとして余ってるコンパネとなぜか
「いなばのタイカレー」という缶詰をくれた。


Photo 2013-12-08 21 29 48
作業すること4日間。
結局スタイロも隠しきれねえハンパな状態でバテる。
あ〜金と時間さえあればどんどんアップデートできるのになあ。
今の限界はアトリエ全体のうち3分の1の白壁化のみ。

う〜ん、1、2℃は上がっただろうか…。
もっと気温が下がったら結局駄目だ。
コンクリ床が冷え冷えなので床も断熱したいけど、
そこまでやると画材代が減る。
そもそも部屋の大きさの割にオイルヒーターが弱いんだろうな。
電気代もかかるし、灯油ストーブに切り替えた方が総合的に経済的かも。

部分的で雑ながらも、ペンキ塗って無事白壁になったので
作品の同時制作がしやすくなった。よしよし。
ちびちびマイナーアップデートを計りながら制作環境を良くしたいっす。
寒さでペースが鈍っているが4月の個展に向けて休んでいられないのだ。
困難しかねえ。今年のサバイブ感はヤバい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ただいま帯広美術館&六花亭西3条店で展示中!
詳細はコチラ
http://yamamotograyzone.ldblog.jp/archives/52185835.html