これまで何度も、アトリエに発生する害虫と戦ってきた。
アリ、ワラジムシ、ゲジ、カマドウマ、ムカデ、カツオブシムシ、カシワマイマイ、シミ、、、
クモなんてすっかり可愛いソウルメイトだと思えるくらいに僕は成長した。

意外にも初戦となった今回の敵は、ハエだ。
昨夜から、どうも丸々と太ったやつが数匹ちらついている気がしてたが、
今日になってさらに増えて、同じやつらがスタジオ1階全体を徘徊している。

ウチの部屋にも侵入してくるので、いよいよわずわらしくなり、
毒性の低い、やや高価なキンチョールを買いに行き、見つけ次第キル。
キル、キル、キル、キル、、、、何匹いるの!?

広く天井の高いウチのスタジオ、奴らは複雑な軌道で素早く飛び回り逃げる。
誰もいない空間で、羽音を察知しながら、シュッとスプレーを撃つ。4発ほど当てれば、キルだ。
キンチョールを振りまきすぎて自分でも具合悪くなりながら、
バトロワFPSゲーム状態。もはやキル数をここに書きたくない(笑)
ゆきちゃんもすっかり怯えている。
絶対におかしい。外からこんなに同じ種類のハエが一度に入ってくるわけない。
これは内部で発生しているのではないか。

しかし、発生源が見つけられない。
生ゴミもまめに処理しているし、ハエが好みそうなゴミの放置もしていない。
ウチのスタジオは集合スタジオの割にはずいぶんキレイだと評価されたこともあるんだぞ。
(あくまで集合スタジオの割には、です)

ここで嫌な妄想、先月スタジオで騒ぎになったネズミとの関連性だ。
あれ以来、ネズミの形跡は見られないが、
もしかしたらスタジオ内のどこかに糞や死骸が隠れていて、
そこがコアなのではないか。
げええ想像もしたくねえが、ネズミもハエも4年目で初めてだ。
君たち、ウチのスタジオで生態系を創造するのは止めてくれ。

僕の倉庫もだいぶ廃材、モノがたまってるし、隣の作家さんの倉庫も然り。
モノの奥底を掘りおこさなければならないのか。
 
とりあえず飛んでる奴らを今日は確実に処理し、
明日スタジオ周知と大掃除だな。怖いなあ。 

当然帰宅してから、ネズミ ハエ で検索、
記事を読みあさっては頭痛がしてくるのも、毎度のパターンだ。