夕方起きたら、台湾のギャラリーから連絡が来てた。
先週公開してた自前のオンラインビューイングで、
新作複数点が売れたとのこと。一番大きいのも売れたらしい。ホントに!?
門馬さんといい、Admiraさんといい、このご時世に販売力凄すぎて、
自分はつくづく、恵まれている。
3月の損害がこれでまた結構取り戻せたので、安心度も増した。
みっちり制作するぜ。
作品は送れないままアトリエに寝かせてあるので、
輸送の手続きをせねばならない。無事に送れるだろうか。

全国を対象に緊急事態宣言を月末まで延長とニュース。
博物館美術館などは感染防止策次第では開館しても良いかもとのこと。
特定警戒道府県は強めの呼びかけ。
北海道は感染人数も多ければまだ増えてるから、仕方がない。

 
アトリエ制作。
バイト君の次回出勤は、本人と相談して10日後まで様子をみることにしたので、
それまでは作業速度も低下するけど、ヤスリを地道に。
小作品はぼちぼちまた完成が見えてきた。
IMG_3469

グレー気味。
最近暖かめなので、灯油の減りも少なくなってきた。

発掘されたHIGH-TIDEのCD-ROMは手持ちのMacbook Airではやはり再生できなかった。
19年で再生不可になるデジタルコンテンツ。辛い。
付属の冊子をめくっていたら、あ〜僕らの先生にあたる方々の当時の年齢が、
今の自分らと同じくらいだなあ。

昼ホットケーキ、
夜はゆきちゃんのペッパーランチのビーフペッパーライス再現チャレンジ。
IMG_3470

かなり近い。定期的にアリオで食べてたのが封印されてるので、
これはイイね。

今日も帰ってきてから、
ウィルス共生時代の芸術の想像力みたいなトークイベントをチラ見した。
この「コロナ時代の芸術」的フレーズを掲げたイベント、
すでにだいぶ飽きてきたな。
このお題とかけまして芸術と解く、 その心は?
って大喜利みたい。大喜利として成立するならまだしも、、、。
 
僕は時流のスピード感や社会動向にダイレクトに乗っていくタイプの作家ではないので、
余計にそう思うのだろう。