個展の撤収を終えて、大黒屋さんから直で北京へ向かう。
今回の大きな作品を購入してくれた北京のコレクターのLさんから、
Art Beijing(北京のアートフェア)が始まるから是非見に来て欲しいとお誘いがあったため。
しかも飛行機代をもってくれるという大盤振る舞い提案されたので、
ヘンに借りを作って大丈夫かいなと心配し数人に相談等しながら、
でもLさんは感じの良さそうな印象だったし、北京に実際行ってみて
現状を確かめてくるべきという判断で行ってみることにした。
NYやヨーロッパは体感したけど、色々騒がしい中国は未体験だし興味ある。

新幹線のチケット売り場へ行くと、なにやら人が多い。
なんと事故で新幹線が止まってる!ヤバい。
パニクってあたふたしたが、調べてみればすぐ鈍行に乗れば超ギリギリで間に合うらしい。
前途多難だな〜まあ交通費浮くからいいか。

3時間ちょい電車に揺られ、無事羽田にチェックインできた。
いつも成田から札幌へ戻ってるのに、羽田から海外へって変な感じだ。
海外旅行は成田からっていう先入観のある旧世代。。。
しかし久しぶりに羽田を使ったが、都心からこんなに近いんだな!と改めてその価値を感じる。

いざ行くとなってもつい北京リサーチ全然進んでなかったので、
空港で安いガイド買って飛行機の中で読んでたら
あっと言う間に着いた約4時間のフライト。近いなあ。

Lさんのドライバーが空港まで迎えに来てくれる。
彼はほぼ英語が話せなかったのでもどかしい。大丈夫か。。
いきなり雷雨に迎えられた。そして運転は荒いけどいい人だ。
いい人だからと言って信用していいのかとまだ20%くらいは気を張りつつ大丈夫そう。
高速からの光景が、さっそく異国感すごい。
大きなビルの頭に、でっかいネオン漢字がドンドンドン!って乗っかっててヤバいっす。
見とれて写真撮り忘れた。
そのままアート北京へ。
写真 2014-05-01 19 17 39
こないだのアートフェア東京よりやや小さい規模っていう感じがするけど
十分なボリュームだ。

じっくり見てるヒマ無く急か急かと誘導されると、人だかりの奥でLさんがトークしてた。
写真 2014-05-01 19 21 08
中国語なので内容がわからんのだが、どうやら作品をコレクションする意味や
今後の北京のアートシーンの展望について語ってるようだ。

トークが終わって再会のあいさつ。ううむ、若手の大物感がある。一体何者なんだ。
この日はさらっと説明を受けた後に、2日分はホテルも用意してくれた。
立派なホテルでげげって感じ…。
アートフェアもまた明日再度見にくるってことで、
明日から本格リサーチ開始だ。 

宿のWiFiを掴むが、噂通りtwitterとfacebookが使えない。youtubeも見れないらしい。
少し調べたら、Bluesurfaceというサービスを使えばイケるらしい。
お試し期間一週間は無料登録できるとのことで早速試したら、あっさり使えるようになった。