普段より2時間多く寝てしまった。
寝てる間にギャラリー門馬では予約制の展示始まり、
なんと来場者の方が早速自作を1点お買い上げくださった、と報告あり。
このご時世の中、フェアも中止となった中、札幌で、
代替案を立ち上げ、参加作家全員が作品複数点売約となっている状況。
ギャラリー門馬の大井さん、作品をお買い上げいただいた皆様には、ただただ感謝。
特設サイトも継続してとても沢山の方に見ていただいているようで、ありがたい。

寝過ぎたせいで頭痛がする中、アトリエ制作。

今日のニュース騒ぎは、政府から各世帯にマスク2枚。
毎日毎日つっ込む方々もたいへんだ。
政策のがっかり感と、今のところ感染者死者数の少ない感が同居するアンビバレンツが、
不可思議である。

数日前に騒ぎになってた和牛券の案も消えたらしい。
批判の影響がゼロではないだろうから、
やはり冷やかしや嫌がらせではなく切実に言いたいことは、言うべし。
補助の仕方は別のよりよい方法があるとしか思えん。

しかし、政策とは別に、和牛のことを考えてしまった。
実際和牛は高価だし売れ残ってるのは事実なはず。
不要不急リストに入れられてるのは、
僕の絵画作品、美術、文化全体もおそらく同じ。
券騒動で和牛ニュースの印象だけが悪くなり、
なんかシンパシーを感じてしまった。
僕は牛が好きだし牛乳も多めに買っている。

誰かの願いが叶うころ あの子が泣いてるよ
と言っていたのは宇多田ヒカルだな。

1点絵が売れたので、今度スーパーで残ってるのを見かけたら、
ちょっとだけでも、和牛を買って食べようかな。


エガちゃんが真面目にコロナ対策を訴えているこの最新回、
あまりに真っ直ぐに指差してくるので、禿げの感じも相まって
若干ヴィト・アコンチっぽさがある。
Twitterで同じこと書いたらフォロワーが減ったので、
ありがとう。