今日は午後から作品集荷なので、
東京までの輸送費を銀行のATMにおろしに行ったら、あれお金が増えてる。
記帳してみたら、7日に申請した持続型給付金が振り込まれてた。
何も問題なく2週間弱で満額受給。これは助かる!
さっそく経費に使わせていただきます。

アトリエ到着後まもなく、輸送手続きも完了した。
大小6点の作品は、台北と香港に散らばる予定だ。
ほっとひと息、すっごい晴れてて暖かめなので外で日光を浴びながらおにぎりを食べる。
FullSizeRender
18℃くらいありそう。これなら七輪ジンギスカンが出来た気がする。

この後またPlantationで食後のカフェラテをテイクアウトして、
さらに日向ぼっこは続く。アトリエメンバーと外で談笑など。

さらにさらに会話の中で、メンバーの倉庫でネズミが発生したという話に。
見に行ってみたら確かに、食べられる素材で出来てた作品がほぼ食べられてて絶句した。
対策せねば。
オープンしてから一度もネズミなど出たことなかったのに、
これは飲食店の休業の波がネズミ界にも押し寄せてて、ここまで餌を探しにきた説あるな。

夕方になると冷えてきたので制作モードに切り替える。
制作しながら、今年のなえぼののイベントをどうしたらいいかコメントやりとりしたり、
来月に迫ってきたシンクスクールの授業をどう現状に合わせていけばいいかを考えたり。
いずれも、芸術という領域と深く向き合える体制が確保できていれば、
新コロ禍だろうとトリッキーなことを始める必要はない。
その確保の部分を考えること。

先日ネット上での鑑賞ですら作品にヤラれた、
Jacolby Satterwhiteのインタビューも発見。
https://art21.org/watch/new-york-close-up/the-incredulity-of-jacolby-satterwhite/
素晴らしいな。なにがビシビシ伝わってくるのだろうか。
 

晩飯、牛肉とピーマンとしいたけのオイスターソース炒め、かぶとベーコンのスープ。
美味し!!

最近いろんな地域で震度4程度の地震の情報が多め。